ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 996867 全員に公開 ハイキング甲信越

紅葉の弥彦山表参道から八枚沢〜弥彦神社

日程 2016年11月02日(水) [日帰り]
メンバー kitanotazune
天候秋晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR弥彦線終点弥彦駅下車。マイカーは駐車場が完備されています。神社駐車場と競輪駐車場等、合計1.000台は可能でしょう。それでもこの季節は、満車になることも有ります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
45分
合計
5時間0分
Sスタート地点10:2010:40登山口10:50一合目11:00二合目11:10三合目11:20五合目11:3011:40六合目11:45里見の松11:5012:00七合目12:10八合目12:20九合目12:3012:40頂上13:0013:40八枚沢15:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
丹念に整備されています。八枚沢コースは下草刈りも施されていました。
その他周辺情報神社では菊まつり(毎年11月1日から11月24日)、公園ではライトアップで紅葉が楽しめます。温泉施設(弥彦温泉、岩室温泉、寺泊温泉)は豊富にありますので、下山後の楽しみも倍増です。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

駐車場からの入り口。駐車場案内図→http://www.e-yahiko.com/old/map/parking.pdf
2016年11月02日 10:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からの入り口。駐車場案内図→http://www.e-yahiko.com/old/map/parking.pdf
京都嵐山を、菊華で再現。
2016年11月02日 10:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都嵐山を、菊華で再現。
1
農林水産大臣賞
2016年11月02日 10:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農林水産大臣賞
1
弥彦村長賞
2016年11月02日 10:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦村長賞
1
登山口灯篭と鳥居
2016年11月02日 10:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口灯篭と鳥居
登山口
2016年11月02日 10:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
神社駐車場方面
2016年11月02日 10:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社駐車場方面
三合目まで一気に登り、足を慣らします。
2016年11月02日 11:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目まで一気に登り、足を慣らします。
ショートカットの登山道がりますが、危険ですので通常登山道を利用しましょう。多くのけが人が出ております。
2016年11月02日 11:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットの登山道がりますが、危険ですので通常登山道を利用しましょう。多くのけが人が出ております。
1
階段も整備されています。
2016年11月02日 11:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段も整備されています。
最初のショートカットです。ここから登ると、四合目を飛ばして五合目の鳥居に出ます。東北電力の送電線の下を通っています。
2016年11月02日 11:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のショートカットです。ここから登ると、四合目を飛ばして五合目の鳥居に出ます。東北電力の送電線の下を通っています。
五合目ここまで約40分です。
2016年11月02日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目ここまで約40分です。
五合目からのショートカットは、岩場が多く初心者には大変危険を伴いますので、お勧めできません!!自己責任でご利用ください。
2016年11月02日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目からのショートカットは、岩場が多く初心者には大変危険を伴いますので、お勧めできません!!自己責任でご利用ください。
1
橋を渡ると六合目です。
2016年11月02日 11:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると六合目です。
里美の松から蒲原平野(かっては、西蒲原郡だったことから)を望みます。
2016年11月02日 11:38撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里美の松から蒲原平野(かっては、西蒲原郡だったことから)を望みます。
3
ナナカマド(七竃)かな?
2016年11月02日 11:39撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド(七竃)かな?
1
里見の松。屋根つきのベンチが有ります。
2016年11月02日 11:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里見の松。屋根つきのベンチが有ります。
蒲原平野
2016年11月02日 11:41撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒲原平野
1
七合目
2016年11月02日 11:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目
七合目の水場
2016年11月02日 11:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目の水場
八合目
2016年11月02日 11:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目
九合目の少し手前から見える、越後平野。
2016年11月02日 12:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目の少し手前から見える、越後平野。
1
九合目既に一時間半経過・・・・・右はロープウエー乗り場経由で多宝山、左が山頂経由の裏参道、八枚沢方面です。そのまま進めば田浦コースです。
2016年11月02日 12:04撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目既に一時間半経過・・・・・右はロープウエー乗り場経由で多宝山、左が山頂経由の裏参道、八枚沢方面です。そのまま進めば田浦コースです。
1
田浦温泉コースは、上級者コースです。岩場が多いので要注意です。しっかりした装備でご利用ください。
2016年11月02日 12:04撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田浦温泉コースは、上級者コースです。岩場が多いので要注意です。しっかりした装備でご利用ください。
頂上からの日本海展望。遠くに米山も・・・
2016年11月02日 12:18撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの日本海展望。遠くに米山も・・・
2
佐渡島もクッキリでした。
2016年11月02日 12:19撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐渡島もクッキリでした。
1
御神廟 奥の宮。弥彦山頂に鎮座する(位置)。天香山命と妃神熟穂屋姫命の神廟とされる。
2016年11月02日 12:19撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神廟 奥の宮。弥彦山頂に鎮座する(位置)。天香山命と妃神熟穂屋姫命の神廟とされる。
1
明治二十五年六月と刻んであります。こんな重い鳥居をいかにして運んで建立したのでしょうか?
2016年11月02日 12:20撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明治二十五年六月と刻んであります。こんな重い鳥居をいかにして運んで建立したのでしょうか?
「天香語山命」と刻まれています。天香山命(あめのかぐやまのみこと)の変表記で社伝によれば、命は越後国開拓の詔により越後国の野積の浜(現 長岡市)に上陸し、地元民に漁撈や製塩、稲作、養蚕などの産業を教えたとされる。
2016年11月02日 12:21撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天香語山命」と刻まれています。天香山命(あめのかぐやまのみこと)の変表記で社伝によれば、命は越後国開拓の詔により越後国の野積の浜(現 長岡市)に上陸し、地元民に漁撈や製塩、稲作、養蚕などの産業を教えたとされる。
1
我が家がかすんで見えます。
2016年11月02日 12:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我が家がかすんで見えます。
1
テレビ中継基地の工事中でした。弥彦山スカイラインから、工事道路で進入できます。
2016年11月02日 12:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレビ中継基地の工事中でした。弥彦山スカイラインから、工事道路で進入できます。
雨乞山、国上山方面。
2016年11月02日 13:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞山、国上山方面。
八枚沢登山口の滝。
2016年11月02日 13:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八枚沢登山口の滝。
1
観音寺の大仏様
2016年11月02日 14:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音寺の大仏様
銀杏の黄色が映えます。
2016年11月02日 14:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀杏の黄色が映えます。
紅葉も負けじと・・・・
2016年11月02日 14:29撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も負けじと・・・・
1
紅葉が見ごろ、ライトアップもあります。
2016年11月02日 14:43撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が見ごろ、ライトアップもあります。
1
明治天皇北陸巡幸時、岩倉具視右大臣宿泊の邸宅と記載された看板がありました。三時間三十分の山行でした。
2016年11月02日 15:00撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明治天皇北陸巡幸時、岩倉具視右大臣宿泊の邸宅と記載された看板がありました。三時間三十分の山行でした。

感想/記録

雨の間隙を縫って、地元の弥彦山に登ってきました。菊まつりも始まり、駐車場は満車状態ですが、五分も待てば順番が回ってきます(競輪駐車場)。菊を堪能して、いざ出発。日光白根山で剥がれた靴底を、我流で修理したので、若干心配しながらの山行でしたが、問題なく下山できました。もしもに備えて、予備の靴と靴ひもは持参しましたが、それも荷物になりますので、次回は靴ひもだけにします。接着剤の進歩に感激でした。登山靴は命を乗せていますから、重要な装備品です。
訪問者数:154人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ナナカマド 水場 紅葉 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ