ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ヒメネズミ

ヒメネズミ(ひめねずみ)

最終更新:2016-03-09 22:20 - gutenmrgen
基本情報
低地から高山帯までの森林に生息する小型のネズミ
日本固有種

関連する写真リスト

気付くと、ちょろちょろと動くもの発見。 ヤマネか?と思い、慌てて望遠レンズで数カット撮った。ヤマネは始めて見るので大変喜んでたのだが、帰宅してから調べたらどうも「ヒメネズミ」のよう・・・がっかり
三角点 ヒメネズミ?が見られました。
ヒメネズミ
ヒメネズミ(姫鼠、Apodemus argenteus)は、ネズミ目(齧歯目)ネズミ科 アカネズミ属 に属する小型のネズミ類の1種である。日本固有種であり、北海道から九州までの全域に分布している。同属であるアカネズミとは、生息域が重なることが多い。 形態 頭胴長65-100mm、尾長70-110mm、後足長18-21mm、体重10-20gになる。体毛は、背面が栗色で腹面は白色になる。アカネズミに似るが、頭胴長より尾長がやや長いことや、後足長が通常20mm以下であることで見分けられる。ただ、アカネズミの幼体と区別しにくいので、正確な区別には頭骨の咬板の形状で比較する。 生態 低地から高山帯までの森林に生息する。長い尾でバランスをとってつるや細い枝の上を走ることができるため、樹上でも生活する。夜行性で地上では主にドングリなどの種子や果実を食べる。また昆虫も捕食する。体が小さいため同属であるアカネズミと食性や生息域が重なると不利だが、アカネズミが登れない樹上でも生活することで、棲み分けをしている。地面に巣穴を掘るが、樹洞や木にかけられた鳥の巣箱に落ち葉を持ち込み、巣として利用することもある。 繁殖期は生息地によって異なり、年1回の地域と年2回の地域がある。1回の出産で2-9頭の仔を産む。平均値は約4頭だが、北海道では6.2頭とやや多い。
■写真17 何だろう。ヒメネズミ? 小さい割に近寄っても逃げません。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ヒメネズミ(姫鼠、Apodemus argenteus)は、ネズミ目(齧歯目)ネズミ科 アカネズミ属 に属する小型のネズミ類の1種である。日本固有種であり、北海道から九州までの全域に分布している。同属であるアカネズミとは、生息域が重なることが多い。

「ヒメネズミ」 に関連する記録(最新3件)

谷川・武尊
  48    36  3 
2017年04月02日(日帰り)
奥武蔵
  54    12 
2017年04月02日(日帰り)
ページの先頭へ