ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982768 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

楓沢周回

日程 2016年10月13日(木) [日帰り]
メンバー bigbang, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
9分
合計
6時間57分
Sスタート地点09:0409:45楓沢09:4813:18風不死岳方向分岐15:06楓沢15:1216:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

苔のどべん洞門のアドベンチャーワールドの始まり。
2016年10月13日 09:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔のどべん洞門のアドベンチャーワールドの始まり。
1
おとぎの世界に紛れ込んだよう。
2016年10月13日 09:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おとぎの世界に紛れ込んだよう。
最初の崖、ここは左に巻く。
2016年10月13日 09:27撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の崖、ここは左に巻く。
この辺りが一番深い谷部分か?
2016年10月13日 09:45撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが一番深い谷部分か?
1
崖で行き止まり。迂回のピンクテープへ。
2016年10月13日 10:21撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖で行き止まり。迂回のピンクテープへ。
左手にピンクテープあるが、ここは右側の沢を選択し、進む。
2016年10月13日 11:45撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手にピンクテープあるが、ここは右側の沢を選択し、進む。
右と左の沢に分かれるが左へ。
2016年10月13日 11:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右と左の沢に分かれるが左へ。
沢に沿って更に進む。左手にピンクテープあったが藪で沢に戻った。
2016年10月13日 11:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に沿って更に進む。左手にピンクテープあったが藪で沢に戻った。
さすがにこの先は無理か、少し戻り尾根に出る。
2016年10月13日 12:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがにこの先は無理か、少し戻り尾根に出る。
尾根に出る。
2016年10月13日 12:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出る。
この下の沢から上がってきた。
2016年10月13日 12:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下の沢から上がってきた。
支笏湖。ここから見ると神秘の美しさ。
2016年10月13日 12:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支笏湖。ここから見ると神秘の美しさ。
2
風不死岳。
2016年10月13日 12:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風不死岳。
登山道に出た。
2016年10月13日 13:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に出た。
少しで分岐、ここから樽前駐車場までの道を行く。
2016年10月13日 13:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しで分岐、ここから樽前駐車場までの道を行く。
1
例の溶岩台地の下り。
2016年10月13日 13:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例の溶岩台地の下り。
ここから再び楓沢に降りてゆく。
2016年10月13日 13:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから再び楓沢に降りてゆく。
雰囲気のいいところを歩く。ピンクテープが短いピッチで付いている。
2016年10月13日 13:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気のいいところを歩く。ピンクテープが短いピッチで付いている。
歩く人が増えて道になっている。
2016年10月13日 13:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩く人が増えて道になっている。
おいしそうで食べられそうだが、、、カキシメジ?
2016年10月13日 14:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おいしそうで食べられそうだが、、、カキシメジ?
1
ここは、青テープのようにこの沢に降りた方が登りもなく、近道だった。
2016年10月13日 14:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、青テープのようにこの沢に降りた方が登りもなく、近道だった。
撮影機材:

感想/記録

人気になっている楓沢を気軽に散策したいと思い、沢を登って登山道まで出て、樽前山の火山の大斜面を望み、違うルートでまた楓沢に戻ってくるコースを楽しんだ。楓沢の先はいろいろ枝分かれしているが、どれも樽前ー風不死の岳の登山道に出るのでお好みだが、風不死岳を目指すなら、右側の沢をのぼり詰めた方が距離短縮になる。ピンクテープのある左側から平坦地に出るルートは、遠回りだがシラタマノキが咲き乱れる花園が続き、天上の雰囲気を味わえる。
訪問者数:107人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

近道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ