ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ツクツクボウシ

ツクツクボウシ(つくつくぼうし) / つくつく法師、寒蝉

最終更新:2015-10-11 07:28 - gutenmrgen
基本情報
晩夏から初秋に発生するセミであり、警戒心が強く動作も素早いため捕獲が難しい。
以下の特徴的な鳴き声をもつ。
「ジー…ツクツクツク…ボーシ!ツクツクボーシ!」と始まり、以後「ツクツクボーシ!」を十数回ほど繰り返しながらだんだん速度が早くなる。次に「ツクツウイヨース!」を数回、最後に「ジー…」と鳴き終わる。

関連する写真リスト

ツクツクボウシ
ツクツクボウシが賑やかです。
夏休みの終わり ツクツクボウシ鳴く
ツクツクボウシが鳴き、秋の気配。
ツクツクボウシの蝉時雨がスゴいが…

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ツクツクボウシ(つくつく法師、寒蝉、Meimuna opalifera )はカメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。晩夏から初秋に発生するセミで、特徴的な鳴き声をもつ。ツクツクホーシオーシンツクと呼ばれることもある。

「ツクツクボウシ」 に関連する記録(最新3件)

日光・那須・筑波
  73    85  10 
2016年10月30日(日帰り)
丹沢
  16    14 
sagami-m, その他1人
2016年09月17日(日帰り)
ページの先頭へ