ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > キツネ

キツネ(きつね)

最終更新:2016-05-15 11:17 - gutenmrgen
基本情報
イヌ科の哺乳類の一種

日本にはホンドギツネとキタキツネの二種が生息する。
ホンドギツネは、主に本州と九州に生息し、北海道にいるキタキツネより、少し小さい。体色は赤みがかった黄色の「きつね色」で、腹部、頬、尾の先は白い。尾は他の動物に比べて毛がふさふさとしているので太く見える。

人間に懐く習性があるようで、山行中にハイカーに近寄ってくる数少ない野生動物ではありますが、野生の捕食能力が低下して、厳冬期に生き残れなくなるので、出会ってもエサを与えるのは止めましょう。

関連する写真リスト

キツネフリ
キツネフリ
キツネフリ
あ、キツネ!
キツネのカミソリ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

キツネ)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部。
狭義にはキツネ属のことである。広義には、明確な定義はないがイヌ亜科の数属を総称するが、これは互いに近縁でない属からなる多系統である。
最も狭義にはキツネ属の1種アカギツネのことである。古来、日本で「狐」といえば、アカギツネの亜種ホンドギツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。
ただし、この記事では広義のキツネを扱うものとする。キツネ属、アカギツネについてはそれぞれの記事を参照。

「キツネ」 に関連する記録(最新3件)

京都・北摂
  50     21 
beat129, その他1人
2016年11月29日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  66     103  10 
2016年11月29日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  24   24  2 
2016年11月26日(日帰り)
ページの先頭へ