ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996660 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

玉原:降雪の鹿俣山から尼ヶ禿山へ

日程 2016年11月02日(水) [日帰り]
メンバー kotakky
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玉原センターハウス駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間38分
休憩
1時間27分
合計
7時間5分
Sセンターハウス07:2507:57森林キャンプ場08:09武尊山ルート合流点09:21鹿俣山09:5010:58ぶな地蔵11:0811:28長沢三角点12:0012:36尼ヶ禿山登山口13:09尼ヶ禿山13:2514:10玉原ダムサイト14:30センターハウスG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハイキングコースとして整備されており特に問題なし

写真

朝のセンターハウス駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝のセンターハウス駐車場
落葉の下は水路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉の下は水路
取水堰で登山道合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取水堰で登山道合流
銅金沢沿いを登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅金沢沿いを登る
2
トンネルとなっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルとなっている
1
キャンプ場内を横切る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場内を横切る
スキーパークからの道と合流して鹿俣山へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーパークからの道と合流して鹿俣山へ向かう
ゲレンデ脇を登る場所もある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ脇を登る場所もある
シャクナゲ園地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ園地
1
雪がちらついてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がちらついてきた
1
山頂直下をジグザグに登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下をジグザグに登る
うっすらと雪化粧した鹿俣山山頂  
山頂に着いたら雪は止んだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらと雪化粧した鹿俣山山頂  
山頂に着いたら雪は止んだ
1
玉原湖を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉原湖を見下ろす
1
尼ヶ禿山も北面は白い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山も北面は白い
1
武尊剣ヶ峰もやや白い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊剣ヶ峰もやや白い
遠く志賀高原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く志賀高原
2
仙ノ倉山は真っ白
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山は真っ白
5
子持山と手前は戸神山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子持山と手前は戸神山
1
関東平野は晴れている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東平野は晴れている
谷川岳も雪化粧  
もう冬山だな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳も雪化粧  
もう冬山だな
5
ブナ平方向に下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ平方向に下山
ここはゲレンデの真ん中が登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはゲレンデの真ん中が登山道
1
ゲレンデからブナ林内へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデからブナ林内へ
玉原で必ず立ち寄るブナ地蔵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉原で必ず立ち寄るブナ地蔵
1
ブナ平は真っ平
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ平は真っ平
2
タコ足の木にもご挨拶
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タコ足の木にもご挨拶
2
長沢三角点でランチタイム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢三角点でランチタイム
玉原発電所へのトンネル手前を左へ折れて尼ヶ禿山へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉原発電所へのトンネル手前を左へ折れて尼ヶ禿山へ向かう
すぐ沢を渡って急な登りとなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ沢を渡って急な登りとなる
お約束のアングル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束のアングル
山頂直下で迦葉山コースと合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下で迦葉山コースと合流
尼ヶ禿山山頂  
天気が良くなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山山頂  
天気が良くなってきた
左端が皇海山とそれに続く袈裟丸連嶺
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左端が皇海山とそれに続く袈裟丸連嶺
2
奥利根源流の山々  
その奥は中ノ岳かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥利根源流の山々  
その奥は中ノ岳かな
2
巻機山  
上越国境は晴れている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻機山  
上越国境は晴れている
2
この平っぽい山は平ヶ岳か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この平っぽい山は平ヶ岳か
1
玉原湖を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉原湖を見下ろす
南側眼下はブナの原生林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側眼下はブナの原生林
4
寒いので早々に下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒いので早々に下山
玉原ダムへ下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉原ダムへ下る
玉原湖周回路に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉原湖周回路に出た
湖畔のカエデは真っ赤っか(^O^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖畔のカエデは真っ赤っか(^O^)/
1
ダムサイトを渡る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムサイトを渡る
迦葉山が目の前  
紅葉もほぼ終わりか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迦葉山が目の前  
紅葉もほぼ終わりか
1
静かな玉原湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな玉原湖
1
ダム名碑とその向こうに尼ヶ禿山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム名碑とその向こうに尼ヶ禿山
周回路を戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周回路を戻る
センターハウス到着  
無事下山(^O^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センターハウス到着  
無事下山(^O^)/

感想/記録

今日は上越国境の三国山方面に行く計画で関越を北上していくと、谷川連峰は真っ白。雪対策などしてなかったので即断念。沼田インターで降りて玉原を歩くことにした。せっかくなので玉原の2峰、鹿俣山と尼ヶ禿山を周回してみよう。

玉原センターハウスに着くとハウスはもう窓に板がはめられて閉鎖されていた。車から降りるとかなり寒い。1枚余計に着込んで出発する。
まずブナ林の中を鹿俣山に向かう。スキー場のゲレンデを横切り、続いてキャンプ場内を通過。緩やかな道を登っていく。
ところがシャクナゲ園地を過ぎたあたりから細かい雪がちらつき始めた。登るにしたがってあたりもだんだん白くなってきた。寒い。仕方なくレインウェアを着込んで登る。
鹿俣山山頂もうっすらと雪化粧していたが、到着すると雪も止み、視界も良くなってきた。曇ってはいるが雲が高いので周りの山々も見渡せる。
谷川連峰は本当に真っ白だった。かなりの積雪だろう。三国山に行ってたらたぶん大変なことになってた。
とにかく寒いので、湯を沸かしてコーヒーを飲んでから下山。ブナ平方向に向かう。
スキー場のゲレンデまで下ってくると雪はもうなくなっていた。降雪は山頂付近だけだったようだ。
どんどん下ってブナ平へ。毎回ご挨拶するブナ地蔵さまに今日もご挨拶。安全登山祈願をする。
その先の長沢三角点峰でランチタイムの大休止。
飯を食って体は温まったところで出発。玉原越えから尼ヶ禿山に向かう。玉原発電所へ通ずるトンネル脇を左に折れ、山に取り付く。
疲れた体に鞭打って登り、大汗をかいて山頂に着いた。
北側が明るいので注視すると巻機や奥利根源流は晴れていて雪もない。が、視線を左に移していくと真っ白な谷川連峰が目の前にあった。やっぱり「魔の山」谷川岳だなぁと思う。
ここも風が冷たく、汗をかいた体にはこたえるので早々に下山。
一旦迦葉山方面に道をとり、玉原ダムに下った。

さすがに2峰登ると歩きごたえがあったが、でも面白かった。
訪問者数:173人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ