ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952805 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

富士山〜無念の途中下山ー備忘録

日程 2016年09月01日(木) [日帰り]
メンバー roadwalker
天候朝のうち晴れ、九時以降曇り、霧、お昼以降 曇り、霧、小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
往復路 
電車 小田急線新松田駅徒歩JR松田駅乗り換え御殿場駅下車 
     松田~御殿場間片道 500円
バスJR御殿場駅より富士急バス須走五合目登山口行 往復で2060円

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間21分
休憩
27分
合計
4時間48分
S須走口 五合目08:3608:41古御嶽神社08:4209:45須走口登山道 六合目09:4610:25須走口登山道 本六合目10:4011:56須走口登山道 七合目12:0612:57須走口下山道 砂払五合目13:21古御嶽神社13:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具(1) ウィンドブレーカー(1) 下着(1) 靴下(2) 長袖シャツ(2) 半袖(2) ズボン(1) 靴(1) 医薬品(1) 行動食(2) 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

2016-09-01 09:03 須走五合目登りはじめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016-09-01 09:03 須走五合目登りはじめ
1
トモエシオガマ(ゴマノハグサ科 ):須走五合目登りはじめ
北岳だけでも咲いていました。昨年は、気づきませんでした。あちこちに咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トモエシオガマ(ゴマノハグサ科 ):須走五合目登りはじめ
北岳だけでも咲いていました。昨年は、気づきませんでした。あちこちに咲いています。
7
トモエシオガマ(ゴマノハグサ科 ):須走五合目登りはじめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トモエシオガマ(ゴマノハグサ科 ):須走五合目登りはじめ
3
09:16 真っ白です:須走五合目登りはじめ
登り始めて30分ですが、すでに、真っ白です。御殿場駅から見た富士山は幻か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:16 真っ白です:須走五合目登りはじめ
登り始めて30分ですが、すでに、真っ白です。御殿場駅から見た富士山は幻か?
3
09:16 真っ白です:須走五合目登りはじめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:16 真っ白です:須走五合目登りはじめ
1
ホタルブクロ:須走五合目登りはじめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ:須走五合目登りはじめ
1
 真っ白です:晴れの天気予報は?
足のかかとの靴ズレで痛み出した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 真っ白です:晴れの天気予報は?
足のかかとの靴ズレで痛み出した
 こんな岩ばかりです。休火山とはいえ、火山だと改めて実感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 こんな岩ばかりです。休火山とはいえ、火山だと改めて実感
オンタデ:黄葉しはじめました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデ:黄葉しはじめました
1
それにしても真っ白です。靴ズレで足が痛み、なかなかスピードが上がらず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても真っ白です。靴ズレで足が痛み、なかなかスピードが上がらず。
オンタデ:黄葉しはじめました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデ:黄葉しはじめました
2
昨年は気づかなかったが、富士講の月待塔で二十六夜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年は気づかなかったが、富士講の月待塔で二十六夜
1
オンタデ 花が赤く変化
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデ 花が赤く変化
1
オンタデ 花が赤く変化
花の赤がきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデ 花が赤く変化
花の赤がきれいです。
4
七合目で下山に決め下り始めたら、ちょっとだけ、雲が飛び、青空が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目で下山に決め下り始めたら、ちょっとだけ、雲が飛び、青空が。
2
ちょっとだけの青空だが、うれしいが、靴ズレの足のスピードでは、日帰り富士山もまた困難か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけの青空だが、うれしいが、靴ズレの足のスピードでは、日帰り富士山もまた困難か?
2
12:57  だいぶ下ってきた。もうじき五合目か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:57  だいぶ下ってきた。もうじき五合目か?
2
樹林帯にはいったので、もうじき、登山口。霧、小雨になりだした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯にはいったので、もうじき、登山口。霧、小雨になりだした。
13:30 ようやく登山口。お店の周りは真っ白。バスまで1時間。お店の方と世間話。今年は、台風で客足がだめでした。今日は残念でした、また来てくださいとか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:30 ようやく登山口。お店の周りは真っ白。バスまで1時間。お店の方と世間話。今年は、台風で客足がだめでした。今日は残念でした、また来てくださいとか・・・
7

感想/記録

2016/09/01 富士山の 備忘録
昨年初めて須走から、富士山に登りました。その時は、下が曇り、山頂に行ったら、晴れでした。八合目でまだ雲がはっているので、お昼をゆっくり食べて下山するかなとつぶやくと、山小屋のお兄さん、山頂は晴れてきたらしいですよ。是非行ってくださいと。その言葉に後押しされ、結局山頂まで行く。富士山のルートは、十分に整備され、危険な箇所も少ないので、山行の感想のみ。
今年の八月は、台風が多く、山に行ける日が極端に少なかった。大型の迷走台風の翌々日、晴れの予報で、日帰りで行ける富士山にと、前日夜に決めて、バタバタとでることになりました。バスでご一緒になった方は、山頂で、シュラフにくるまり、ご来光を待つと、昨日初氷点下だったそうだから大丈夫かなと。でも、七号目でお話しした方も同様に山頂でご来光待ちと、案外、一般的?とも。
御殿場駅に着くと、すっきりと夏の富士山がその全容を見せる。晴れのふにバスの中は、よかったねえの言葉が聞こえる。須走に着くとやや雲が出て、登り始めると、どんどん雲が張り出し、真っ白に変わる。山は天気、天気に恵まれて、目指す各合目の小屋や、山頂が見えると、気合が入るが、残念ながら、登るにつれて、白色が濃くなる。六号目までくると、この天候に、このまま登ってもねと下山に回る方々も。 この辺で樹林帯がおわる。
七号目に向かう。歩みが遅くなる。靴擦れが酷い。前回も、山行で初おろしの登山靴で、靴擦れを起こしていた。悪天候と靴擦れの痛みで、ひと月ぶりの山行も、気分が低迷し始めたころ、七号目に到着。昨年より、ペースが遅く、日帰りギリギリ?天候更に回復の様子見えず、ここで下山に心が傾く。ここで八号目やその先が見えると、気持ちが盛り上がるだろうけど。惜しいなと思いながら、下山に切り替える。
七号目から下山し始め、振り返ると、一瞬青空が。戻るかなと一瞬思うが、又、雲に覆われる。下山途中、忘れ物のせいもあり、登山靴に小石が入り、痛く、何度も靴を脱ぎ、小石をはらう。砂走りが終わり、樹林帯に入ると、霧で益々白く、小雨。登山口に戻ると、写真の様に、真っ白、少し寒い。
時間も早く、1時間程のバス待ちの間、お店方と世間話。今年は、台風で登山客も少ないが外人さんが多いと。外人さんは、短パン、テーシャツの軽装で登り、ここのところ、低体温症で動けなくなる人が多く、その度に警察官が駆けつけるとか!ゴミを捨てる人も多く、毎日清掃とか。そういえば、感心な青年が。以前富士山から下山した際に、体調を崩し、お世話になったと、丁度、お礼だけの目的でわざわざ、登山口のお店に来た青年の話が清々しかった。
途中下山と残念でしたが、山は逃げないと。早速靴擦れの話を日記に書くと、沢山の方から靴擦れ対策を教えていただき、ありがとうございました。それにしても、準備不足で、靴擦れ対策も、ゲーターも忘れ反省です。下りはゲーター必須です。
最後に、台風で被害を受けた皆様方にお見舞い申し上げます。

訪問者数:222人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ