ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983563 全員に公開 沢登り丹沢

牧馬沢/道志川水系/丹沢

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー kawamasa(CL), その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青野原オートキャンプ場 駐車場500円+利用料100円@人数
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:15 青野原オートキャンプ場 ⇒ 8:30 さらさら滝 ⇒ 8:36 大滝 8:42 ⇒ 8:51 巻き開始 ⇒ 10:10 県道10:20 ⇒ 11:21 二俣(285m付近)11:50 ⇒ 12:35 県道 ⇒ 13:07 オートキャンプ場
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

つり橋で道志川を越える
2016年10月16日 08:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つり橋で道志川を越える
1
堰堤が見えている
2016年10月16日 08:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤が見えている
1
堰堤をかわし入渓
水は伏流となっている
2016年10月16日 08:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤をかわし入渓
水は伏流となっている
1
しばらく行くと水が表面に出てくる
2016年10月16日 08:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと水が表面に出てくる
1
さらさら滝と言うそうだ
2016年10月16日 08:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらさら滝と言うそうだ
1
さらさら滝の上を右に曲がると大滝
実にみごと、実に優美
2016年10月16日 08:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらさら滝の上を右に曲がると大滝
実にみごと、実に優美
2
18メートルくらいかなぁ
2016年10月16日 08:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18メートルくらいかなぁ
2
大滝の周りは回廊のようになっていて、いずれも登攀は無理っぽく引き返す
2016年10月16日 08:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝の周りは回廊のようになっていて、いずれも登攀は無理っぽく引き返す
2
さらさら滝の上部に右(左岸側)から入ってくる支沢から巻く
2016年10月16日 08:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらさら滝の上部に右(左岸側)から入ってくる支沢から巻く
1
支沢の左岸側の尾根に取り付く。見た感じ、嫌な予感がするので、念のためロープを引く。思ったとおり、この巻きが実に悪い
2016年10月16日 09:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支沢の左岸側の尾根に取り付く。見た感じ、嫌な予感がするので、念のためロープを引く。思ったとおり、この巻きが実に悪い
1
50メートルロープ、ほぼいっぱいで、斜面を横切る獣道に出る
2016年10月16日 09:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50メートルロープ、ほぼいっぱいで、斜面を横切る獣道に出る
1
支沢に平行している獣道沿いにしばらく進み、再び、尾根を上がる。県道直下は廃棄物の山
2016年10月16日 10:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支沢に平行している獣道沿いにしばらく進み、再び、尾根を上がる。県道直下は廃棄物の山
1
県道に出る
この高巻きに約一時間
2016年10月16日 10:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道に出る
この高巻きに約一時間
1
県道の310メートル付近から南南西に延びる尾根筋は、工事現場となっている
2016年10月16日 10:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道の310メートル付近から南南西に延びる尾根筋は、工事現場となっている
1
一応尾根筋
下降路は、斜度がきつく、懸垂な感じなので、県道に戻り、もう少し先の道から沢への復帰を目指す
2016年10月16日 10:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応尾根筋
下降路は、斜度がきつく、懸垂な感じなので、県道に戻り、もう少し先の道から沢への復帰を目指す
1
害獣駆除の猟犬を運ぶトラック
2016年10月16日 11:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
害獣駆除の猟犬を運ぶトラック
1
285メートル分岐手前で、ワンタンを食し遡行終了
2016年10月16日 11:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
285メートル分岐手前で、ワンタンを食し遡行終了
2
アンテナつきの猟犬
2016年10月16日 12:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンテナつきの猟犬
1
スコープだけで30万円だとか (@_@)
2016年10月16日 12:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スコープだけで30万円だとか (@_@)
2
県道を戻り、途中からオートキャンプ場(駐車場所)を望む
2016年10月16日 12:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道を戻り、途中からオートキャンプ場(駐車場所)を望む
1
撮影機材:

感想/記録

左側の手足の靭帯を痛めてから、久々の沢登りであった。

遡行を開始し、すばらしい大滝を見ていると、徐々に、「勘」らしきものが蘇って来るような気もするが、それは「錯覚」にすぎないような気もする。

大滝のエリアは回廊のように垂壁に囲まれているので、左右ともに登攀は難しい。F1(さらさら滝)の上部に戻り、右岸と左岸を見回す。地形図を見れば、右岸側は等高線が込み入って岩壁もあるようだし、左岸側を行くなら大滝の右側にある垂壁を大きくかわす必要がある。どちらにしても、大高巻となるが、地形図からは、より安全性の高いと思われる左岸から県道に出て地形図上の破線ルートから沢に復帰を目指す選択をした。

F1上部の北西に切れ込む支沢を少し遡上し一服入れる。一服後、左岸の尾根を攀じることとするが、木も適度に生え、見た目はなんともない感じの尾根に見える。けれど、悪い予感がするので、ロープを引いていく。案の定、ザレのステップは信頼が置けず、岩はボロボロ、20メートルほど上がったところからのトラバースもホールドとなる岩に信頼が置けず、緊張を強いられる。久しぶりの沢登りの身には、やや厳しめの登攀になった。

県道310メートル付近から南南西に伸びる破線ルートは工事中で荒れており、その先の325メートル付近の実践ルートから沢に降りようと思ったが、害獣駆除のハンター数人が、それぞれの尾根筋で、沢に向かってライフルや散弾銃を構えており、邪魔になるだろうし、誤射されてはかなわないため、285m二俣付近で、UEさんの温かい雲呑を頂き、遡行終了とした。

沢登りとしては、実質的に大滝+高巻だけで消化不良ではあったが、ハンターのおじさんとの会話と、靭帯損傷の回復に目途が立った実感を得たことが今回の収穫。

徐々に、沢の「勘」を取り戻していこうと思う
訪問者数:121人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ