ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 979330 全員に公開 アルパインクライミング大峰山脈

弥山川「双門の滝」滝壺下降情報〜トサカ尾

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー jyunntarou
天候9日曇り 10日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R309ダム湖横駐車スペース(2.3台可)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間27分
休憩
2分
合計
2時間29分
Sスタート地点14:0115:23トサカ尾稜線15:2516:30H1260m 岩の横テン泊
2日目
山行
7時間54分
休憩
3時間49分
合計
11時間43分
H1260m 岩の横テン泊04:0106:01新天女の舞(仮称)06:1207:00ザンキ平08:0108:30双門の滝下降地点08:3109:44双門の滝壺10:1111:39ザンキ平12:4613:07新天女の舞(仮称)13:1313:47H1260m 岩の横テン泊14:3315:32渡渉地点15:4215:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○ダム湖の渡渉は、今回は太もも位でした。(ザックが重いので裸足では足裏が痛いです。)
○出発時間が遅くなったのと風が強くなり、H1260mの岩と樹林帯に囲まれた平坦地でテン泊
○標高1500m辺りの森はとても素晴らしく、「新天女の舞」と勝手に命名しています(^^)/
○ここからザンギ平までのトラバースは、ブッシュもなく素敵な森を抜けていきます。2ヶ所谷を通り抜けます。冬場は危険ですが、無積雪期間は問題なく通れます。(道はありません)
○ザンキ平から、元河原小屋谷方面に一般道を降りて行き、鎖場を通り抜け、道が左に曲がる地点から、下降を始めました。
○最初は右方向に急斜面を斜めトラバースをし、しばらくすると急斜面を谷底目指して降りて行きます。
●前日にかなりの降雨があり、斜面はドロドロで非常に滑りやすく、岩も脆いです。この辺りからロープで懸垂します。
●上部7m懸垂  中部50m懸垂 下部6m懸垂 合計70mのロープを使用。
〇前日の降雨で双門の滝は、轟音を立ててダイナミックに滝壺に水を落としていました。周りは50m〜80m前後の垂直岩壁に囲まれて「荘厳」な世界です。
●登り返しが、岩場やルンゼに草付の急斜面がドロドロで、ゴルジュハンマーとチェーンスパイクが大変役に立ちました。(アッセンダーも役に立ちました)
●降雨後は、大変危険です。ロープ等登攀用具が無ければ難しいルートでした。(降雨後でなくても ロープは必須です)
※ロープ無しでも行けるという情報もありますが、フリーで気軽に立ち入るべきではないと私は思いました。一滑りでアウトですから・・・。
●ザンキ平は標高1420mチョイ。双門の滝壺は標高1230mでした。(高度計より)その差、約200mです。垂直気味なこの約200mの登降は、キツかったです💦
※公称落差60mの双門の大滝ですが、高度計で計ると40m程でした。

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 ガムテープ 保険証 携帯 時計 タオル カメラ テント テントマット シェラフ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング アッセンダー ハンマーバイル・チェーンスパイク 長袖シャツ 長袖インナー ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ハンマーバイル

写真

ダム湖の渡渉です。
2016年10月09日 14:04撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム湖の渡渉です。
5
ちべたい(冷たい)&足裏ツボ足健康ツボが刺激(/ω\)
2016年10月09日 14:09撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちべたい(冷たい)&足裏ツボ足健康ツボが刺激(/ω\)
6
ふぇー。腰下辺りまで水没ぅ。
2016年10月09日 14:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふぇー。腰下辺りまで水没ぅ。
3
ひぇー。ボッカ訓練ですぅ・・・
2016年10月09日 14:29撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひぇー。ボッカ訓練ですぅ・・・
5
24kg(55Lザックがパンパン)がずっしりと・・・
2016年10月09日 14:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
24kg(55Lザックがパンパン)がずっしりと・・・
8
ドラゴンボール見っけ!(きれいなキノコ)
2016年10月09日 15:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドラゴンボール見っけ!(きれいなキノコ)
7
いつの間にかロープが設置されていました。ありがとうございます(^^)/
2016年10月09日 15:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつの間にかロープが設置されていました。ありがとうございます(^^)/
4
オクトパスも健在です。
2016年10月09日 16:08撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オクトパスも健在です。
2
強風と日没寸前で、ココにテン泊。またもや「新天女」にテン泊できず・・・
2016年10月09日 17:01撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風と日没寸前で、ココにテン泊。またもや「新天女」にテン泊できず・・・
6
至福の時間。
2016年10月09日 17:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至福の時間。
4
寒い中、午前4:00出発です。
2016年10月10日 04:02撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒い中、午前4:00出発です。
3
黎明の大普賢岳
2016年10月10日 05:15撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黎明の大普賢岳
6
2年前に厳冬期用に自分が付けた赤テープが白くなっても残っていました。
2016年10月10日 05:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年前に厳冬期用に自分が付けた赤テープが白くなっても残っていました。
7
新天女とかってに命名(*´▽`*)
2016年10月10日 06:04撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新天女とかってに命名(*´▽`*)
5
朝でーす。のびのび体操(^^)/
2016年10月10日 06:06撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝でーす。のびのび体操(^^)/
10
待望の日の出。お天気になりそう。
2016年10月10日 06:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待望の日の出。お天気になりそう。
7
朝日で影絵(遊ばんと先を急ぎなさーい)
2016年10月10日 06:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日で影絵(遊ばんと先を急ぎなさーい)
6
百均で買ったリボンは、色もしっかりと赤色のまんまで変わっていませんでした。(ココはマイルート(笑)
2016年10月10日 06:18撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百均で買ったリボンは、色もしっかりと赤色のまんまで変わっていませんでした。(ココはマイルート(笑)
5
稲村ヶ岳
2016年10月10日 06:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳
5
ザンキ平に到着(^^)/
2016年10月10日 07:00撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザンキ平に到着(^^)/
4
季節限定ハローウィン仕様ランチパック
2016年10月10日 07:03撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
季節限定ハローウィン仕様ランチパック
6
さて、㊙ルートから下降です。帰り道が判るようにテープをつけて行きます。(その後、赤ガムテープを途中の崖から落下、バウンドして100m以上堕ちて行きました💦)
2016年10月10日 08:35撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、㊙ルートから下降です。帰り道が判るようにテープをつけて行きます。(その後、赤ガムテープを途中の崖から落下、バウンドして100m以上堕ちて行きました💦)
4
斜面はドロドロ。最初の懸垂です。
2016年10月10日 08:47撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面はドロドロ。最初の懸垂です。
4
ココは、「登り返せるの?」って不安になった懸垂場。
2016年10月10日 09:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココは、「登り返せるの?」って不安になった懸垂場。
1
20mロープの長さが足らないのでジョイントします。+30m
2016年10月10日 09:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20mロープの長さが足らないのでジョイントします。+30m
3
途中の立木がランニングビレイ?
2016年10月10日 09:22撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の立木がランニングビレイ?
3
おおっ!見えてきましたよ!
2016年10月10日 09:24撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ!見えてきましたよ!
8
絶壁に囲まれています。
2016年10月10日 09:27撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶壁に囲まれています。
6
最後の懸垂は、クライミングロープを使い切ってしまいましたので、ホームセンターのロープ(20mダブル)で
谷底へ軟着陸できました。
2016年10月10日 09:42撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の懸垂は、クライミングロープを使い切ってしまいましたので、ホームセンターのロープ(20mダブル)で
谷底へ軟着陸できました。
5
音と水しぶきが凄いです。
2016年10月10日 09:44撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音と水しぶきが凄いです。
7
写真に納まり切りません。
2016年10月10日 09:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真に納まり切りません。
10
双門の滝は、このような絶壁を斧で割ったように流れています。
2016年10月10日 09:47撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双門の滝は、このような絶壁を斧で割ったように流れています。
4
パノラマ連結2枚でやっと全容が写せました(^^)/
2016年10月10日 09:47撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ連結2枚でやっと全容が写せました(^^)/
13
降雨後ですから水量が凄いですね。どどどどどーん!
2016年10月10日 09:50撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降雨後ですから水量が凄いですね。どどどどどーん!
4
絶壁・絶壁・絶壁。高さは80m位でしょうか?
2016年10月10日 09:52撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶壁・絶壁・絶壁。高さは80m位でしょうか?
2
パノラマ3連結です。
2016年10月10日 09:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ3連結です。
4
ジャムパンの気持ち
2016年10月10日 09:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャムパンの気持ち
4
補修したチェーンスパイク君。登攀頼みますよ(^^)/
2016年10月10日 10:01撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
補修したチェーンスパイク君。登攀頼みますよ(^^)/
5
「お湯」ですが、こういう所で飲むと「うんまい!」とのんびりしていたら、上から落石!!!間一髪1m差で難を逃れましたっ💦
2016年10月10日 10:06撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「お湯」ですが、こういう所で飲むと「うんまい!」とのんびりしていたら、上から落石!!!間一髪1m差で難を逃れましたっ💦
8
ゴルジュハンマー必須なコースでした。
2016年10月10日 10:35撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュハンマー必須なコースでした。
2
ご覧の様に足場は本当に不安定です。じゅるじゅるです。
2016年10月10日 10:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご覧の様に足場は本当に不安定です。じゅるじゅるです。
3
ランニングビレイ回収が大変でした。なんせ足場がぁ…ヌルヌル。いつ堕ちても不思議はありません。
2016年10月10日 10:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランニングビレイ回収が大変でした。なんせ足場がぁ…ヌルヌル。いつ堕ちても不思議はありません。
1
ひぇー。アンカーに戻れましたっ(-_-;)
2016年10月10日 10:45撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひぇー。アンカーに戻れましたっ(-_-;)
3
ココからはフリーで上がります。ゴルジュハンマーが大活躍でした。
2016年10月10日 11:03撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココからはフリーで上がります。ゴルジュハンマーが大活躍でした。
2
「道との遭遇」やれやれです。チョイとアドレナリン出ましたっ(笑)
2016年10月10日 11:24撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「道との遭遇」やれやれです。チョイとアドレナリン出ましたっ(笑)
3
迷いだけのマイ・トラバースコースの輝く草原。
2016年10月10日 12:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迷いだけのマイ・トラバースコースの輝く草原。
3
ブッシュもなく、まったく静かでよい所ですよ(^^)/
2016年10月10日 12:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブッシュもなく、まったく静かでよい所ですよ(^^)/
4
・・・しかし、キツカッタなぁ。双門の滝壺探索・・・まったり新天女で 心を和ませます。
2016年10月10日 13:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・しかし、キツカッタなぁ。双門の滝壺探索・・・まったり新天女で 心を和ませます。
7
今年は紅葉が遅いですね。ココは四季折々素晴らしい森ですよ。
2016年10月10日 13:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は紅葉が遅いですね。ココは四季折々素晴らしい森ですよ。
4
大峰の烏帽子 行者還岳。
2016年10月10日 13:24撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰の烏帽子 行者還岳。
5
キノコにょきにょき。
2016年10月10日 13:42撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコにょきにょき。
3
荷が重いので、4mのキレット「よいしょっ!」
2016年10月10日 14:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷が重いので、4mのキレット「よいしょっ!」
2
ううう。渡渉です。
2016年10月10日 15:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ううう。渡渉です。
4
沢靴持って来ていますので、履き替えます。
2016年10月10日 15:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢靴持って来ていますので、履き替えます。
2
ジャブジャブ
2016年10月10日 15:41撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャブジャブ
6
はい、たっち。
2016年10月10日 15:45撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、たっち。
6
ワイパーに「ヤマレコユーザーさん」からメモ書きが挟まっていました(^^)/ ありがとうございます。
2016年10月10日 18:01撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワイパーに「ヤマレコユーザーさん」からメモ書きが挟まっていました(^^)/ ありがとうございます。
12

感想/記録

ちょっと危なげな「双門の滝壺探険」でした。
でも、絶壁に囲まれた大自然の中、大轟音を発して堕ちるダイナミックな大滝の目の前で、しばし絶句して「ぽかーん」とあっけにとられてしまうほどの感動を受けました。

※降雨後の探検は非常に危険です。行かれる方は、どうぞ細心の注意を払って「安全」に気をつけて「双門大滝滝壺」を訪問してくださいね。
荘厳の世界の動画です。↓


訪問者数:296人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/11
投稿数: 1102
2016/10/11 21:33
 迷ヶ岳
jyunntarou先生、こんばんは。
迷いは良いとこだった!のをすっかり忘れていました!迷いの稜線から修覆山・・・また思い出したかのように行ってみたくなりました!綺麗なとこですよね〜。滝壺?それは無理です〜、50mを越える懸垂なんて!行ったら這い上がれません!今回ほんと良いもの見せて頂きました。今度、上(テラス)から見るときは「あんなとこ行く人おるんやな〜・・・」って思うでしょうね!?お疲れ様でしたっ!
登録日: 2013/9/30
投稿数: 603
2016/10/12 19:21
 Re: 迷ヶ岳
akiras さん こんばんは。
すっかり涼しく(寒い?)なりましたね。遅れている紅葉前線も一気に南下しそうです(^^)/
行者還にやや面倒なコースで子狸さんとご一緒に登られていたのですね。
実は十年ほど前に、あの尾根に曲がって這い上がる道を見落として谷通しで登ったことがあります(笑) 詰めていくと関電巡視路に飛び出しました(/ω\)
狸さんメモ ありがとうございました。心がほっとしました

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ