ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930300 全員に公開 沢登り東北

桃洞沢〜赤水沢周回

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー GON-BEE
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小又峡縦走路入口の林道脇に停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
1時間18分
合計
8時間5分
S立川橋分岐06:3906:42ノロ川・黒石分岐07:03黒石登山道分岐07:16桃洞横滝07:1807:34六段ノ滝07:3707:48桃洞の滝09:00中ノ滝09:0509:10男滝09:2611:32兎滝11:5612:08うさぎ滝12:2212:58赤水・玉川分岐13:0613:16九階ノ滝展望地分岐13:20一服ノ小滝14:03桃洞沢分岐14:0914:11黒石登山道分岐14:32ノロ川・黒石分岐14:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

翌朝、地図を見ながら「こっちのほうが早く保護センターに降りられるじゃーん」と降りた先が行き止まり。大体あってるのでまぁいいかとここで準備開始。
朝6時の時点では車なしでした(この写真は15時に降りてきた時のもの)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、地図を見ながら「こっちのほうが早く保護センターに降りられるじゃーん」と降りた先が行き止まり。大体あってるのでまぁいいかとここで準備開始。
朝6時の時点では車なしでした(この写真は15時に降りてきた時のもの)
遊歩道からちらちら見える桃洞沢だが、なんだか水が汚い。桃洞前滝からも入渓できそうだったがとても泳ぐ気になれず写真だけ撮って道に戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道からちらちら見える桃洞沢だが、なんだか水が汚い。桃洞前滝からも入渓できそうだったがとても泳ぐ気になれず写真だけ撮って道に戻る。
大きくひらけたCo700の分岐。ペースが速すぎるのでここで1時間くらい寝てた。行く先は左手、右手は小滝が連続する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きくひらけたCo700の分岐。ペースが速すぎるのでここで1時間くらい寝てた。行く先は左手、右手は小滝が連続する。
時折現れる滝にはもれなくマタギ・ステップがついている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折現れる滝にはもれなくマタギ・ステップがついている。
バスタブのような甌穴。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスタブのような甌穴。
1
前泊の親子ふれあいキャンプ場。入渓点至近、施設はきれいで静か、なのに料金は無料。この日は自分たち含め3組が利用していた。
2016年07月30日 18:09撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊の親子ふれあいキャンプ場。入渓点至近、施設はきれいで静か、なのに料金は無料。この日は自分たち含め3組が利用していた。
装備を整えていざ出発。橋を越えたところが小又峡縦走路入口。左手に降りていきます。
2016年07月31日 06:29撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装備を整えていざ出発。橋を越えたところが小又峡縦走路入口。左手に降りていきます。
川に入ったら橋をくぐるように遡行開始。水が冷たい!
2016年07月31日 06:30撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川に入ったら橋をくぐるように遡行開始。水が冷たい!
登山道が横切る地点には立派な橋。ここから一度陸に上がる。
2016年07月31日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が横切る地点には立派な橋。ここから一度陸に上がる。
大木のミズナラなどが原生的な雰囲気の遊歩道。木道で整備されており快適。散歩道40分くらい。
2016年07月31日 06:46撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大木のミズナラなどが原生的な雰囲気の遊歩道。木道で整備されており快適。散歩道40分くらい。
桃洞滝を目指して進み、赤水沢出会いを過ぎて少しのところで桃洞沢を横切る。ここから再度入渓。
2016年07月31日 07:26撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃洞滝を目指して進み、赤水沢出会いを過ぎて少しのところで桃洞沢を横切る。ここから再度入渓。
まもなく現れる飛丸太。川を歩いてくるとなんだかわからないが、左岸の登山道から右岸へ渡るためのもの。
2016年07月31日 07:29撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく現れる飛丸太。川を歩いてくるとなんだかわからないが、左岸の登山道から右岸へ渡るためのもの。
ずっと続いている快適なナメ。
2016年07月31日 07:32撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと続いている快適なナメ。
ところどころに口を開けている落とし穴。でかい石がはまっている。
2016年07月31日 07:35撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころに口を開けている落とし穴。でかい石がはまっている。
1
噂のマタギーステップス。消えかけていたり、外傾していたりするものがあるので気は抜けない。たまにアイボルトが一緒に打ってある親切設計。
2016年07月31日 07:40撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂のマタギーステップス。消えかけていたり、外傾していたりするものがあるので気は抜けない。たまにアイボルトが一緒に打ってある親切設計。
現れた桃洞滝。よくあるマラ岩的なノリで名前がつかなかったところに命名者の善意を感じる。
2016年07月31日 07:40撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現れた桃洞滝。よくあるマラ岩的なノリで名前がつかなかったところに命名者の善意を感じる。
2
左岸のステップをたどり、巻き開始。
2016年07月31日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸のステップをたどり、巻き開始。
1シーズンぶりの沢、巻きがおっかなく感じる。ブッシュに逃げ込む相方。
2016年07月31日 07:47撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1シーズンぶりの沢、巻きがおっかなく感じる。ブッシュに逃げ込む相方。
中間地点から。結構な高度感。
2016年07月31日 07:49撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間地点から。結構な高度感。
落ち口から見た図。難しくはないが、高さはあるので慎重に。
2016年07月31日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口から見た図。難しくはないが、高さはあるので慎重に。
ナメは一枚でなく、クラックや甌穴が多数あるのでやはり気が抜けない。
2016年07月31日 07:54撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメは一枚でなく、クラックや甌穴が多数あるのでやはり気が抜けない。
アイボルト付きのマタギーステップ
2016年07月31日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイボルト付きのマタギーステップ
渓相は穏やかで滝は少ない。ただ、水はコーヒー色で深いところは真っ黒。泡も浮いていてなんだかテンションが下がる。
2016年07月31日 08:53撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓相は穏やかで滝は少ない。ただ、水はコーヒー色で深いところは真っ黒。泡も浮いていてなんだかテンションが下がる。
浅いところはまだきれいに見える。
2016年07月31日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅いところはまだきれいに見える。
苔の島がいい感じ
2016年07月31日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の島がいい感じ
ときどき岸の際から水が湧いている。沢水は沸かしても飲む気がしないが、湧水ならまだましかと思って飲んでみる。苔の味がした。
2016年07月31日 09:04撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときどき岸の際から水が湧いている。沢水は沸かしても飲む気がしないが、湧水ならまだましかと思って飲んでみる。苔の味がした。
ダイモンジソウやなんちゃらギボウシなど咲いていました。
2016年07月31日 09:13撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイモンジソウやなんちゃらギボウシなど咲いていました。
サワランナー現る!
2016年07月31日 09:30撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サワランナー現る!
だんだんと渓床幅も狭くなってくる。ナメとアナの渓相は変わらず。
2016年07月31日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと渓床幅も狭くなってくる。ナメとアナの渓相は変わらず。
正解ルート左
2016年07月31日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正解ルート左
間違えそうな右ルート。この先どうなっているのか気になる。
2016年07月31日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違えそうな右ルート。この先どうなっているのか気になる。
小滝を越える。釜は黒く、やはり入る気にならないのが非常に残念。
2016年07月31日 09:40撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝を越える。釜は黒く、やはり入る気にならないのが非常に残念。
Co780の分岐。荒れてきた。今度は右手に進みます。
2016年07月31日 09:53撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co780の分岐。荒れてきた。今度は右手に進みます。
左手は雰囲気悪し。
2016年07月31日 09:53撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手は雰囲気悪し。
正解の右手。ピンクテープも要所にあり。
2016年07月31日 09:53撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正解の右手。ピンクテープも要所にあり。
分岐を越えて詰め終盤の雰囲気。泥っぽい渓床に倒木多く荒れている。
2016年07月31日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を越えて詰め終盤の雰囲気。泥っぽい渓床に倒木多く荒れている。
詰め上がり。
2016年07月31日 10:28撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詰め上がり。
鞍部もピンクテープばっちり。地図で道を確認しようとして落としたことに気付く。後続のPTが拾ってくれました。ありがとうございました。
ルートは右手よりに降りていきます。
2016年07月31日 10:31撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部もピンクテープばっちり。地図で道を確認しようとして落としたことに気付く。後続のPTが拾ってくれました。ありがとうございました。
ルートは右手よりに降りていきます。
赤水沢の上流域。桃洞沢のような倒木はなく、水量の少ない滑床が続き、時々小滝を下る。どこも懸垂用のアイボルトがあるが、フリクションが効くのと落差が小さいのとでサクサク進む。
2016年07月31日 10:33撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤水沢の上流域。桃洞沢のような倒木はなく、水量の少ない滑床が続き、時々小滝を下る。どこも懸垂用のアイボルトがあるが、フリクションが効くのと落差が小さいのとでサクサク進む。
渓床が広がってくるとまたもナメ祭り。明るい沢は気分がいい。
2016年07月31日 10:55撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓床が広がってくるとまたもナメ祭り。明るい沢は気分がいい。
日陰で大休止。暑くて沢日和ではある。
2016年07月31日 11:36撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰で大休止。暑くて沢日和ではある。
それにしても、このコーヒーのような水は何なんだろう。魚影は濃く、上流域にもオタマがたくさんいるので有毒ではないにしろ、コーヒーフロートのように泡が浮いているのでやはり体には悪そう。
2016年07月31日 12:34撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても、このコーヒーのような水は何なんだろう。魚影は濃く、上流域にもオタマがたくさんいるので有毒ではないにしろ、コーヒーフロートのように泡が浮いているのでやはり体には悪そう。
兎滝の後はひたすら似たような渓相が続き
2016年07月31日 12:37撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎滝の後はひたすら似たような渓相が続き
飽きた相方が憂さ晴らしを始める
2016年07月31日 12:37撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飽きた相方が憂さ晴らしを始める
ときどき明るい緑の苔が生えていて、赤黒い渓床にコントラストを作ってくれる。
2016年07月31日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときどき明るい緑の苔が生えていて、赤黒い渓床にコントラストを作ってくれる。
相方の頭にトンボが
2016年07月31日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相方の頭にトンボが
1
赤水沢と玉川の分岐。まだまだ先は長い。
2016年07月31日 12:59撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤水沢と玉川の分岐。まだまだ先は長い。
穴だらけ。もっと水が澄んでいれば、ここだけで十分川遊びが楽しめそう。
2016年07月31日 13:10撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴だらけ。もっと水が澄んでいれば、ここだけで十分川遊びが楽しめそう。
写真のほとんどがPLフィルターをかけて反射を抑えていますが、肉眼ではこんな感じ。日が昇ると水面の反射で中の甌穴がほとんど見えません。リアル落とし穴、前のめりにハマったら膝を一発で壊しそうで結構怖いです。
2016年07月31日 13:39撮影 by Canon EOS Kiss X3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真のほとんどがPLフィルターをかけて反射を抑えていますが、肉眼ではこんな感じ。日が昇ると水面の反射で中の甌穴がほとんど見えません。リアル落とし穴、前のめりにハマったら膝を一発で壊しそうで結構怖いです。
1
「懸垂下降の練習がしたかったのにこのままではやらずに終わる!」大休止後の滝で一度練習。そして本番の兎滝。
2016年08月01日 23:15撮影 by GomPlayer 2, 3, 5, 5258 (JPN), Gretech Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「懸垂下降の練習がしたかったのにこのままではやらずに終わる!」大休止後の滝で一度練習。そして本番の兎滝。
懸垂下降中の相方。50mロープで余裕をもって降りられました。
2016年08月01日 23:19撮影 by GomPlayer 2, 3, 5, 5258 (JPN), Gretech Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂下降中の相方。50mロープで余裕をもって降りられました。
撮影機材:
訪問者数:217人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ