ヤマレコ

アナグマ(あなぐま)

最終更新:2017-10-09 10:58 - YUKI-USAGI
基本情報
イタチ科の哺乳類。タヌキと混同されることが多いが、爪が長く、吻が突出する点などで外観が異なる。山林に生息し、掘った穴の中に住む。地域によっては「ムジナ」と呼ばれる。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ニホンアナグマMeles anakuma)は、食肉目イタチ科アナグマ属に分類される食肉類。


日本の本州、四国、九州地域の里山に棲息する。11月下旬から4月中旬まで冬眠するが、地域によっては冬眠しないこともある。

体長は40 - 50 cm。尾長6 - 12 cm(地域や個体差により、かなり異なる)。体重4 - 12 kg。指は前肢、後肢ともに5本あり、親指はほかの4本の指から離れていて、爪は鋭い。体型はずんぐりしている。

食性はタヌキとほとんど同じである。特にミミズやコガネムシの幼虫を好み、土を掘り出して食べる。

巣穴は自分で掘る。

ため糞をする習性があるが、タヌキのような大規模なものではなく、規模は小さい。

本種は擬死(狸寝入り)をし、薄目を開けて動かずにいる。

「アナグマ」 に関連する記録(最新3件)

霊仙・伊吹・藤原
  62    38  2 
2017年10月10日(日帰り)
四国剣山
  41    14 
neko-bus, その他1人
2017年10月08日(日帰り)
金剛山・岩湧山
  36    136  12 
2017年10月05日(日帰り)
ページの先頭へ