ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 964016 全員に公開 ハイキング東海

美濃妙法が岳 横蔵寺から華厳寺へ巡礼の道

日程 2016年09月19日(月) [日帰り]
メンバー maasuke1
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
横蔵寺前の駐車場は休日有料だが、100m下の大駐車場は無料。
谷汲山から横蔵までの戻りは町営コミニュテイバス。15分100円。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
0分
合計
4時間0分
S両界山横倉寺11:0015:00谷汲山華厳寺G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
麓の気温24度で彼岸も近いからと油断してしまったが、尾根筋以外はヒルに占領されていた。このコースを快適に歩くには2週間待つ必要あり。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

美濃の正倉院横蔵寺の風格ある白壁。
2016年09月19日 10:48撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃の正倉院横蔵寺の風格ある白壁。
横蔵寺仁王門。
2016年09月19日 10:50撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横蔵寺仁王門。
1
三重塔。紅葉の頃はこのアングルをアマチュアカメラマンが奪い合う。
2016年09月19日 10:51撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三重塔。紅葉の頃はこのアングルをアマチュアカメラマンが奪い合う。
1
舎利殿(ミイラ堂)から歩いて5分にある仏像。この辺りの湿地帯から熊より厄介なヒルが大量に出現する。
特に今日はハンパない量が発生していた。


2016年09月19日 11:01撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舎利殿(ミイラ堂)から歩いて5分にある仏像。この辺りの湿地帯から熊より厄介なヒルが大量に出現する。
特に今日はハンパない量が発生していた。


織田信長に破壊された仁王門跡。このあずま屋でパンツまで脱いでヒルチェック。注意していたのにもかかわらず、脇腹に3匹、尻に2匹と腿に2匹。小さいうちに駆除出来たのは幸い。
2016年09月19日 11:23撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
織田信長に破壊された仁王門跡。このあずま屋でパンツまで脱いでヒルチェック。注意していたのにもかかわらず、脇腹に3匹、尻に2匹と腿に2匹。小さいうちに駆除出来たのは幸い。
1
横蔵寺は比叡山と同じように大勢の僧兵を抱えていて、ここで騎馬訓練を行っていた。比叡山焼き討ちの直後多くの僧兵がここに逃げ込んだが、為すすべもなく信長軍に蹴散らされた。
2016年09月19日 11:51撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横蔵寺は比叡山と同じように大勢の僧兵を抱えていて、ここで騎馬訓練を行っていた。比叡山焼き討ちの直後多くの僧兵がここに逃げ込んだが、為すすべもなく信長軍に蹴散らされた。
1
熊谷次郎直実の墓。比較的新しいもので、後世になって作られたもの。彼は比叡山とも深い縁があったから、これも信長によって破壊された可能性がある。
2016年09月19日 11:54撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊谷次郎直実の墓。比較的新しいもので、後世になって作られたもの。彼は比叡山とも深い縁があったから、これも信長によって破壊された可能性がある。
信長に焼かれた本堂跡。
2016年09月19日 12:00撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信長に焼かれた本堂跡。
本堂脇の池。ここから先、奥の院までヒルはいなかった。
2016年09月19日 12:01撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本堂脇の池。ここから先、奥の院までヒルはいなかった。
45度傾斜の登山道。
2016年09月19日 12:29撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
45度傾斜の登山道。
ほぼ中間点。私はいつもここで弁当、コーヒー。この先谷汲山華厳寺奥の院まで休憩所(ベンチ等)なし。
2016年09月19日 12:34撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ中間点。私はいつもここで弁当、コーヒー。この先谷汲山華厳寺奥の院まで休憩所(ベンチ等)なし。
1
ガスが流れる登山道。隣の西台山も小津権現もガスに包まれてまったく見えず。
2016年09月19日 13:24撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが流れる登山道。隣の西台山も小津権現もガスに包まれてまったく見えず。
妙法が岳山頂666m。私は今年の4月、ここでギフ蝶を2頭発見。標高は低いが結構タフなロングコース。
2016年09月19日 13:44撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙法が岳山頂666m。私は今年の4月、ここでギフ蝶を2頭発見。標高は低いが結構タフなロングコース。
2
谷汲山華厳寺奥の院
2016年09月19日 14:14撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷汲山華厳寺奥の院
1
三十三番谷汲山華厳寺のお地蔵さん。「よをてらす ほとけのしるし ありければ またともしびも きへぬなりけり。」 満願、結願(けちがん)の寺である。
2016年09月19日 14:40撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三十三番谷汲山華厳寺のお地蔵さん。「よをてらす ほとけのしるし ありければ またともしびも きへぬなりけり。」 満願、結願(けちがん)の寺である。
西国霊場一番札所。那智山青岸渡寺。ここから奥の院まで三十三札所巡りができる。
「補陀落や 岸打つ波は三熊野の 那智のお山にひびく滝津瀬」
2016年09月19日 15:00撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西国霊場一番札所。那智山青岸渡寺。ここから奥の院まで三十三札所巡りができる。
「補陀落や 岸打つ波は三熊野の 那智のお山にひびく滝津瀬」
満願堂の巨大狸。旅姿が凛々しい。こだぬきも同道している。長い祈りの旅の果てに、やっとここまでたどり着いたのだろうか。
2016年09月19日 15:01撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満願堂の巨大狸。旅姿が凛々しい。こだぬきも同道している。長い祈りの旅の果てに、やっとここまでたどり着いたのだろうか。
1
華厳寺本堂に掲げられた大提灯。谷汲山華厳寺のシンボル。私の先祖は何代も前からこの本堂に手を合わせてきた。寛永年間に伊勢から谷汲へお参りに来た記録が私の生家に残されていた。
2016年09月19日 15:05撮影 by DMC-FX30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
華厳寺本堂に掲げられた大提灯。谷汲山華厳寺のシンボル。私の先祖は何代も前からこの本堂に手を合わせてきた。寛永年間に伊勢から谷汲へお参りに来た記録が私の生家に残されていた。

感想/記録

 3連休はテントを背負ってホハレ峠を越えようと考えていたが、見事に三日とも雨になってしまった。半ばやけくそで、傘を差しても歩ける谷汲妙法が岳を選んだ。今年だけで元旦の初もうでと4月のカタクリの頃に登っており、3回目になる。トータルでは数えきれない、贔屓にしている山のひとつだ。標高666mだが行程10Kmの結構タフなロングコースだ。横蔵寺、華厳寺とも美濃を代表する古刹である。
 慣れた山ほど落とし穴がある。この界隈では伊自良の釜ケ谷山に匹敵する「ヒル」の大量生息域であることは以前からよく知っていた。にもかかわらず、軽傷ではあるが、すさまじい攻撃を防ぐことができなかった。麓の気温が24℃で彼岸も近いからと安易な気持ちで山に入ってしまった。小雨が降っていて携帯の湿度計は85パーセントだった。多少気温が下がってもこの高湿度はヒルのもっとも好む条件だ。そこに体温をもった人間がうろうろしていれば、彼らの恰好の餌食になって然るべきだろう。奴らだって生きるのに必死なのだ。
 昔の横蔵寺仁王門跡のあずま屋で、パンツも脱いで全裸になって徹底的に駆逐した。通りかかった人が見たなら、気の狂った男が裸踊りをしていると思っただろうか。さすがにこの天気ではよほどの酔狂者でしかこの山に登る者はいない。連休最終日だが全行程だれにも会わなかった。
 暑かったがヒートテックの長袖シャツ、タイツとスパッツで防御して谷汲山まで歩いた。

 平家物語から派生した文楽や浄瑠璃をずっと以前に興味を持って調べたことがある。熊谷次郎直実や文覚上人、それと西行の、この山(延暦寺の分身ともいわれる横蔵寺)との関わりについて感想を書くつもりだったが、ヒル騒動でそれどころでは無くなってしまった。日を改めてヤマレコ日記にでも書いておこうと思う。
訪問者数:203人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/15
投稿数: 169
2016/9/24 22:14
 こんばんは、
蛭は油断も隙も無いですよね!
「気の狂った男が裸踊りをしていると...」めっちゃ笑いました。でも私は大の虫嫌いなのでその気持ち凄く分かります!

いったいこのところの天気はどうなっているんでしょうね〜
22日は土砂降りだったのでいい加減今日くらいはと思っていたのにまたもや曇りのち雨... 今日金華山行ってきましたが岩場はウェットコンディションで登れたもんじゃなかったです。
登録日: 2016/1/24
投稿数: 128
2016/9/25 0:43
 Re: こんばんは、
こんばんは。岩戸のクライマーさん。
これまでの経験から「ヒル」はまだ可愛い方ですョ。満腹になれば私に気付かれず、静かに去ってくれます。その点「マダニ」はダメだ。去年の9月に美濃平家の藪のなかで痛い目に遭いました。首筋に2匹、コガネムシを小さくしたような奴で引っ張ろうが叩こうが離れてくれない。一寸の虫の五分の「執念」を感じました。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ