ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 弥彦山

弥彦山(やひこやま)

最終更新者 lizhijp
基本情報
標高 634m
場所 北緯37度42分16秒, 東経138度48分33秒
弥彦神社の裏側(西側)にそびえている山。
山頂

弥彦山の日の出・日の入り時刻

03/25(土) 03/26(日) 03/27(月) 03/28(火) 03/29(水) 03/30(木) 03/31(金)
日の出 5時37分 5時36分 5時34分 5時33分 5時31分 5時30分 5時28分
日の入り 18時6分 18時7分 18時8分 18時9分 18時10分 18時11分 18時12分

弥彦山 (標高634m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
5.1
平均気温
1.5
最低気温
-2.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 4 時間/日
降水量 3.7 mm/日
最深積雪 17 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

弥彦山。
いつもお世話になっている弥彦山
大岳から弥彦山
弥彦山
視界が開け、角田山と弥彦山。」

山の解説 - [出典:Wikipedia]

弥彦山(やひこやま)は、新潟県の西蒲原郡弥彦村と長岡市との境界にある標高634mの山である。
越後平野の日本海沿いに連なり、弥彦山塊、弥彦山脈と呼ばれる山並みの主峰。北は角田山(482m)、南は国上山(313m)に連なる。弥彦山自身も、北に位置する多宝山(634m)との双耳峰である。一連の山と共に佐渡弥彦米山国定公園に指定されている。
新潟県の広い地域から見ることができ、弥彦神社の祭神・天香山命を祀った山として、古くから人々の崇敬を集め、山全体が弥彦神社の神域となっている。英彦山、雪彦山と共に日本三彦山と呼ばれる。
海岸よりいきなり突き出した山容をしており、かの深田久弥も著書日本百名山の後書きにて「名山には違いないが絶対的な標高が足りなかった」と述べたように、標高の割に非常に秀麗な山容をしている。
地質的には安山岩、玄武岩、流紋岩など種々の火山岩が分布し、海岸側には枕状溶岩も見られるが、海底火山が隆起した物なのかそれとも別の成り立ちなのか、研究は殆どされていない現状である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「弥彦山」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  29    13 
2017年03月23日(日帰り)
甲信越
  25   3 
2017年03月20日(日帰り)
甲信越
  25    18  5 
2017年03月20日(日帰り)
甲信越
  49   23 
2017年03月20日(日帰り)
甲信越
  62    47 
2017年03月18日(日帰り)
甲信越
  16    14 
2017年03月17日(日帰り)
未入力
  
2017年03月17日(日帰り)
甲信越
  27    7 
2017年03月11日(日帰り)
ページの先頭へ