ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > エゾリス

エゾリス(えぞりす)

最終更新:2014-10-20 16:32 - tomoe
基本情報
ユーラシア大陸に広く分布するユーラシアリス (Sciurus vulgaris) の亜種で、北海道全域の平野部から、標高1700m程度までの常緑針葉樹林や落葉広葉樹林に広く生息している。

関連する写真リスト

エゾリス
エゾリス
エゾリス
エゾリス
エゾリス

山の解説 - [出典:Wikipedia]


エゾリス(蝦夷栗鼠、Sciurus vulgaris orientis )は、ネズミ目(齧歯目)リス科リス属キタリス種の亜種で、北海道に生息するリスである。
和名「蝦夷栗鼠」の命名者は黒田長禮。種の学名Sciurus vulgarisの意味は「平凡な栗鼠」で、Sciurusが「リス」、vulgarisが「平凡な」。1940年代までは「木鼠」(キネズミ)という俗名で猟師や山子(やまご)の間で呼ばれていた。

「エゾリス」 に関連する記録(最新3件)

東北
  44    36  9 
2016年11月27日(日帰り)
札幌近郊
  19   34 
2016年11月26日(日帰り)
支笏・洞爺
  31    55  2 
2016年11月19日(日帰り)
ページの先頭へ