ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > キタキツネ

キタキツネ(きたきつね)

最終更新:2014-10-20 16:34 - tomoe
基本情報
北海道の平地から高山帯まで、広く生息

山の解説 - [出典:Wikipedia]

キタキツネ(北狐、Vulpes vulpes schrencki )は、北半球に広く分布するアカギツネの亜種。日本では北海道・樺太および周辺島嶼に生息する。
名称「北狐」(きたきつね)は、1924年(大正13年)に岸田久吉が樺太に生息する本種に対して命名したものだが、その後に北海道と千島列島南部に生息する本種も「北狐」と呼称されるようになった。アイヌ語ではチロンヌプ(cironnup)、スマリ(sumari)、キモッペ(kimotpe)、フレプ(hurep)などの名称がある。
1978年(昭和53年)公開のドキュメンタリー映画『キタキツネ物語』でよく知られるようになった。

「キタキツネ」 に関連する記録(最新3件)

道北・利尻
  80     117 
DON-CHAN, その他1人
2017年07月07日(4日間)
芦別・夕張
  43    26 
2017年07月03日(日帰り)
北海道
  39    54  4 
2017年07月01日(日帰り)
ページの先頭へ