ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 961198 全員に公開 沢登り十和田湖・八甲田

南八甲田連峰(バッカイ沢〜赤水沢)

日程 2016年08月24日(水) [日帰り]
メンバー tokutakuyamaki634, その他メンバー5人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
レンタカーを利用
入口の水道敷では1台は停められるが、2台目停めれるかは微妙なところ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間50分
休憩
1時間10分
合計
11時間0分
S水道敷き入山地点05:0005:15バッカイ沢出合10:50湿原12:0016:00水道敷き入山地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湿原に出るまでにヤブ漕ぎを強いられる。
その他周辺情報鶴の名湯 温湯温泉に寄りました。
料金200円と安いながらも広くて快適でした。
(シャンプー・ボディーソープ備え付け無)
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

水道敷から入渓点までは踏み跡がしっかりしています。
2016年08月24日 05:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水道敷から入渓点までは踏み跡がしっかりしています。
バッカイ沢に入ると早速滝が。
2016年08月24日 05:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バッカイ沢に入ると早速滝が。
ちょっとした滑り台
2016年08月24日 05:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした滑り台
手前がオクトリカブト、奥がアザミ類
2016年08月24日 06:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前がオクトリカブト、奥がアザミ類
水は冷たいながらも、楽しそうです。
2016年08月24日 06:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は冷たいながらも、楽しそうです。
やっと湿原。
青空のもと、昼飯をいただきます。
2016年08月24日 10:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと湿原。
青空のもと、昼飯をいただきます。
北八甲田連峰をバックに集合写真!
2016年08月24日 11:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北八甲田連峰をバックに集合写真!
もう少しで完全なカエルに
2016年08月24日 11:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで完全なカエルに
撮影機材:

感想/記録

今回の山行では予定していたはずの湿原よりも南側の湿原に行ってしまった。そのため、到着時間も予定より2時間も遅れ、長い藪漕ぎを強いられることとなってしまった。また、沢の上に来過ぎたことあり、赤水沢の支流がほぼ藪の中で水の流れもほとんどなく途中道をロストしてしまった。実際地図上でも非常に傾斜の緩い沢地形となっており、このような場合入渓するのは困難だと気づかされた。幸運にも後輩の持っていたGPS機能付きの携帯によって現在地が特定でき、方向を決めて進み赤水沢に何とか入渓することができた。全員下山し、弘前に帰ることができてホッとした。
しかしながら今回、私が連れて行くという立場にありながら道をロストし(一時遭難)行動時間が10時間を超えてしまったことは本当に反省すべき点であったと思っている。メンバー全員が健脚者ならともかく、今回初めて沢登りをする1年生もいたことから、なおさら反省すべきだと思っている。まず、浅はかな考えで行動してしまい、辛い思い、ないしは迷惑をかけてしまったことをメンバー全員に謝りたいと思う。申し訳なかった。その上で、今後どうすればよいか考えたことを記したいと思う。

1.計画の際、事前にルートを地図に記して確認すること(これは事前にやってはいたが、源頭部付近の細かい沢地形まで注意して見ていなかった。)また、この時、できるだけ枝沢が多く分岐せず、1番スマートに源頭部に着けるルートを話し合うべきだと思う。

2.行動中、C.LとS.Lはもちろんのこと、全員が地図と実際の地形を照らし合わせて現在地を確認しながら進む事。特に枝沢、沢の屈曲・方向が読図のポイントとなる。(今回は東に進む予定の枝沢ではなく、南に進む枝沢に入ってしまったことが道ロストの原因。だから、歩いているときもたまにコンパスを見て間違った方向に進んでいないか確認しながら進むべきである。)

3.可能なら部でGPSを購入し、こういった事態になった場合、それを使って対処すること。

最後に、沢登りは今回のようなリスクを伴う活動ではあるが、その分、登山道という人工物を廃した、より自然を堪能できるアクティビティだと私は思う。
訪問者数:48人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ