ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 967434 全員に公開 ハイキング京都・北摂

半国山(千ヶ畑よりピストン)

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー m_89
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑野町千ヶ畑登山口
登山ポスト、トイレは無い。
車は府道731号線沿いの退避スペース(加舎の里カントリーGC横)に駐車
(退避スペースは、前に小和田山に登った際に利用)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間9分
休憩
17分
合計
3時間26分
Sスタート地点11:4213:23半国山13:4015:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムは参考になりません。
コース状況/
危険箇所等
●駐車スペース〜登山口
退避スペースから300mほど西へ歩く。
府道731号線沿いの北側に登山口へ続く林道入口がある。
林道入口にはチェーンが架けられている。
バイク・自転車禁止の表示有り。
林道の途中に倒木があるが、人の通行には支障は無い。
舗装路が途中で終わると林道中央が雨等で掘れていたり荒れている。

●登山口〜るり渓分岐
何度も沢を横切る箇所がある。
ルート中の樹林帯は間伐してあり見通しが良いので歩いていて気持ちが良い。
間隔的に"山頂"の道標がある。

●るり渓分岐〜半国山
るり渓からのルートと出合うと山頂への分岐道標有り。
分岐からは見通しの良い幅広い尾根道と云った感じで、赤テープを頼りに緩い坂を進めば問題無い。
さらに進むと宮前町宮川からのルートと出合うと山頂への分岐道標有り。
山頂へ向かって歩くと山頂直下は急登となり、山頂に至る。

●半国山山頂
山頂はそれなりに広く、展望も良い。
京都の愛宕山が確認出来た。

半国山へは、他に宮川ルートとメジャーの赤熊ルートがある。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

府道に面した林道の入口
ハイキング案内板がある
2016年09月25日 11:46撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
府道に面した林道の入口
ハイキング案内板がある
1
林道途中に倒木
2016年09月25日 11:51撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道途中に倒木
2
登山道途中の気持ち良い川
2016年09月25日 12:52撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道途中の気持ち良い川
2
半国山の山頂
2016年09月25日 13:23撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半国山の山頂
3
半国山から東方面を望む。(ズームアップ)
画像中央には京都の愛宕山
2016年09月25日 13:26撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半国山から東方面を望む。(ズームアップ)
画像中央には京都の愛宕山
3
半国山から南西方面を望む。
遠くに大阪湾、紀伊半島まで見えた。
淡路島は六甲山地の陰になって見えない。
2016年09月25日 13:28撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半国山から南西方面を望む。
遠くに大阪湾、紀伊半島まで見えた。
淡路島は六甲山地の陰になって見えない。
3
林道脇にあったキノコ達
2016年09月25日 14:39撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇にあったキノコ達
下山後、シューズのソール剥がれを写す。
2016年09月25日 15:11撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、シューズのソール剥がれを写す。
1
撮影機材:

感想/記録
by m_89

2009年2月以来の半国山、前回は関電巡視路を辿り山頂ではガスで展望無しだった。
今回、登山道に入る手前に他にも幾つか入口がある感じで少し調査したが、いずれも関電の巡視路のようだ。
全ルートを通して静かで気持ちの良いハイキングだった。
また山頂では午後から天気は下り坂にも関わらず展望が望めた。
だが、山頂でシューズのソールが剥がれるアクシデントがあった。
(安くて古いシューズは使用すべきでは無い。)
今回は山頂で5人のパーティと下山開始時に山頂直下で2人組と出会っただけで、ルート中は誰とも出会わなかった。
訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ