ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970691 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

三ツ石山の紅葉ピークに登る!「一瞬の彩」

日程 2016年09月29日(木) [日帰り]
メンバー ponsuke, その他メンバー2人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三石山登山口駐車場(網張スキー場上部、三ツ石山最短登頂登山口)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
1時間10分
合計
5時間30分
S三ツ石山登山口駐車場08:4009:20三ツ石山登山口09:20滝ノ上温泉分岐10:00三ツ石山荘10:4011:20三ツ石山12:00小畚手前12:30三ツ石山13:0013:15三ツ石山荘13:40三ツ石山登山口14:10三ツ石山登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

雨の中登山開始
2016年09月29日 08:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中登山開始
1
アスファルトを30分ほど歩く
2016年09月29日 08:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスファルトを30分ほど歩く
ここが三ツ石山登山口
2016年09月29日 09:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが三ツ石山登山口
結構な雨降り
2016年09月29日 09:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な雨降り
つやつやした葉っぱが綺麗
2016年09月29日 09:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つやつやした葉っぱが綺麗
予報通り午前中はガスガスの中登ります
2016年09月29日 09:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報通り午前中はガスガスの中登ります
綺麗に紅葉している、山頂の景色に期待
2016年09月29日 09:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に紅葉している、山頂の景色に期待
10
真っ赤な実に付いた雨のしずくが美しい
2016年09月29日 10:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤な実に付いた雨のしずくが美しい
4
三ツ石山荘は立地がとても良い
2016年09月29日 10:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ石山荘は立地がとても良い
1
鐘を鳴らしてみました、意外に大きい音が鳴ってビックリ
2016年09月29日 10:16撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘を鳴らしてみました、意外に大きい音が鳴ってビックリ
今回の山行で最初で最後の集合写真
2016年09月29日 10:19撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の山行で最初で最後の集合写真
19
天候が悪くお昼を山頂で食べれないので山荘でお昼を食べて出発
2016年09月29日 10:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候が悪くお昼を山頂で食べれないので山荘でお昼を食べて出発
2
体が寒く温め中
2016年09月29日 10:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体が寒く温め中
1
山頂に着くもガスガスで眺望悪し
2016年09月29日 11:25撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着くもガスガスで眺望悪し
12
それでも初めて来た2人は感動!
2016年09月29日 11:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも初めて来た2人は感動!
2
晴れていればなぁ
2016年09月29日 11:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていればなぁ
6
バックに紅葉を入れてみた
2016年09月29日 11:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックに紅葉を入れてみた
6
2人を山頂に残し私一人で小畚方面に足を伸ばす
2016年09月29日 11:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2人を山頂に残し私一人で小畚方面に足を伸ばす
9
途中一瞬だけ視界がクリアになった
2016年09月29日 11:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中一瞬だけ視界がクリアになった
4
奇跡的に眺望が良くなった
2016年09月29日 11:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇跡的に眺望が良くなった
1
色鮮やか
2016年09月29日 11:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色鮮やか
8
後ろを振り返ると三ツ石山がはっきり見えた、この時山頂に残った2人は絶叫していたらしい(笑)
2016年09月29日 11:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると三ツ石山がはっきり見えた、この時山頂に残った2人は絶叫していたらしい(笑)
8
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
2016年09月30日 10:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
19
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
2016年09月30日 10:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
44
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
2016年09月30日 10:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
14
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
2016年09月30日 10:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
13
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
2016年09月30日 10:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
友人撮影(Galaxy S7 edge SC-02H)
6
一瞬のクリアな視界もすぐガスの中
2016年09月29日 11:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬のクリアな視界もすぐガスの中
小畚目指すもガスの登山道
2016年09月29日 12:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小畚目指すもガスの登山道
1
晴れていれば最高なのになぁ
2016年09月29日 12:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば最高なのになぁ
2
オヤマリンドウ、エゾオヤマリンドウでしょうか?
2016年09月29日 12:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ、エゾオヤマリンドウでしょうか?
1
山頂に残った2人が後を追いかけてきて合流
2016年09月29日 12:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に残った2人が後を追いかけてきて合流
2
ガスは切れず
2016年09月29日 12:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスは切れず
1
山頂で1時までの30分待つも視界は悪いまま、タイムアップで下山することに
2016年09月29日 12:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で1時までの30分待つも視界は悪いまま、タイムアップで下山することに
6
あ〜もったいない
2016年09月29日 13:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜もったいない
8
山荘の湿原、幻想的である
2016年09月29日 13:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘の湿原、幻想的である
1
先に下山していた2人に追いつき足元に気をつけながら歩く
2016年09月29日 13:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に下山していた2人に追いつき足元に気をつけながら歩く
2
登山口からアスファルトを歩いていた右手に湯気のような雲が巻く
2016年09月29日 13:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からアスファルトを歩いていた右手に湯気のような雲が巻く
1
真紅の色づき
2016年09月29日 13:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真紅の色づき
10
なんと晴れてきた
2016年09月29日 14:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと晴れてきた
2
自然の色とは思えないほど赤くなっている
2016年09月29日 14:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の色とは思えないほど赤くなっている
3
岩手山山頂方面
2016年09月29日 14:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩手山山頂方面
4
岩手山も紅葉が見頃のようだ
2016年09月29日 14:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩手山も紅葉が見頃のようだ
3
すっかり雲がなくなった三ツ石山方面、がっかりである。
2016年09月29日 14:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり雲がなくなった三ツ石山方面、がっかりである。
5
表紙画像用
2016年09月30日 10:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表紙画像用
3

感想/記録

平成28年9月29日(木)岩手県の三ツ石山に登ってきました。

この三ツ石山との出会いは山登りを始めて2年目に、行きつけのWILD-1(アウトドアショップ)のツアー登山で知りました。「紅葉が綺麗でそこに建っている山荘がおとぎの国に出てくるようなたたずまいらしい」そんな情報を元に友人2人と行ったのが初めてでした。ちょうど紅葉のピークが少し過ぎた辺りで登れたので感動したことを覚えています。その時から毎年登っている三ツ石山になります。

三ツ石山(みついしさん)←今まで「みついしやま」と呼んでいました

東北百名山の1つで裏岩手縦走路の山の中の1つ、登山口はいくつかあり網張スキー場のリフトを使って登るルートや松川温泉から登るルートが人気がある。裏岩手縦走路の中の一つの山で縦走中や小屋泊まり、日帰りピストンと多くの登山客が行き来する山である。今回登ったルートは網張スキー場から山奥へ伸びる奥地等産業開発道路から登る。このルートは三ツ石山に登るのに最短で登る事ができる人気ルートです。短い時間で登れるので朝出勤前に登る人もいるみたいです。

◆奥地等産業開発道路とは
1964年に雫石町と松尾村を結ぶ県道の工事計画があったが、途中まで作ったものの開発予定の場所に三ツ石湿原がある事が問題になり途中で工事が中止になっている道路の事で、開発が中止にならなければ網張スキー場から松川温泉へ県道が出来ていた事になります。湿原が無くならなくて良かったですね〜。


【30分続くアスファルト路】

ゲート前に車を停めて、登山カードに記入していざ出発!久しぶりの雨降りスタートです、天気予報では曇りのはずだったが盛大に雨が降っています。基本私はよほどの事が無い限り雨降りの登山はしません、目的が写真なので撮れない状況で登る事はまずありえません。

しかし今回は三ツ石山の紅葉がピークとの情報を得ていたので正直雨の中歩くのは嫌ですが紅葉を撮りたい一心で山頂を目指します。アスファルト歩きはだいたい30分くらい歩きます、すぐ終わるのかと思っていたのですが意外に長かったです。登山口は左側に現れます、わかりやすく看板がたくさんあるので見過ごす事はありません。


【雨の中をもくもくと歩く】

登山道入口からはいつもの山歩きに変わります、雨で濡れた登山道は滑りやすく注意して歩かないと危険です、基本的に遠くを見ながら歩くので滑りやすい登山道は嫌です。てか雨の日に山に入る事が無いので慣れていないだけだったり(笑)

雨で濡れた艶々の葉や赤く実ったどうだんの実に雨のしずくができて美しい、カエデの黄色から赤に変わるグラーデションに紅葉した葉は光に透過し輝いて見えます。


【三ツ石山荘でお昼を食べ、いざ山頂アタック】

無事三ツ石山荘に到着することができ、休憩することにしました。本当なら小休憩後山頂を越え小畚山まで行く予定でしたが雨が強くなり、お昼休憩が登山道では無理と判断し山荘内で少し早いお昼としました。三ツ石山荘は雨の中にひっそりと建っておりより一層幻想的な雰囲気を醸し出していました。休憩中は各々記念写真撮ったり、登山道の確認したり、まったり過ごして10時40分に山頂アタックです!

相変わらず雨の中もくもくと歩き山頂に着いたのは11時20分、山頂付近は西から雨混じりの強風で岩の上に立つのがやっとでした。一通り写真を撮るがガスガスで良い写真が撮れなく、2人を残し1人で子畚山方面へ歩く事にした、稜線歩きはそれほど風は強くなく視界が悪い状況が続いた。下っていた途中でガスが晴れ、岩手山の裾野が見えるほど視界が開けた。急いでカメラを構えとりあえず連射しながら周囲を撮った、時間にして5分も無かったと思う、そのころ山頂では岩陰で待機していた2人は絶景を見る事になる。


【「一瞬の彩」三ツ石山の紅葉に感動する2人】

その時は一瞬だった、ガスがかかっていても綺麗だと感動していた2人に奇跡が起きた、体が冷え、先に進む事を断念し岩陰で待機していた事が功を奏した!山頂付近は風の通りが非常に良いのでガスが切れた時間が長かったかもしれない、私の方はガスが切れたのは一瞬だったが、山頂では何回かガスが切れたとの事、携帯で撮ったとは思えない程美しい!雨に濡れ葉に艶が出て、色も濃く映る。天気が良い紅葉の写真よりも綺麗に見えるのかもしれない、この絶景を目の当たりにした2人のうち1人は声が枯れるほど感動したらしい(笑)思わず絶叫してしまったのだろう。
紅葉のピークを綺麗に撮るには1日しかないピークに休みが合わなくてはなりません、ピークに登れることはめったにないだけに今回山頂からの景色が見れなかったのは残念です。


【小畚山に向かうも天候回復せず下山】

三ツ石山の山頂でどうにも天候が回復しないと思った私は小畚山を目指していたわけですが、途中一瞬のガスの切れ間以降はまったくガスが切れる事はなく、視界が悪い中の登山道をひたすら歩いていた、時間が12時となり途中で引き返す事にした、三ツ沼を過ぎたあたりで後を追いかけてきた友人2人と合流、なんでも山頂の強風に吹かれたら冷えが逆に治まったらしい、晴れ間の絶景がテンションを上げ歩く気持ちを復活させたようだ。山頂に戻り時間は12時30分、まだ絶景を見ていない私の為に13時までの待ち時間を貰えた、友人2人はゆっくり下山しているとの事、強風と小雨の中岩陰でひたすらガスの切れ目を待つ、しかし刻々と時間は過ぎていく、時計をしてこなかったのでカメラの液晶画面で時間を確認する、非常にも13時になってしまった。同じ時間帯一緒にガスの切れ目を待っていた若い男性の方に挨拶をして急いで下山した。

【下山後に山頂方面は青空広がる】

滑りやすい登山道を急ぎ足で先に下山している2人を追う、三ツ石山荘から約10分ほどの所で合流できた、私は下りは人より早いので思ったより早めに追いつく事ができて一安心。2人は初めて来た山なので万が一の事も頭をよぎっていた。登山口が多いだけに帰る登山道を間違えると大変な事になる。

時間にも余裕があったのでゆっくり話をしながら下山した、登山口が見えると雨も止みなんと頭上には青空見えた、紅葉した木々と白い雲と青空のコントラストが気持ちが良い、光が差し込み今までの雨の山行が嘘のように天候が回復していった。網張スキー場からは岩手山の壁面が赤く染まっているのが確認できた、岩手山も紅葉真っ盛りのようだ、三ツ石山方面はというと綺麗に雲が取れ青空が広がっていた、まぁこれも登山ではよくあることで残念な山行があるからリベンジしたときの感動が大きくなるのです!初めて登った2人は一瞬ではあるが綺麗な紅葉も見れたし良しとしましょう。

帰りに冷えた体を温めるべく休暇村岩手網張温泉で乳白色の硫黄泉を堪能し帰宅となりました。東北の紅葉はまだ始まったばかりです、次回の紅葉山行は朝日連峰を予定しています、ピークはいつになるか気になるところです、朝日連峰は山行時間が長くなるので体調管理もしっかりしないとです。鳥原山から小朝日、大朝日の紅葉を撮りたいです!

ブログ
http://mylifeblog.outdoorinfo2016.com/2016/09/30/%E7%A7%8B%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%B1%B1%E3%81%AF%E4%B8%89%E3%83%84%E7%9F%B3%E5%B1%B1%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%81%E7%B4%85%E8%91%89%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AB%E7%99%BB%E3%82%8B%E3%80%8C%E4%B8%80/
訪問者数:974人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 紅葉 リンドウ 山行 クリ ガスガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ