ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 941011 全員に公開 沢登り道南

上ノ国/石崎川遡下降(右股〜燈明岳〜左股)

日程 2016年08月12日(金) 〜 2016年08月14日(日)
メンバー saito1987, その他メンバー1人
天候8/12 晴れ
8/13 晴れのち曇り
8/14 曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8/12 石崎川早川ゲート(16:40)→左股との林道分岐(17:00)→右股川Co160(18:30)C1
8/13 C1発(7:40)→右股川遡行→燈明岳(17:00)→左股川下降→左股川Co530(19:00)C2
8/14 C2発(6:30)→黄金の滝下流側Co190より左岸側林道へ上がる(12:00)→ゲート戻り(15:50〜16:50)
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

車両通行止めとなっている林道を1h歩いてCo150の橋付近から右股川へ入渓
2016年08月12日 17:47撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車両通行止めとなっている林道を1h歩いてCo150の橋付近から右股川へ入渓
河原で焚火して入山を祝う
2016年08月12日 21:07撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原で焚火して入山を祝う
2
朝の右股川河原が続く
2016年08月13日 07:53撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の右股川河原が続く
所々ナメも出てくる
2016年08月13日 08:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々ナメも出てくる
1
矢淵に到着
2016年08月13日 09:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢淵に到着
1
胸まで浸れば通過できた
2016年08月13日 09:38撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸まで浸れば通過できた
1
林道の再交差を過ぎて砂防ダム2基を越えるとやや函チックとなる
2016年08月13日 12:05撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の再交差を過ぎて砂防ダム2基を越えるとやや函チックとなる
1
燈明岳を正面にみる
2016年08月13日 12:56撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燈明岳を正面にみる
函チックの中のトイ状滝
突っ張りで登れる
2016年08月13日 13:01撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
函チックの中のトイ状滝
突っ張りで登れる
2
函チックの出口
両岸立ってないので迫力はない
2016年08月13日 13:02撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
函チックの出口
両岸立ってないので迫力はない
2
燈明岳尾根筋の藪漕ぎ
2016年08月13日 17:45撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燈明岳尾根筋の藪漕ぎ
燈明岳北の肩から左股川へ下降
宵闇せまる中、Co570の10m滝で懸垂下降
2016年08月13日 18:49撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燈明岳北の肩から左股川へ下降
宵闇せまる中、Co570の10m滝で懸垂下降
1
左股川の朝
Co500付近の函状地形
2016年08月14日 07:13撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左股川の朝
Co500付近の函状地形
上流部は岩盤と小滝の連続
2016年08月14日 07:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流部は岩盤と小滝の連続
1
中流部は明るい河原
2016年08月14日 10:47撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中流部は明るい河原
1
岩盤チャートの造形美
2016年08月14日 11:03撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩盤チャートの造形美
3
黄金の滝?Co200〜240に続くチャートの函がこの沢の白眉
2016年08月14日 11:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄金の滝?Co200〜240に続くチャートの函がこの沢の白眉
3
チャートの釜滝
2016年08月14日 12:16撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チャートの釜滝
2
どんどん泳いで下る
2016年08月14日 12:26撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん泳いで下る
3
釜滝の連続が美しい
2016年08月14日 12:27撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜滝の連続が美しい
1
ぷかぷかと通過
2016年08月14日 12:29撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぷかぷかと通過
1
地図状の黄金の滝
函の入り口
2016年08月14日 12:37撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図状の黄金の滝
函の入り口
コエゾゼミが飛んできて力尽きた
2016年08月14日 13:08撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コエゾゼミが飛んできて力尽きた
3

感想/記録

道南の大河、石崎川にどっぷりと浸かった盆の3日間。
昼はアンブの襲来に耐え、夜はヤブカの攻撃に悩まされた。
イワナ(ヤマメ?)の大群や、同時遡行する大熊の気配にも驚かされる。
登山体系にも「原始的な味わい」とあったが、まさにそのもの。
右股川はひと昔前にすすめられた砂防事業の名残が上流にもみられ、興ざめしたが、左股川は、日高の中流部を思わせる明るい渓相。河原歩きも楽しい。渓谷としての醍醐味は、左股が右股よりも数段勝る。

右股川:上部地滑り地形のため、全体にブタ沢チック。矢淵は平常であれば胸〜腰まで浸かって楽に通過できる。Co380〜500m間に断続的に小滝と淵が出てくるが、いずれも容易に対処できる。源頭部大千軒岳の三角点から出る沢の水量が突出して多い。

左股川:Co200〜240の間の函とチャートの造形美がこの沢の白眉。Co430〜600mの函状地形の中にも岩盤や釜滝が断続的に出てくる。Co570に唯一、ザイルを出す10m滝が出現する。

キンドー氏はアバラ2本折る2週間前の山行から見事に復活したが、この沢ではアンブとヤブカの集中攻撃を受けた。5角形の輪郭が不規則多角形となって、顔面が異様に膨れ上がり、一時は視界も閉ざされた。が、テーピングでむりやり目を見開く荒業によって遡行を継続したのだった。さすがである。
訪問者数:392人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/5/15
投稿数: 4659
2016/8/17 22:22
 わはは!
会報に転載お願いします!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ