ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988298 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

千足尾根〜馬頭刈尾根〜大岳山〜大ダワ〜クロノ尾山〜中尾根

日程 2016年10月21日(金) [日帰り]
メンバー katsudon
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:武蔵五日市駅からバスで千足バス停下車(1個手前のバス停が近い)
帰り:神戸岩入口バス停から武蔵五日市駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
1時間2分
合計
7時間15分
S千足バス停08:1608:22茅倉の滝08:2308:40山道に進入08:54千足尾根上09:39馬頭刈尾根合流09:43鶴脚山09:4410:18小屋ノ沢山10:23千足分岐10:2510:49富士見台11:0011:17白倉への分岐11:1811:47大岳山12:2213:26大ダワ13:50鞘口山(太郎指ノ峰・大平ノ峰)13:5614:14クロノ尾山14:1714:28大ムレノ山の神15:06林道に下り立つ15:0815:31ゴール地点(神戸岩入口バス停)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
クロノ尾山からの中尾根は道標は一切ないが、途中に間違えやすいような枝分かれの尾根もなく、たまにリボンもあり、道迷いの心配はまずなし。危険個所なし。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

千足BS近くの茅倉の滝
2016年10月21日 08:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千足BS近くの茅倉の滝
茅倉の滝。
2016年10月21日 08:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅倉の滝。
千足尾根への取付きは、この脇道を上って行く。
2016年10月21日 08:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千足尾根への取付きは、この脇道を上って行く。
このカーブミラーのところから左折。それらしき案内表示は見当たらない。
2016年10月21日 08:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このカーブミラーのところから左折。それらしき案内表示は見当たらない。
この家の奥に道らしきが見える。ここが山道への取りつき点。
2016年10月21日 08:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この家の奥に道らしきが見える。ここが山道への取りつき点。
最初は竹林の中を進む。
2016年10月21日 08:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は竹林の中を進む。
山道
2016年10月21日 08:48撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道
尾根上に出たところで道標を見る。茅倉と千足バス停の両方の方向が示されているが、自分が登ってきたのは茅倉から。千足バス停の方からも道があるようだ。
2016年10月21日 08:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上に出たところで道標を見る。茅倉と千足バス停の両方の方向が示されているが、自分が登ってきたのは茅倉から。千足バス停の方からも道があるようだ。
馬頭刈尾根も近くなってきて、この辺は気持ち良い笹道。
2016年10月21日 09:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭刈尾根も近くなってきて、この辺は気持ち良い笹道。
馬頭刈尾根に出た。
2016年10月21日 09:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭刈尾根に出た。
鶴脚山
2016年10月21日 09:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴脚山
途中の展望台から
2016年10月21日 10:04撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の展望台から
天狗ノ滝経由千足バス停への分岐
2016年10月21日 10:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗ノ滝経由千足バス停への分岐
つづら岩
2016年10月21日 10:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら岩
大怒田山東峰1050mとあるがおよそピークという感じはない。富士見台のところが1054m大怒田山(西)というのかな。山と高原地図には小怒田ノ尾根の延長線上にあるので小怒田山では? 小があるなら大もあるのかな?
2016年10月21日 10:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大怒田山東峰1050mとあるがおよそピークという感じはない。富士見台のところが1054m大怒田山(西)というのかな。山と高原地図には小怒田ノ尾根の延長線上にあるので小怒田山では? 小があるなら大もあるのかな?
富士見台
2016年10月21日 10:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台
白倉への分岐
2016年10月21日 11:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白倉への分岐
大岳山頂上傍
2016年10月21日 11:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山頂上傍
大岳山山頂。 小学校の遠足で大賑わい。
2016年10月21日 12:21撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳山山頂。 小学校の遠足で大賑わい。
大ダワ
2016年10月21日 13:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ
鞘口山
2016年10月21日 13:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口山
中尾根の道
2016年10月21日 14:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根の道
途中の小さな祠
2016年10月21日 14:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の小さな祠
1
ここら辺は伐採木が散らかっているが大して歩行の妨げにはならず
2016年10月21日 14:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺は伐採木が散らかっているが大して歩行の妨げにはならず
立看板
2016年10月21日 14:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立看板
橋の傍に下り立った。
2016年10月21日 15:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の傍に下り立った。
下り立った辺りの遠景。この建物の裏手に下り立った。
2016年10月21日 15:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り立った辺りの遠景。この建物の裏手に下り立った。
神戸川に沿った林道に出る。この林道の先は神戸岩を経て大ダワに通じている。
2016年10月21日 15:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸川に沿った林道に出る。この林道の先は神戸岩を経て大ダワに通じている。
コミュニティバス。どんなのだろう。
2016年10月21日 15:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コミュニティバス。どんなのだろう。
ゴールの路線バス、神戸岩入口バス停(橋の上)
北秋川に神戸川が合流する地点。
2016年10月21日 15:30撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールの路線バス、神戸岩入口バス停(橋の上)
北秋川に神戸川が合流する地点。
撮影機材:

感想/記録

■月初に腰を傷めたが、そろそろ癒えたかどうか恐る恐る山へ登ってみるることにした。約1か月ぶりの山行でもあるし、直ぐに撤退しやすく地理感のある奥多摩のポピュラーなコースを選んだ。

■まだ千足尾根は歩いたことがなかったので千足バス停を起点にして登ることにした。千足からの登山は天狗ノ滝経由ででつづら岩へ上がるコースが一般的なようで、千足尾根コースは少ない感じ。バス道路から分かれて急坂のコンクリ道に入りしばらく登る。人家の庭みたいな先に山道らしきが見えた。地図と照らして多分これが進入地点だろうと思うも念のためさらに少し行き過ぎて他にそれらしきがあるかなと偵察した。やはりさっきのところしかないだろうと戻って進入した。すぐに竹藪の中の明瞭な道になった。尾根上に乗ったところに道標はあった。道標を見ると反対側西側から登ってくる道があるようだ。山と高原地図では尾根の東側から尾根に乗るように表示されているが、もし、西側からの道があるのであればバス道路から山道への取付きまでの一番欲しい区間での道案内表示が全く見当たらなかったのもうなずける。

■千足尾根を上り詰めて鶴脚山の少し北西の馬頭刈尾根上に出た。鶴脚山ピークを一応踏んでから大岳山へ向かった。
大岳山頂へのルートも今までは常に大岳山荘前経由で登っていたが今回は直登コースを行くことにした。これは分岐点の標識もないので意識していないと見落としがち。尾根を目指して僅かに藪っぽい中に分け入るとすぐにはっきりした尾根道が現れた。頂上に飛び出たら小学校の遠足の集団の到着と重なり混雑していた。

■子供たちの喧騒のなかで昼食を済ませてから奥多摩駅目指して頂上を発った。しかし、何度も歩いたことのある鋸尾根を下るのも面白みに欠けるし、腰の状態は悪くないので方針を変えてクロノ尾山から南東に延びている中尾根を下り神戸岩入口バス停に下ることに計画変更した。中尾根は昔、登りで歩いたことはあるが途中の山の雰囲気は殆ど忘れている。

■クロノ尾山の道標のところから南に下った。一般登山道ではないので表記はない。途中も道標はないがたまにリボンはあるし、はっきりした尾根道で枝分かれの尾根分岐もないので分かり易いし、岩場もなく足に優しい。
水ノ戸沢が神戸川に合流する辺り、ロッジの裏手に下り立った。この景色は記憶に残っていた。あとは林道を下って神戸岩入口バス停にゴールし、西東京バスの武蔵五日市駅行きに乗車した。
訪問者数:119人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ