ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945059 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山 − 悪天候により七合目で涙の撤退 −

日程 2016年08月20日(土) [日帰り]
メンバー piazzolla, その他メンバー3人
天候○ 天気 : 雨。
○ 風速 : 強め(20m程度)。
○ 気温 : 涼しめ(21℃くらい)。
○ 視程 : 長め。
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
○ 往路
 ・車/04:00 {自宅} - 06:00 水ヶ塚駐車場
  ※駐車料金:1000円
 ・タクシー/06:20 水ヶ塚駐車場 - 06:50 富士宮口五合目
  ※料金:約4400円(4人で乗車したので約1100円/人)

○ 復路
 ・シャトルバス/11:30 富士宮口五合目 - 12:00 水ヶ塚駐車場
  ※料金:1150円(片道)、1800円(往復)
  ※時刻:7:00から20:40まで30分間隔で運行(下山時)
  ※参考HP:https://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-210/fujisan/documents/h28_pamphlet.pdf
 ・車/12:30 水ヶ塚駐車場 - 16:00 {自宅}
  ※途中、道の駅「すばしり」で昼食を取りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 3時間45分
○ CT(実績) : 3時間00分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 特に危険個所はありません。
○ 山小屋も多数あるためトイレも安心です(協力金:概ね200円)。
○ 入山協力金(富士宮ルート:1000円)が推奨されています。
その他周辺情報(1) トイレ
 各山小屋にあります。協力金は概ね200円です。

(2) 食事&飲料水
 各山小屋にて購入できます。

(3) 登山ポスト
 登山口にあります。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ

写真

水ヶ塚駐車場に到着。富士山はガスの中。。。
2016年08月20日 06:20撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水ヶ塚駐車場に到着。富士山はガスの中。。。
1
タクシーで富士宮口五合目まで移動します。
2016年08月20日 06:29撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシーで富士宮口五合目まで移動します。
1
富士宮口五合目に到着。このときばかりは眼下に駿河湾が見渡せましたが、すぐに雨が降り出し、大荒れの天気の中での厳しい山登りとなりました。不遇は重なり、この写真を最後にカメラがお亡くなりなりました(涙)。
2016年08月20日 06:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士宮口五合目に到着。このときばかりは眼下に駿河湾が見渡せましたが、すぐに雨が降り出し、大荒れの天気の中での厳しい山登りとなりました。不遇は重なり、この写真を最後にカメラがお亡くなりなりました(涙)。
1
以降撮った写真はこのような状態。横殴りの暴風雨に耐え、七合目まではなんとか登りましたが、寒さが堪え、撤退を余儀なくされましたとさ。とほほ。
2016年08月20日 08:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以降撮った写真はこのような状態。横殴りの暴風雨に耐え、七合目まではなんとか登りましたが、寒さが堪え、撤退を余儀なくされましたとさ。とほほ。
【Aさんの写真】
序盤は緩いザレた登り坂です。ときおり、自衛隊の火力演習の砲撃音が雷のように鳴り響き、皆を驚かせます💦。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Aさんの写真】
序盤は緩いザレた登り坂です。ときおり、自衛隊の火力演習の砲撃音が雷のように鳴り響き、皆を驚かせます💦。
1
【Aさんの写真】
六合目の山小屋が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Aさんの写真】
六合目の山小屋が見えてきました。
1
【Aさんの写真】
基本は嫁が先頭。淡々と高度を稼いでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Aさんの写真】
基本は嫁が先頭。淡々と高度を稼いでいきます。
1
【Aさんの写真】
徐々に雨風が激しくなってきました。にもかかわらず、登山者の数は多く、渋滞が発生することも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Aさんの写真】
徐々に雨風が激しくなってきました。にもかかわらず、登山者の数は多く、渋滞が発生することも。
1
【Aさんの写真】
雨風が強すぎてレインウェアはほぼ役立たず。体が徐々に冷えていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Aさんの写真】
雨風が強すぎてレインウェアはほぼ役立たず。体が徐々に冷えていきました。
1
【Aさんの写真】
七合目までは頑張りましたが、あまりに寒すぎたので、撤退することにしました。無念(涙)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Aさんの写真】
七合目までは頑張りましたが、あまりに寒すぎたので、撤退することにしました。無念(涙)。
1
【Aさんの写真】
下山と決まり、表情が緩みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Aさんの写真】
下山と決まり、表情が緩みます。
2
【Aさんの写真】
下りが苦手のSさんもガッツポーズです(笑)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Aさんの写真】
下りが苦手のSさんもガッツポーズです(笑)。
1
撮影機材:

感想/記録

スーパーコンピュータの天気予報(GPV)が、絶望的な未来を示していました。

いつもなら中止するところでしたが、今回は職場企画ということもあって、
数ヶ月前から日程調整を行い準備を重ねてきた話だったので、
「行けるところまで行ってみよう」ということになりました。

メンバーは、去年も一緒に富士山に登った、
同僚のAさんとSさん、それに嫁と僕を加えた合計4名。
前回(去年)は須走ルートだったので、今回は富士宮ルートから登り、
御殿場ルート(大砂走り)を下る計画でした。
個人的には、人生二度目の富士山登頂となるはずでした。

予報では、午前7時頃から雨が降り出すとのこと。
折りしも、ちょうど僕らが五合目の登山口に到着し、いよいよ来るか?
という空模様の時に、まず雨よりも先に僕を落胆させたのは、
長年愛用してきたカメラの突然の故障でした。

眼下の駿河湾を捉えた一枚を最後に、モニターがブラックアウトし、
以降全く撮影できない状態となりました(涙)。
この時点ではまだ雨は降っていなかったので、水濡が原因ではなく、
単に寿命を全うしたのだと思います。

その直後、予報通り、無情にも雨が降り出しました。

観念して雨用の装いに改め、ほどなく登山を開始すると、
序盤は、自衛隊の火力演習の音が鳴り響き、
それが雷の音に似ていたため、何度か皆の肝を寒からしめました。

六合目を過ぎたあたりから、標高を稼ぐほどに雨脚は強まり、
絶え間ない突風は、僕らに緊張を強いてきました。

ただ、驚くことに、そんな悪天候の中でも登山者の列は途切れることはなく、
寧ろ時折渋滞が発生するほどでした。
さすが世界遺産。外国人の方も大勢登っておられました。

標高3000mを超え、七合目までは頑張りました。
体力的にはまだまだ余裕がありましたが、横殴りの雨によって
体が冷え切ってしまう前に、撤退を決意しました。
なお、その話を切り出したのは嫁ですが、本人曰く、
皆の気持ちを代弁しただけ、ということでした(笑)。

下山してからレインウェアを脱ぐと、インナーまでびしょ濡れでした。
どうりで寒かったはずです。ザックカバーも概ね役立たずで、
防水のサブザック以外はほぼ全滅でした。
財布の中の1000円札も萎れてしまっていました。
何か根本的に見直す必要がありそうです。

頂上を踏めなかったのは残念ですが、今後の雨対策について
考えさせられる良い経験をしました。
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ