ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 971907 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

大朝日岳 朝日鉱泉から周回、日帰り

日程 2016年10月01日(土) [日帰り]
メンバー k0416iwa
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝日鉱泉に登山者用駐車場あります。
ただし、駐車場までは、舗装のない道を14キロ走ります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
1時間17分
合計
8時間2分
S朝日鉱泉06:3307:49二股出合07:5408:35長命水08:4509:458合目10:12大朝日岳10:5311:10銀玉水11:48小朝日岳11:5312:34鳥原山12:4513:01鳥原小屋13:30金山沢出合13:3514:35朝日鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【登山口〜中ツル尾根〜大朝日岳】
・特に危険箇所はありません。ただし、2合目から3合目はかなりの急坂になります。心してかかりましょう。3合目を過ぎると、傾斜が緩みます。
・中間点までは多少のアップダウンがありますが、ほとんど平坦です。
・長命水は枯れているようです。水分は十分用意しましょう。
・8合目からは、晴れていれば絶景の稜線歩きができます。

【大朝日岳〜小朝日岳〜鳥原山〜登山口】
・小朝日岳から鳥原山の間に、2か所ロープがかかっています。(小朝日岳直下)
慎重に通過してください。
・小朝日岳前後を除けば、最後の中ツル尾根分岐手前までほとんど急勾配はありません。下りには足にやさしいかと。

・朝日鉱泉ナチュラリストの家に登山者記帳ノートがあります。
その他周辺情報帰りにリンゴ温泉に立ち寄りました。(¥300!!)
別館に露天風呂もありますが、本館だけでも十分です。

http://ringoonsen.blog.fc2.com/

装備

個人装備 ソフトシェル グローブ ザック 昼ご飯 行動食 非常食 コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 サングラス タオル ストック ツエルト

写真

朝日鉱泉ナチュラリストの家の前が登山口です。
2016年10月01日 06:31撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日鉱泉ナチュラリストの家の前が登山口です。
3
少し下って、すぐに吊り橋があります。
結構な高度感です。
2016年10月01日 06:37撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って、すぐに吊り橋があります。
結構な高度感です。
4
鳥原山との分岐。
今日は中ツル尾根から周回することにしました。
2016年10月01日 06:45撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥原山との分岐。
今日は中ツル尾根から周回することにしました。
ゴマナ
2016年10月01日 06:46撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴマナ
2
ミヤマアキノキリンソウ
2016年10月01日 06:48撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
2
滝もありました。
2016年10月01日 06:58撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝もありました。
1
2つ目の吊り橋
2016年10月01日 06:59撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の吊り橋
ホタルブクロ?
2016年10月01日 07:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ?
3つ目の吊り橋
2016年10月01日 07:22撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目の吊り橋
2
すべて橋の上はこうなっています。結構揺れます。
下の渓流がきれいです。
2016年10月01日 07:23撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すべて橋の上はこうなっています。結構揺れます。
下の渓流がきれいです。
渓流沿いでしばし休憩。10月に入りましたが、今日は暑くて、厚着で来たのを後悔、、、
2016年10月01日 07:28撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流沿いでしばし休憩。10月に入りましたが、今日は暑くて、厚着で来たのを後悔、、、
中ツル尾根の中間点です。
ここまでは多少のアップダウンがありますが、ほぼ平坦です。
2016年10月01日 07:49撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ツル尾根の中間点です。
ここまでは多少のアップダウンがありますが、ほぼ平坦です。
4つ目、最後の吊り橋。
2016年10月01日 07:54撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4つ目、最後の吊り橋。
3
吊り橋からすぐに2合目。
ここから恐怖の急斜面が始まります。
2016年10月01日 07:55撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋からすぐに2合目。
ここから恐怖の急斜面が始まります。
3合目に着きました。ここから傾斜が緩みます。
2016年10月01日 08:13撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3合目に着きました。ここから傾斜が緩みます。
小朝日岳が見えました。
2016年10月01日 08:36撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳が見えました。
5
4合目に長命水があります。
前日宿でききましたが、最近は枯れているそうです。
2016年10月01日 08:40撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4合目に長命水があります。
前日宿でききましたが、最近は枯れているそうです。
1
5合目1200M!
2016年10月01日 08:55撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目1200M!
景色が開けてきました。
吾妻山塊でしょうか。
2016年10月01日 09:06撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色が開けてきました。
吾妻山塊でしょうか。
1
6合目
2016年10月01日 09:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目
やっと見えました!大朝日岳!!
かっこいいですね♪
今日はほんとによい天気です。
2016年10月01日 09:12撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見えました!大朝日岳!!
かっこいいですね♪
今日はほんとによい天気です。
6
7合目。
3合目以降は、足にやさしい傾斜でした。
このあと少し傾斜がきつくなります。
2016年10月01日 09:30撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目。
3合目以降は、足にやさしい傾斜でした。
このあと少し傾斜がきつくなります。
紅葉の中、大朝日。
紅葉のピークはまだ先のようです。
2016年10月01日 09:34撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の中、大朝日。
紅葉のピークはまだ先のようです。
5
マツムシソウ
2016年10月01日 09:38撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツムシソウ
1
シシウド
2016年10月01日 09:41撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシウド
赤い実はなんでしょう?
背景の緑とよい色合いです。
2016年10月01日 09:43撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い実はなんでしょう?
背景の緑とよい色合いです。
2
8合目付近です。
ここからは、爽快な稜線歩きができます。
2016年10月01日 09:50撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目付近です。
ここからは、爽快な稜線歩きができます。
2
遠く、上信越方面まで見えました!
2016年10月01日 09:51撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く、上信越方面まで見えました!
2
まさに、天空に続く道。
2016年10月01日 09:54撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに、天空に続く道。
6
ヤマハハコ
ほとんど枯れていました。
2016年10月01日 09:55撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
ほとんど枯れていました。
ハクサンイチゲ
2016年10月01日 09:56撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
3
あと少し。
2016年10月01日 09:59撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し。
9合目付近からの景色。
2016年10月01日 09:59撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目付近からの景色。
1
頂上に着きました。
古寺鉱泉からいらっしゃった方が、7〜8名いらっしゃいました。
2016年10月01日 10:25撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に着きました。
古寺鉱泉からいらっしゃった方が、7〜8名いらっしゃいました。
5
頂上から平岩山方面への稜線。
紅葉が始まっていました。
360度の大パノラマでした。
2016年10月01日 10:20撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から平岩山方面への稜線。
紅葉が始まっていました。
360度の大パノラマでした。
5
三角点
2016年10月01日 10:20撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
2
中央に小さく大朝日小屋。
以東岳へと続く朝日山塊の稜線。
ずっと歩いてみたくなりますね!
2016年10月01日 10:27撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に小さく大朝日小屋。
以東岳へと続く朝日山塊の稜線。
ずっと歩いてみたくなりますね!
2
これから向かう、小朝日岳への稜線も気持ちよさそう。
遠くに鳥海山も頭だけ出してる?
2016年10月01日 10:27撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう、小朝日岳への稜線も気持ちよさそう。
遠くに鳥海山も頭だけ出してる?
4
登ってきた、中ツル尾根。
中央に小さく、ナチュラリストの家が見えます。
2016年10月01日 10:28撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた、中ツル尾根。
中央に小さく、ナチュラリストの家が見えます。
1
飯豊山塊。
次はあそこに行きたい!
2016年10月01日 10:53撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊山塊。
次はあそこに行きたい!
1
小屋は大賑わいでした。
2016年10月01日 10:59撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋は大賑わいでした。
2
紅葉が始まって、本当にきれいな稜線です。
いい山ですね♪
2016年10月01日 11:01撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が始まって、本当にきれいな稜線です。
いい山ですね♪
5
古寺鉱泉への巻き道と小朝日岳への分岐。
2016年10月01日 11:36撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺鉱泉への巻き道と小朝日岳への分岐。
小朝日岳からの大朝日岳。
2016年10月01日 11:49撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳からの大朝日岳。
6
小朝日岳から鳥原山へ向かいます。
古寺鉱泉へ降りるのもここからです。
ほとんどの方が古寺鉱泉へ向かわれました。
2016年10月01日 11:52撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳から鳥原山へ向かいます。
古寺鉱泉へ降りるのもここからです。
ほとんどの方が古寺鉱泉へ向かわれました。
小朝日岳直下のロープ。2箇所ありました。
2016年10月01日 11:59撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳直下のロープ。2箇所ありました。
こっちの方が垂直でした。
2016年10月01日 12:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちの方が垂直でした。
りんどうは、最後まで咲いているものが見れませんでした。
2016年10月01日 12:14撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
りんどうは、最後まで咲いているものが見れませんでした。
2
鳥原山です。
ここも景色がよかったです。
2016年10月01日 12:34撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥原山です。
ここも景色がよかったです。
1
大、小、揃い踏み。
2016年10月01日 12:35撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大、小、揃い踏み。
8
鳥原湿原です。
鳥原山からすぐかと思いきや、10分以上かかります。
北に向かっている感覚で、分岐を見落とし古寺鉱泉へと間違えたのかと思いました。
2016年10月01日 12:56撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥原湿原です。
鳥原山からすぐかと思いきや、10分以上かかります。
北に向かっている感覚で、分岐を見落とし古寺鉱泉へと間違えたのかと思いました。
中ツル尾根との分岐まで戻ってきました。
最後は急坂を下りてい行きます。
2016年10月01日 14:26撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ツル尾根との分岐まで戻ってきました。
最後は急坂を下りてい行きます。
登山口まで戻ってきました。
まだ山はいい天気です。
2016年10月01日 14:35撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。
まだ山はいい天気です。
2
お疲れ様でした。
2016年10月01日 14:36撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
1
宿の女将さんに教えてもらい、帰りに「リンゴ温泉」へ寄りました。
大玉が5個で¥350!
2016年10月01日 16:55撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿の女将さんに教えてもらい、帰りに「リンゴ温泉」へ寄りました。
大玉が5個で¥350!
6
¥300とは思えぬ、よいお風呂でした。
2016年10月01日 16:59撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
¥300とは思えぬ、よいお風呂でした。
4

感想/記録

お盆に、表銀座を縦走したあと、「次はここ」と天気のタイミングさえ合えば狙っていました。
しかし、待てども暮らせど、一向に週末晴れることはなく、とうとう9月が終わってしまいました。
ところが、年4回の有給を9/30に確保していたため、週末の晴れ予想とばっちり重なり、何と宿に前泊しての贅沢な山行が出来ました。

天気も最高で、待った甲斐がありました。(前日に蔵王へも立ち寄れ、ベストな計画ができました!)

大朝日岳は、想像以上にいい山でした。
本当に山深い場所にあり、麓にたどり着くのも容易ではなく、さらに山道も長く険しい山です。
しかし、そのピラミダルな山容を目にして美しいと感じ、山頂からの景色は何も遮るものはなく、周りの山々より高いところから見晴らせる景色はすばらしかったです。
地元の方が誇りにされている山ですね。


当初は、鳥原山から小朝日岳経由で中ツル尾根を下りてくる計画でしたが、宿のお兄さんが、「登りは中ツルからがお薦めです」と言われたことから、計画を見直し、変更。これがよかったです!
中ツル尾根は、2合目から3合目まではかなり厳しい急斜面になりますが、そこ以外は比較的なだらかで登りやすい道だと感じました。あの急斜面を疲れた足腰で下るのは、少々危険かも!です。
それに鳥原山コースより時間が短縮でき、山頂に早くに着けるので、天候がより安定している時間帯(午前早め)に着くことが可能です。
朝日鉱泉からの周回コースをお考えの方には、このルートがお薦めです。

頂上には、古寺鉱泉から登ってらっしゃった方がたくさんいらっしゃいました。
こちらのルートの方が人気のようです。
私は、大朝日までは、1人の方とお会いしましたがそれだけでした。下りの小朝日岳からは、一人の人にもお会いしませんでした。
静かな山歩きがご希望の方には、朝日鉱泉からがいいのではないでしょうか。
(時間は少々長くなりますが)

天気にも恵まれ、最高の山行ができました。大朝日岳、ありがとうございました!

次は、飯豊山にいきたいなぁ!!

訪問者数:346人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/6
投稿数: 66
2016/10/2 19:07
 稜線が素敵!
k0416iwaさん
こんばんは!
抜群の天気で良かったですね〜!日頃の行いのせいかな?(笑)
大朝日岳、小朝日岳の稜線が素晴らしいですね〜(^^)私もあの稜線を走りたい(笑)
今回も長距離かつ2000m近い上り累積標高にもかかわらず、超快速ですね!
冬の訪れまではあと少しあるので、もう一山行けると良いですね!山の神に晴れをお祈りしますか!(笑)
登録日: 2015/6/14
投稿数: 56
2016/10/2 23:33
 Re: 稜線が素敵!
zzooxさん
早速のコメント、いつもありがとうございます!

ホント抜群の天気でした♪
日頃の行いのせい、、、ではなく、辛抱して晴れを待っていたからですがね!

稜線は、素晴らしかったですね。ここ朝日山塊は、登ってしまえば、天空の稜線続きなので、トレランの人には天国みたいなところではないでしょうか?!
京都からは相当遠いですが、機会があればzzooxさんも是非!!

また「超快速」などと、お褒めの言葉をいただきありがとうございます♪
予想よりも早く下りてこれたのは、中ツル尾根を上りにしたので、下りの足を温存できたからでしょうね。
アドバイスいただいた宿のお兄さんに感謝です!

確かに、まだいい季節が続くので、もう一山、二山行きたいですね。
10月は、よい天気に期待したいです!

また近々、ご一緒させてくださいませ♪
登録日: 2013/11/21
投稿数: 13
2016/10/8 23:59
 さすがですね👍
ko416iwaさん、天気図とにらめっこで、続けて、2山登頂ですね。
速いっー。
私、今回の巻機山では、話しに夢中になり、下りの終盤、疲れがではじめた頃に尻餅2連発。2回目はかなり、見事な落ち方😰でした。
iwaさんはそのようなことないと思いますが、気をつけて、又のレコ、期待してます😄✋
登録日: 2015/6/14
投稿数: 56
2016/10/11 22:03
 Re: さすがですね👍
kame0102さん
いつもコメントありがとうございます。
私もよく尻餅つきますよ!
更に、毎回1回は木の幹に頭をぶつけます、、、ちゃんと前を見ていない証拠ですね!

巻機山、綺麗でしたね〜。
いい時期に行かれたみたいでよかったですね♪
また次のレコも楽しみにしています。

私は、昨日も山に行って来ました。
またまた天気予報とにらめっこして、中央アルプスの木曽駒ヶ岳に行きました。ロープウェーに乗らずにクラシックルートで登りましたが、ヘロヘロになりました。
おまけに帰りの渋滞で、自宅には日付が替わるギリギリで着いた次第です。
でも、晴れていて、景色最高でした♪
また近日中にアップします。
よければ、またチェックしてみてください!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ