ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935487 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

四阿山 パルコール嬬恋から浦倉山を経てRW下り登山 上毛遠征その4

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー esprit, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
草津から嬬恋村へ向けて県道と国道144号を走ったのち、スキー場への道を登っていきます。
帰りは国道144号で上田菅平ICへ向かいます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
49分
合計
5時間29分
Sパルコール嬬恋駐車場06:0206:15野地平登山口06:39野地平入口06:41浦倉山06:4607:54四阿山ロープウエイ山頂駅08:2109:50四阿山10:0711:31四阿山ロープウエイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昭文社コースタイム:5時間15分
コース状況/
危険箇所等
パルコール嬬恋〜浦倉山
野地平まではゆったりとした土の道を進んでいきます。
その後は一般的な土と石の登山道を登っていきます。草刈り直後のため笹の葉が道に被さっていて、少し歩きにくいです。

浦倉山〜ロープウェイ山頂駅
明瞭な土と石の坂道を下るだけです。

ロープウェイ山頂駅〜四阿山
ゴンドラの山頂駅からスキーリフトまでは広い砂利道を進みます。
登山道に入って最初の小ピークの前後は少しきつめの石段が前後にあり、山頂直下は少し急な鎖のある岩場があります。
それ以外はゆるやかな稜線道が長く続きます。
その他周辺情報上田菅平IC近くの健康ランドふれあい真田館で入浴しました。
パルコール嬬恋にはゴンドラとのセット券がありますが、外来入浴は15時からということで諦めてインター近くで入浴しました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

パルコール嬬恋の駐車場を出発します。
2016年08月12日 06:02撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パルコール嬬恋の駐車場を出発します。
2
駐車場横の砂利道を登っていきます。
2016年08月12日 06:04撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場横の砂利道を登っていきます。
ゴンドラの右手を進みます。
2016年08月12日 06:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラの右手を進みます。
リフトの側を途中まで進みます。
2016年08月12日 06:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトの側を途中まで進みます。
リフトから右手にそれ、野地平の方へ進みます。
2016年08月12日 06:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトから右手にそれ、野地平の方へ進みます。
野地平入口登山道に到着しました。
2016年08月12日 06:15撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野地平入口登山道に到着しました。
木の橋で沢を渡ります。
2016年08月12日 06:16撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の橋で沢を渡ります。
少し登ります。
2016年08月12日 06:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ります。
野地平に着きました。
2016年08月12日 06:39撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野地平に着きました。
奥へ進むと野地平の草原の遊歩道です。
2016年08月12日 06:40撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥へ進むと野地平の草原の遊歩道です。
左へ曲がり、坂道を登り始めます。
2016年08月12日 06:41撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ曲がり、坂道を登り始めます。
お花も咲いていました。
2016年08月12日 06:43撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花も咲いていました。
草原に立つ、一本木です。
2016年08月12日 06:44撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原に立つ、一本木です。
朝もやで見えなかった山体が見えてきました。
2016年08月12日 06:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝もやで見えなかった山体が見えてきました。
登り坂を登り切ると、浦倉山の山頂へ出ます。
2016年08月12日 07:40撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り坂を登り切ると、浦倉山の山頂へ出ます。
浦倉山の山頂に到着しました。
2016年08月12日 07:41撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浦倉山の山頂に到着しました。
2
少し広さのある山頂でした。
2016年08月12日 07:41撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し広さのある山頂でした。
稜線の道とケーブル山頂駅の分岐点に着きました。
2016年08月12日 07:51撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の道とケーブル山頂駅の分岐点に着きました。
駅へ下ります。
2016年08月12日 07:52撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅へ下ります。
お花が咲いています。
2016年08月12日 07:53撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花が咲いています。
山頂駅に着きました。
2016年08月12日 07:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂駅に着きました。
1
四阿山へ向かう前に嬬恋な記念撮影です。
2016年08月12日 08:19撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四阿山へ向かう前に嬬恋な記念撮影です。
5
スキーリフトの横から登山道に入ります。
2016年08月12日 08:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーリフトの横から登山道に入ります。
最初の小ピークの前後はきつめの石の段差になっています。
2016年08月12日 08:36撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の小ピークの前後はきつめの石の段差になっています。
その後はなだらかな稜線道が続きます。
2016年08月12日 09:03撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後はなだらかな稜線道が続きます。
青空の下まだまだ続きます。
2016年08月12日 09:37撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下まだまだ続きます。
小さなアップダウンがありますが、まだ続きます。
2016年08月12日 09:38撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなアップダウンがありますが、まだ続きます。
山頂手前には二度にわたり、険しい岩登りがあります。
2016年08月12日 09:39撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前には二度にわたり、険しい岩登りがあります。
近くは快晴ですが、周りの山は雲であまり見えませんでした。
2016年08月12日 09:40撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くは快晴ですが、周りの山は雲であまり見えませんでした。
根子岳と登山道を見下ろしています。
2016年08月12日 09:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根子岳と登山道を見下ろしています。
山頂へ最後の登りです。
2016年08月12日 09:44撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ最後の登りです。
1
山頂に着きました。
2016年08月12日 09:50撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。
山頂には祠があります。
2016年08月12日 09:52撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には祠があります。
山頂にて記念撮影です。
2016年08月12日 09:53撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて記念撮影です。
5
山頂を出てすぐに、三角点があります。
2016年08月12日 10:08撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を出てすぐに、三角点があります。
茨木の方へ直接下るルートの分岐点です。
2016年08月12日 10:21撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茨木の方へ直接下るルートの分岐点です。
リフト横の登山口に帰って来ました。
2016年08月12日 11:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト横の登山口に帰って来ました。
稜線上の分岐点からロープウェイ山頂駅へ下ります。
2016年08月12日 11:29撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の分岐点からロープウェイ山頂駅へ下ります。
1

感想/記録
by esprit

上毛遠征も最終日3日目となり、最後の山はこちらも二度目となる、百名山の四阿山です。
行程としては最終日ですので、早朝から一つを登って早めに帰る行程になります。

四阿山は初めて登ったときは西側のダボス牧場から花の山で名高い根子岳を経ての周回ルートでしたが、今回は東側のパルコール嬬恋からの稜線ルートを選びました。

朝6時、8時に動き出すゴンドラと時間を合わせて待ち合わせるべく、駐車場を出発して浦倉山への登山道を登り始めました。
もやで曇った空の下、なだらかな道を進んで野地平へ歩いた後、晴れて山体が見えてきた浦倉山へ登りました。全体的にはそれほど急ではない登り道でした。

ロープウェイ山頂駅からは四阿山へ向けて稜線歩きが始まりますが、全体の標高差は小さいものの、ちょっとしたアップダウンと最後の二度の急な岩場登りがあり、決して楽々なルートというわけではありませんでした。

今回は本当に快晴の中で、素晴らしい色合いの山歩きをできましたが、残念ながら遠方の山々の眺望はなく、北アルプスなどが見えなかったのは心残りでした。

四阿山を下るとそこは今大河ドラマで盛り上がる真田の郷なので、インター近くまで走って、入浴と食事と買い物を済ませて大阪へ戻りました。

宇治付近で数キロの渋滞に捕まりましたが、全体としてはお盆の遠方からの走行としてはスイスイと走って帰ってくることが出来ました。
訪問者数:352人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ