また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

岩手山(いわてさん)

最終更新:Yasuharu
基本情報
標高 2038.2m
場所 北緯39度51分08秒, 東経141度00分03秒
山頂
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

岩手山(いわてさん)は日本の東北地方、奥羽山脈北部にあり二つの外輪山からなる標高2,038mの成層火山。岩手県の最高峰であり、県のシンボルの一つとされている。日本百名山に選定されている。
岩手県八幡平市、滝沢市、雫石町にまたがる。西に姥倉山、大松倉山が続くものの、奥羽山脈の主稜からは離れており、独立峰に近い。東の盛岡側から見る姿は富士山のように長い裾野を引く整った形で、「表岩手」と呼ばれる。南の雫石町や北の八幡平市松尾方面から見ると、外輪山の連なりが凹凸をなし、「裏岩手」と呼ばれる。山域は、1956年(昭和31年)に十和田八幡平国立公園に指定された。山頂には一等三角点『岩手山』(重点整備点)が設置されている
別名に巌鷲山(がんじゅさん)があるが、本来「いわわしやま」と呼ばれていたものが「岩手」の音読み「がんしゅ」と似ていることから、転訛したものだとも言われる。春、表岩手山には雪解けの形が飛来する鷲の形に見えるため、これが山名の由来になったとも伝えられる。静岡県側から見た富士山に似ており、その片側が削げているように見えることから「南部片富士」とも呼ばれる。古名に「霧山岳」「大勝寺山」。俗称に「お山」。「子富士」とペアで「親富士」と表現することもある(原敬句碑より)。
古来から信仰の山で、山頂外輪を取り囲むように石仏、山麓の滝沢村・盛岡市に岩手山神社が祭られる。前九年の役以後、巌鷲山大権現大宮司として伊豆国出身の「栗谷川(厨川、工藤)家」が代々祭事を務めることとされていたが、後に祭祀権をめぐり攻防があった。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「岩手山」 に関連する記録(最新10件)

八幡平・岩手山・秋田駒
  69    28  2 
2017年11月23日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  28    52  6 
2017年11月13日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  47    61  6 
2017年11月12日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  40    31 
2017年11月03日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  48    37  6 
2017年11月03日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  94    80  20 
2017年11月03日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  35    15 
2017年11月03日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  49     56  2 
2017年10月28日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  66    37 
sonmin, その他1人
2017年10月28日(日帰り)
八幡平・岩手山・秋田駒
  21    26 
2017年10月28日(日帰り)
ページの先頭へ