ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ヒグマ

ヒグマ(ひぐま)

最終更新:2014-12-12 18:16 - YUKI-USAGI
基本情報
クマ科の哺乳類。日本ではエゾヒグマが北海道に生息する。性質は荒く、人を襲うこともある。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ヒグマ緋熊樋熊、学名:Ursus arctos)はクマ科に属する哺乳類である。ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。
学名はUrsus arctos(ウルスス・アルクトス)。Ursusはラテン語でクマ、arctosはギリシャ語でクマを意味する?ρκτοςをラテン化したものである。

「ヒグマ」 に関連する記録(最新3件)

奥武蔵
  62    19  2 
2016年12月03日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  30    57  8 
doronpa, その他1人
2016年12月03日(日帰り)
ページの先頭へ