ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978479 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大杉峡谷

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー fktm_gasu3
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間0分
休憩
58分
合計
8時間58分
S大杉谷登山口06:4608:03千尋滝10:02桃ノ木小屋10:1711:01七ツ釜滝11:30庄野ヶ浜11:3211:33光滝11:5111:53庄野ヶ浜11:5412:14七ツ釜滝13:02桃ノ木小屋13:0314:11千尋滝14:3215:43大杉谷登山口15:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
峡谷が深いせいか正しくログできていないようです。
コース状況/
危険箇所等
桃ノ木山の家以降は登山道が特に濡れており、私も2度ほど転倒しました。気をつけていたとは言え、足下をすくわれると本当に対応できず、手を打ち付けてしまいました。
その他周辺情報奥伊勢フォレストピアにて日帰り入浴。
のんびりつかれる温泉で疲れがドっととれました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

ハイ!寝坊しました!
計画とは実際に実行できてこそ意味がありますよね?反省です。
2016年10月10日 06:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイ!寝坊しました!
計画とは実際に実行できてこそ意味がありますよね?反省です。
う〜〜〜〜〜〜ん
よく唸ってました。
2016年10月10日 06:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜〜〜〜〜〜ん
よく唸ってました。
お、碧いですね♪
友人が散々褒めちぎっていただけありますね。綺麗です。
2016年10月10日 06:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、碧いですね♪
友人が散々褒めちぎっていただけありますね。綺麗です。
1
う〜ん長いな・・・。
って、左上に厳しいこと書いてありますね〜。実際コース難易度高いので仕方ないですが。
2016年10月10日 06:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜ん長いな・・・。
って、左上に厳しいこと書いてありますね〜。実際コース難易度高いので仕方ないですが。
1
のっけから金網。
冬季閉鎖用でしょうね。
2016年10月10日 06:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のっけから金網。
冬季閉鎖用でしょうね。
穿たれた登山道。
水平歩道を思い出しました。
2016年10月10日 06:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穿たれた登山道。
水平歩道を思い出しました。
1
山深いですね。
まだ直射日光は来そうにないです。
2016年10月10日 06:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山深いですね。
まだ直射日光は来そうにないです。
1つめの橋。
熊谷吊橋
2016年10月10日 07:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つめの橋。
熊谷吊橋
2つ目。
地獄谷吊橋。
2016年10月10日 07:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目。
地獄谷吊橋。
3つ目。
日浦杉吊橋。
ここまで特に見るべき景色もなく、結構な距離をアップダウンします。
正直、長いし、辛いですね。
2016年10月10日 07:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目。
日浦杉吊橋。
ここまで特に見るべき景色もなく、結構な距離をアップダウンします。
正直、長いし、辛いですね。
ようやく出た出た。
千尋滝。滝?
2016年10月10日 08:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく出た出た。
千尋滝。滝?
千尋滝の東屋。
休憩していると、前日はヒルがウヨウヨしていたと下山の方に教えてもらいました。今日は晴れのせいか全く居らず。
2016年10月10日 08:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千尋滝の東屋。
休憩していると、前日はヒルがウヨウヨしていたと下山の方に教えてもらいました。今日は晴れのせいか全く居らず。
ここまで3.5km。
まだまだ先は長いです。
2016年10月10日 08:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで3.5km。
まだまだ先は長いです。
お、開けてきましたねー
ここが猪ヶ淵らしい!
2016年10月10日 08:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、開けてきましたねー
ここが猪ヶ淵らしい!
碧いねー
・・・のっけから碧かったんですが、千尋滝まであまり川に近づくことが無かったので^^;
2016年10月10日 08:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
碧いねー
・・・のっけから碧かったんですが、千尋滝まであまり川に近づくことが無かったので^^;
ニコニコ滝。。。
なんでなん?
2016年10月10日 08:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニコニコ滝。。。
なんでなん?
2
クグリ付近にてコケを。
2016年10月10日 08:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クグリ付近にてコケを。
クグリ完。
ぬれた!上から湧き水が常に滴り落ちていました。
沢の岩場からも行けますが、こちらは少し脚を使いますね。
2016年10月10日 08:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クグリ完。
ぬれた!上から湧き水が常に滴り落ちていました。
沢の岩場からも行けますが、こちらは少し脚を使いますね。
1
クグリ付近の湧き水に濡れた岩。
赤茶色になっており、鉄分の影響?
2016年10月10日 08:53撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クグリ付近の湧き水に濡れた岩。
赤茶色になっており、鉄分の影響?
ISO200 f/10 SS4.0
もう少し低いISOがマニュアル選択できたら・・・。
2016年10月10日 08:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ISO200 f/10 SS4.0
もう少し低いISOがマニュアル選択できたら・・・。
1
なんでなん?にこにこ。
すごいけど
2016年10月10日 09:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんでなん?にこにこ。
すごいけど
3
望遠にて。
水しぶきの勢い良く弾けてます
2016年10月10日 09:21撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望遠にて。
水しぶきの勢い良く弾けてます
1
東屋にて小休憩
2016年10月10日 09:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋にて小休憩
天高くそびえる巨岩と吊り橋
スケールの大きい画に思わずシャッターを切る
2016年10月10日 09:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天高くそびえる巨岩と吊り橋
スケールの大きい画に思わずシャッターを切る
4
こいつはデカイ。
平等堯淵ン)
2016年10月10日 09:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こいつはデカイ。
平等堯淵ン)
2
も、もちろん私じゃないですよ!
2016年10月10日 09:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
も、もちろん私じゃないですよ!
キター!
小屋を前に吊り橋を撮る。
2016年10月10日 10:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キター!
小屋を前に吊り橋を撮る。
ようやく桃の木山の家へ。
け、結構疲れた。
2016年10月10日 10:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく桃の木山の家へ。
け、結構疲れた。
1
毎回の如く、バッジゲットです。
登山靴のマークが可愛かったので、それを。
2016年10月10日 10:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎回の如く、バッジゲットです。
登山靴のマークが可愛かったので、それを。
吊り橋ではなく。鉄橋?
2016年10月10日 10:20撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋ではなく。鉄橋?
桃の木からこっち、湧き水で濡れた所が多く、苔むしていて滑ります!!!
2016年10月10日 10:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃の木からこっち、湧き水で濡れた所が多く、苔むしていて滑ります!!!
1
何の花だろ・・・
2016年10月10日 10:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の花だろ・・・
1
2回もコケました。
結構湧き水がしたたっている所が多かったです。
2016年10月10日 10:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回もコケました。
結構湧き水がしたたっている所が多かったです。
2
手の平と肘を打ちました。
両方右手。握りが甘くなっただけで済みましたが、下手をしたら転落などもあり得ます。マジで危険と、それからかなり慎重になりました。
2016年10月10日 10:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手の平と肘を打ちました。
両方右手。握りが甘くなっただけで済みましたが、下手をしたら転落などもあり得ます。マジで危険と、それからかなり慎重になりました。
七ツ釜の滝。
豪快な滝が続きます。
2016年10月10日 10:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ釜の滝。
豪快な滝が続きます。
3
七ツ釜の東屋でも休憩。
アップダウン激しいから辛いわ。。。
2016年10月10日 10:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ釜の東屋でも休憩。
アップダウン激しいから辛いわ。。。
3
これも冬季閉鎖用ですかね。
弱いので最悪、壊せますね^^;
2016年10月10日 10:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも冬季閉鎖用ですかね。
弱いので最悪、壊せますね^^;
少し上がってくると、七ツ釜を右に、左に東屋が小さく見えます。
写真だとただの明るい点にしか見えません。
2016年10月10日 10:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し上がってくると、七ツ釜を右に、左に東屋が小さく見えます。
写真だとただの明るい点にしか見えません。
人工登攀具があるので、全く危険は感じませんが、一歩間違うと終焉でございます。
2016年10月10日 10:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人工登攀具があるので、全く危険は感じませんが、一歩間違うと終焉でございます。
清流の淵とはこう言うものですよね。
2016年10月10日 11:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清流の淵とはこう言うものですよね。
碧い。
2016年10月10日 11:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
碧い。
1
光滝手前の崩落地。
先の方に巨岩がうずたかく堆積しています。
目の前にすると壁です。
2016年10月10日 11:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光滝手前の崩落地。
先の方に巨岩がうずたかく堆積しています。
目の前にすると壁です。
2
ここから結構上がりますが、また下がります。巨岩をすり抜けますが、一歩一歩の落差が大きく、脚力をどんどん消費します。
2016年10月10日 11:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから結構上がりますが、また下がります。巨岩をすり抜けますが、一歩一歩の落差が大きく、脚力をどんどん消費します。
光滝へ到着。
2016年10月10日 11:33撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光滝へ到着。
11:30目処に折り返す予定なので、この光滝が最後です。
2016年10月10日 11:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:30目処に折り返す予定なので、この光滝が最後です。
1
溢れんばかりのスケールを撮る為に、できるだけ近づこうとしましたが、流れが急で間違えて飲み込まれない様に、結局あまり近づけず><;
2016年10月10日 11:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溢れんばかりのスケールを撮る為に、できるだけ近づこうとしましたが、流れが急で間違えて飲み込まれない様に、結局あまり近づけず><;
5
やはりアップは飛沫が良いです。
2016年10月10日 11:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはりアップは飛沫が良いです。
もう少し近づきたかった。
2016年10月10日 11:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し近づきたかった。
ここが危険!
滑りましたが転びはしませんでしたーOー;
2016年10月10日 12:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが危険!
滑りましたが転びはしませんでしたーOー;
1
帰途にも七ツ釜。
2016年10月10日 12:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰途にも七ツ釜。
1
渡ってー
2016年10月10日 13:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡ってー
帰り際にニコニコ滝をもう一度。
朝と昼過ぎでは光の入射角が違って印象がまた違いました。
2016年10月10日 13:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り際にニコニコ滝をもう一度。
朝と昼過ぎでは光の入射角が違って印象がまた違いました。
3
往路で見落とした千尋(せんひろ)滝の上部。3枚撮って、何故に全て手前ピンか・・・。愚かです><;
2016年10月10日 14:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路で見落とした千尋(せんひろ)滝の上部。3枚撮って、何故に全て手前ピンか・・・。愚かです><;
2
かなり下ってきました。
意外と給水できるところがないので、水が無くならない様に小屋で補給すると吉ですね。
この渓谷は気温が高く湿気も多いので、発汗が多いと思います。お気をつけあれ。
2016年10月10日 15:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり下ってきました。
意外と給水できるところがないので、水が無くならない様に小屋で補給すると吉ですね。
この渓谷は気温が高く湿気も多いので、発汗が多いと思います。お気をつけあれ。
うおんうおんうおんと宮川第3発電所の低周波音が聞こえてきたら、ゴールです。
長かったよー!
2016年10月10日 15:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うおんうおんうおんと宮川第3発電所の低周波音が聞こえてきたら、ゴールです。
長かったよー!
1
発電所の排水か。
2016年10月10日 15:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発電所の排水か。
あの左のモーターらしきものが低周波の原因ぽぃ。デカイね!
2016年10月10日 15:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの左のモーターらしきものが低周波の原因ぽぃ。デカイね!
あまごは知ってますが、あめごってナンゾ?
ここで登山終了です。
小屋でトイレに行ってなかったので、辛かった><;
2016年10月10日 15:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまごは知ってますが、あめごってナンゾ?
ここで登山終了です。
小屋でトイレに行ってなかったので、辛かった><;
六十尋滝。
滝登山ではよくある登山道外の滝。
こちらも落差があって良かったです。
2016年10月10日 16:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六十尋滝。
滝登山ではよくある登山道外の滝。
こちらも落差があって良かったです。
1
行きに夜中に通った橋。
2016年10月10日 16:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに夜中に通った橋。
1
大杉明神へも立ち寄りました。
全高40m、胴回り1.5m。
おおきすぎ。。。ぁ〜ぃ!
2016年10月10日 16:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉明神へも立ち寄りました。
全高40m、胴回り1.5m。
おおきすぎ。。。ぁ〜ぃ!
狛犬はかなり険しい顔してました。
2016年10月10日 16:56撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狛犬はかなり険しい顔してました。
宮川ダム
2016年10月10日 17:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮川ダム
ダムカード集めてないですけど、結構回り道させられる様です。
2016年10月10日 17:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムカード集めてないですけど、結構回り道させられる様です。
工事中か。
2016年10月10日 17:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工事中か。
奥伊勢フォレストピアにて入浴。
疲れが取れました!
が、その後、亀山JCT渋滞にハマるとは。。。
2016年10月10日 18:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥伊勢フォレストピアにて入浴。
疲れが取れました!
が、その後、亀山JCT渋滞にハマるとは。。。
1
撮影機材:

感想/記録

3連休に涸沢、穂高だ!と気合いを入れる筈が、雨で完全に肩すかしを食らってしまい、最後の1日をどうにかすべく、以前友人が話していた大杉谷峡谷を訪ねる事にしました。
なかなかアップダウンの激しいコースに悪戦苦闘。
また濡れた路面は気をつけても滑り、2度の転倒で少し痛い打撲。ここで少し気づいたのですが、靴自体が滑ると言うより装備していたゲイターの靴の下をくぐるゴムが原因ではないかと思ったのです。このゴム紐が意外と厚みがあるので、岩にここだけが接地した場合に滑ったのではないか?と。実際靴底だけだとそれ程滑らなかったりするので、もしかしたらですが。
結局打撲で少し体力を削られた事もありましたが、光滝へもその手前にあった大きな崩壊跡のアップダウンがあり、予想以上にタフなコースで疲れました。
ですが、やはり滝が高低差があり、見る価値があるなと思いました。
帰途の温泉ではゆっくりと疲れが取れる温度で満足しましたが、亀山JCT付近の渋滞にハマり大変でした。
やはり3連休は侮れませんね。

追記10/11。
写真は消失していなかった事が判明したので、写真を追加いたしました。イエイ^^b
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

崩落 東屋 登攀 渓谷 涸沢
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ