ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > カラスアゲハ

カラスアゲハ(からすあげは)

最終更新:2015-10-11 07:21 - gutenmrgen
基本情報
アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種

比較的大型のチョウであり、同じ黒色を基調としたクロアゲハとの違いは表面が緑色〜青色に輝く翅であり、さらにメスはオスに比べて後翅の赤斑が目立つ特徴を持つ。

関連する写真リスト

カラスアゲハ
カラスアゲハ
カラスアゲハ
カラスアゲハ
カラスアゲハ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

カラスアゲハ(烏揚羽、Papilio bianor)はチョウ目アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。
日本では北海道から沖縄まで全土に分布する。本州南部では年2-3回発生し、4-9月頃に見られる。生息域は食草・食樹の生息環境に左右されるため、本種は基本的に市街地にはいない。しかし、カラスザンショウなどの食草さえあれば、市街地でも見ることができる。他のアゲハの仲間と比べ飛ぶ速度が遅め。
前翅長45-80mm。本種も含めアゲハチョウ科では夏型は春型より大型になる。
オスには前翅に黒いビロード状の毛があるが、メスにはない。また、メスはオスに比べて後翅の赤斑が目立つという特徴がある。

「カラスアゲハ」 に関連する記録(最新3件)

奥多摩・高尾
  73    19 
hiramidex, その他1人
2016年09月17日(日帰り)
奥多摩・高尾
  63    169  20 
Landsberg, その他1人
2016年09月16日(日帰り)
ページの先頭へ