ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978483 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八幡平・岩手山・秋田駒

【紅葉から一気に雪山へ】八幡平〜大深岳〜岩手山【裏岩手縦走】

日程 2016年10月08日(土) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー Gipfel
天候10/8 rain
10/9 cloud/suncloud/rainsnow
10/10 snowsun
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:高速バス 新宿駅バスタ 22:20-06:00 盛岡駅西口 9,500円
   路線バス 盛岡駅東口  09:10-10:55 八幡平頂上 1,300円
        http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/4967/
復路:路線バス 相の沢温泉前 09:41-10:25 盛岡駅 950円
        http://www.iwatekenkotsu.co.jp/morioka.html#sizukuisi
   新幹線  盛岡     13:29-16:44 東京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

3日目
山行
3時間49分
休憩
45分
合計
4時間34分
八合目避難小屋05:1205:26不動平避難小屋05:26不動平05:40焼走り分岐05:53岩手山06:12岩手山神社奥宮06:31不動平07:0307:10鬼ヶ城分岐07:39笠締08:01大滝展望台09:03岩手山御神坂登山口09:1609:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報開運の湯(盛岡駅から徒歩15分)
http://www.kaiunnoyu.com/ryoukin.html
料金:600円
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

まずは八幡平頂上へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは八幡平頂上へ
1
コンクリートで固められた石畳を登っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリートで固められた石畳を登っていく
1
あっという間に山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に山頂
3
鏡沼
ほとんど見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡沼
ほとんど見えない
しばらく舗装路を下っていき、
いよいよ裏岩手縦走へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく舗装路を下っていき、
いよいよ裏岩手縦走へ
水浸しの登山道を歩いて行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水浸しの登山道を歩いて行く
1
もはや小川になっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはや小川になっている
ドンドンと水量が増えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドンドンと水量が増えてきた
3
無事に小屋へ到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に小屋へ到着!
1
源太ヶ岳へは行かずに、三ツ石山荘方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源太ヶ岳へは行かずに、三ツ石山荘方面へ
1
右は秋田駒ヶ岳方面
今回は岩手山を目指すので左手へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は秋田駒ヶ岳方面
今回は岩手山を目指すので左手へ
雲の切れ間からの紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の切れ間からの紅葉
2
シャクナゲの花が咲いている!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの花が咲いている!
2
三ツ石の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ石の三角点
1
赤い砂礫地を登り…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い砂礫地を登り…
岩峰を右から巻いて…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰を右から巻いて…
1
裏から登ると三ツ石山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏から登ると三ツ石山
1
水はけの良い道を下っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水はけの良い道を下っていく
水際の三石山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水際の三石山荘
1
振り返って避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って避難小屋
1
やや痩せ尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや痩せ尾根
これが見たかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが見たかった!
3
赤まり始めている尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤まり始めている尾根
4
ダケカンバの紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバの紅葉
1
姥倉山の紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥倉山の紅葉
1
ミヤマリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ
犬倉山
せっかくなので、周回路を歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬倉山
せっかくなので、周回路を歩く
1
犬倉山の展望台から歩いてきた縦走路を見る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬倉山の展望台から歩いてきた縦走路を見る
1
人がいっぱい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人がいっぱい
とてもきれいな水!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とてもきれいな水!
1
ここにザックを置き、ちょっと寄り道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにザックを置き、ちょっと寄り道
予想より距離があった姥倉山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想より距離があった姥倉山
1
歩いてきた縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた縦走路
1
岩手山は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩手山は雲の中
ザックを拾って先へ進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックを拾って先へ進む
黒倉山へ立ち寄る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒倉山へ立ち寄る
1
踏み跡がバラけていたので、適当に登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡がバラけていたので、適当に登る
黒倉山
このあたりは"倉"という名が入っている山がとても多い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒倉山
このあたりは"倉"という名が入っている山がとても多い!
毒ガスが出ていそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毒ガスが出ていそう
針葉樹の深緑と、ダケカンバの黄色のまだら模様が面白い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹の深緑と、ダケカンバの黄色のまだら模様が面白い
巻道と合流し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道と合流し
すぐにまた分岐
もちろん、鬼ヶ城経由で登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにまた分岐
もちろん、鬼ヶ城経由で登る
ガスが出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが出てきた
一番の難所?
黄色の矢印の長さが30mほど
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番の難所?
黄色の矢印の長さが30mほど
4
噴石が積み重なったもの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴石が積み重なったもの?
御神坂の下降点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神坂の下降点
不動平避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動平避難小屋
雪が降り出してきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が降り出してきた
不動平避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動平避難小屋
お鉢めぐりスタート
風が強すぎてカメラがブレる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢めぐりスタート
風が強すぎてカメラがブレる
4
吹雪のお鉢めぐり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹雪のお鉢めぐり
3
岩手山 山頂
御来光どころではなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩手山 山頂
御来光どころではなかった
10
岩手山神社奥宮
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩手山神社奥宮
5mほどの石柱
昭和二年に担ぎ上げてきた!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5mほどの石柱
昭和二年に担ぎ上げてきた!?
お鉢めぐり終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢めぐり終了
2
御神坂へ下山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神坂へ下山開始
1

感想/記録
by Gipfel

とにかく縦走したくなったので、3連休で歩けるコースということで裏岩手縦走路を歩くことにしました。

出発前夜に夜行バスのチケットを取り、ドタバタで山行の準備をしてバスタ新宿から出発しました。
翌朝6時には盛岡駅に着き、八幡平行きのバスへ乗り換えました。
乗り換え時間はあまりにも長かったので、盛岡駅構内をウロウロしていました。

八幡平頂上というバス停で下車し、まずはバッチを購入しました。
本当の八幡平頂上は北へ少し行ったところにあるので、立ち寄りました。
山頂への道はコンクリートで固められた石畳で登山道というよりも遊歩道と言ったほうが適切かもしれません。

ガマ沼経由で山頂に登り、下りはメガネ沼経由で戻りました。
バスを降りた場所を通過し、藤七温泉方面へ舗装路を20分ほど下っていくと、裏岩手縦走路の入口がありました。
舗装路には歩道が無く、ガスもかかっていたので、車に轢かれやしないか心配でした。

縦走に入るとすぐに土の道になり、道幅も人が一人通れる幅になりました。
それほどアップダウンもなく、畚岳の分岐に着きました。
山頂までは片道5分ほどで登ることができました。
山頂部には植物が生えていないので、晴れていれば好展望地のようでした。

針葉樹林帯の道を黙々と進んでいき、今までよりやや登り応えのある緩やかなアップダウンを繰り返すと諸檜岳でした。
この先は木々の高さが低くなり、西側からの風を受けるようになりました。

降り続いた雨で増水した石沼は、木道まで水没させる勢いでした。

一日目は大深山荘で一泊することにしました。
小屋に着いたときには既に10人以上が到着済みでした。
その後は誰も来ることはありませんでした。

【2日目】

夜中には大雨が降っていましたが、夜明けとともに雨は止みました。
小屋の前の増水していた登山道の水も、ほとんど流れておらず安心しました。

なだらかな尾根道をしばらく登っていくと、源太ヶ岳の分岐がありました。
道標に岩手山の表記が無かったので、地図を見直してみると、三ツ石山荘方面へ行けば良いようでした。

分岐からすぐに大深岳の山頂でした。
流石に晴れることはなく、展望はありませんでした。

なだらかな坂を下っていくと、秋田駒ヶ岳との分岐でした。
前を歩いている中年夫婦は秋田駒ヶ岳方面へ向かいましたが、
自分は岩手山方面なので、左手方向へ進みました。

徐々に天候が回復してきて、時折は山の斜面が見えるようになってきました。
小畚山に登ると1kmほど先も見え、オレンジ色に染まった斜面を見ることができました。

ちょっとしたピークの三ツ石三角点までは、それほど時間もかからずに行けました。
避難小屋まですぐに行けるのかと思いきや、三ッ石山までは意外と距離があり、
三ツ石避難小屋では小屋の中に入り、小休憩を取りました。

小屋には停滞することに決めたオジさんが二人で楽しそうに話していました。

大松倉山まで、なだらかに登っていくと、そこから先は痩せ尾根気味になっていましたが、
登山道の幅はしっかりあり、危険な所は全くありませんでした。

犬倉山分岐では網張温泉から登ってくる登山者が多くいました。
親子連れもいるところを見ると、人気のハイキングコースのようです。

大倉山は遠回りですが、せっかくなので山頂へ立ち寄りました。
山頂部は周回コースになっていて、東側からは麓の網張元湯が見えていました。

風が強かったので、写真を撮ったらすぐに出発しました。
次の鞍部には水場があったので立ち寄りました。
縦走路から30mほどの距離でしたが、とてもきれいな水でした。

ここからやや急な坂を登っていくと姥倉山の分岐がありました。
せっかくなので、姥倉山も登りました。
ザックを置き、ハイマツの道をダラダラと進んでいくと、控えめな山頂がありました。

すぐに歩いてきた道を戻り、ザックを拾って先へ進みました。
賽の河原とでも言うような、ゴロゴロと石が転がっているところを歩いていくと
また、分岐があり片方は巻道でしたが、これもまたせっかくなので、山頂へ行くことにしました。
黒倉山はほとんど登る人がいないのか、岩屑の斜面に踏み跡があまりありませんでした。
山頂からは岩手山の西側に大きく口を開けた黙々と蒸気をだす噴火口が見えました。

下りは土の道で、やや荒れているものの、道筋はハッキリとしていました。
巻道と合流したところで、昼食休憩をとりました。

御釜に降りる分岐はもう少し先へ行ったところにありました。
今回は縦走なので、稜線上の鬼ヶ城ルートで行くことにしました。

火口の縁なだけあって、火山性の岩屑でできた痩せ尾根でした。
西からの風がとても強く、岩を通過するときは、ちょっとだけ怖かったです。

なんとか通り抜け、御神坂駐車場への下山道がある分岐を左折し、
下っていくとすぐに不動平避難小屋がありました。

2日目は不動平避難小屋で一泊する予定でした。
しかし、休憩中の方に伝えると、八合目避難小屋は小屋番がいて、
ストーブもあるので、泊まるならそちらの方が快適だと勧められました。
全身がビショビショだったので、15分の距離に快適な宿泊場所があるのなら、自分もそちらに泊まろうと思い、一足先に八合目避難小屋へ向かいました。

なだらか下り道を歩いていくと、避難小屋とは思えないほどの立派な避難小屋がありました。
水場はジャブジャブと水が出ていていました。
小屋についたと同時に雪が降り始めたので、ストーブのある八合目避難小屋まで着てよかったと思いました。

到着したときには、小屋に20人もいませんでしたが、夕方には宿泊者が40人ほどはいたような気がしました。
ストーブの前で服を乾かしていると、不動平避難小屋でストーブを教えてくれた方や、八幡平から同じコースを歩いてきた方も、ストーブで暖をとっていました。
お互いに今まで登った山やこれから登ってみたい山の話ができて楽しかったです。
清水市の方とも話ができ、大無間山の話までできたのは良かったです。
雁ヶ原に行きたいと言っていた方がいましたが、てっきり雁ヶ腹摺山のかと思っていましたが、改めて考えてみると日向山のことを言っていたような気がします。




感想追記中
訪問者数:272人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ