ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 941556 全員に公開 フリークライミング甲信越

瑞牆山クライミング

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月15日(月)
メンバー kaakaka
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

ゆびきりげんまん
2016年08月12日 13:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆびきりげんまん
龍の巣、猿の巣
2016年08月12日 15:53撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍の巣、猿の巣
ハイボー
2016年08月13日 12:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイボー
V1くらいのマントル課題
2016年08月13日 12:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V1くらいのマントル課題
V0かV1くらいのSDカンテ
2016年08月13日 12:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V0かV1くらいのSDカンテ
マントル課題
2016年08月13日 13:29撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マントル課題
スラブ課題V0くらい
2016年08月13日 15:33撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スラブ課題V0くらい
金のわらじ
2016年08月14日 11:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金のわらじ

感想/記録

北ア山行を終えて、上諏訪で一泊すると瑞牆山へ転戦。

初日からカサメリ沢で登って遊んだ。

一日目
猫の手5.10a 再 登ってて気持ちがいい。
猫の足5.11b ✕
同 RP

猫の足は昔は10cで今は11bというよくわからないグレーディングがされたルート。
下部は簡単で核心の一手が左手の甘くて遠いカチか、突起を何とか保持して右手を出すかの一手物。右に逃げすぎると11bにはならないので、ある程度限定を付けないとグレード感は微妙だろう。ムーブ強度からして11aではないので11bは適正じゃないかと思う。

カサメリは涼しくて気持ちが良く、あんまり山での疲れも取れていないので、すぐに眠くなってその日は昼寝して気づいたら撤退の時間になって起こされた。

二日目
カサメリエリアの奥にある三星エリアへ。

ゆびきりげんまん5.11c ✕ ムーブばらし
同 ✕ 核心でフォール。足の入れ替えがムズく。核心部分をしっかり認識。
同 RP しっかり核心を熟してゲット
猿の巣5.11a FL これは結構面白い。少し核心で悩んだけれど何とかなった。

三日目
瑞垣山荘近くにある100岩場には載っていないハットエリアでボルダー
普通の登山道に並ぶボルダー群で面白く、エリアとしてはまだまだ開拓の余地がある。自然の岩が本来どういう状況にあるのか知れる発展途上のエリア。

直ぐに登れるようなV0〜V2程度の簡単な課題が多く、ハイボルダーも点在しているのでとてもいい岩場だった。最後に触ったケロケロ岩ではスラブ初心者の練習にはいいかもしれない。

場所が場所であればボルトが打たれていたかもしれないが大岩だが、登山道の近くという事もあり、小川山ではなく瑞牆山なのであくまでボルダーとして保存されて行って欲しい。

四日目
カサメリ沢へ再び。

レーザーエッジ5.10c/d OS
金のわらじ5.12a ✕ 見栄えのいいルート。ハング。しかしムーブは花崗岩!
同 ✕ 核心が出来ない。
同 ✕ 同じ。
ぞうりむし5.11a マスター× 最後で落ちた。
同 RP

五日目
金わらリベンジ

金のわらじ5.12a ✕ 核心の左手が少し届かなくてフォール。トップアウトしてムーブ確認。
同 ✕ 核心保持れたのにモタモタして落ちた。
同 × 核心保持れたのにやっぱり落ちた。足置きが原因だった。

そして、雨が降って終了

金のわらじは核心を越えたが、そこからの足置きに修正が必要で、敗退。後半は気を抜けないがしっかりやすめば大丈夫なので次回はしっかり落としたい。

備忘録として金わらムーブ 以下長文

初手は左足たち込みで上のガバへ。
ガバマッチでスメアで体を上げ、焦らず左手を縦ホールドのガバを取れば右足を置いて、左足で立ち込める。クリップ
スラブは左右にラインがあるが、素直にまっすぐ登ると、左手アンダーと右手の甘い縦カチで、左足上げ、右足ハイステップで甘い棚に置く。クリップするが、立ちこめるほどのホールドが良くないので、左足を刻んで腰を上げてからバランスでたち込み、棚に足をマッチ。甘いが立てる。
左手の甘いカチと右手アンダーでバランスを取りつつ適当な足を繋いでハング下のカチを取って、右のガバとでレスト。

カチを繋いでトラバースして、左手でアンダーガバを取ってから右足を上げてクリップ。ハング下は長ヌンがいい。そしてガバマッチ。少し持ち替えが難しい。
左手をアンダーカチに飛ばして、右手はピンチ持ちで、左足を左下のカチよりやや左にあるガバ足にハイステップ。カチマッチして、全力保持。
左手を甘いピンチを握って、腰を左にずらすようにして腰を上げて、右足は壁を蹴って上がる。カチはなるべく左側に寄せつつ左手を上のカチへ飛ばす。斜め気味だが、上の方にしっかり持てる突起があるので、保持れたら右足はハング下のガバ足で突っ張って右手を少し甘いガバか、少し上のガバに出す。クリップ。

左手は次のハング下のクラックにあるガバで体を安定させて、右足を棚にヒール。ホールドは乏しいのでチョーク跡のあるホールドでバランスを取りつつ立ち込む。
右上のホールドも悪いがそれで体を起こす。クリップ。

ガバポケットでレストし、右手は甘いカチ。
左手はカンテで足を上げて、右手の甘いホールドで引き付け、V字になった足元に右足を左側面に乗せて立ち込む。ガバを取ってレスト。姿勢は足は低めに取る。

最後のハング越えは右手ガバからハング下のガバを取り、クリップ。
足はなるべく左へ進めて、少し遠い左手へデッドで取ると体が上がるのでマッチ。左にあるとガバ足で立ち込み、左手を更に一段上げて、マッチ。左手を縦ガバにやって右足ヒール。立ち込んで、右手を伸ばしてガバを。掴んで体を起こしてトップアウト。
訪問者数:148人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

撤退 山行 花崗岩 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ