また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > sola16さんのHP > 日記
2021年01月14日 00:15未分類全体に公開

スタッフとしての葛藤

twitterを閲覧してるときにあるアンケートを見つけて、集計結果を見て見たくて
私も答えてみました。

正直なところでは期間中は登りにいかないを選択してかったが、
仕事の関係でジムにいるので中間取って真ん中を選択しました。


緊急事態宣言の特に
(3)特に夜8時以降の不要不急の外出の自粛

これを守るつもりはサラサラないというのがクライマーってことなのかな?

ここのところお店にも電話がよくかかるようになり、ほぼすべてが営業時間に関する問い合わせです。
正直プロのクライマー(セッター、プロ資格を持つインストラクター含む)以外がインドアでクライミングって不要不急だと私は思います。

なぜならインドアにどうしても来たい方って黙々と課題を登るタイプではなく
仲間内とセッションしながら楽しみたいタイプが多いよう印象を受けます。
平時であればこれは非常に良いことだと思います。

マスクはしてるものの飲料を飲むとき外しそのまま話始める方も多々
緊急事態宣言の目的は人との人との接触を可能な限りなくし、ウィルスの伝番を終息に向かわせることだと

昨年緊急事態宣言出されたときも家でできるトレーニングをしていました。
そのおかげで片腕の懸垂ができるようになりました。
また、自分のフォームの見直しや年間単位でのトレーニングの方法や改めてクライミングや登山に対する今後の向き合い方をじっくりと吟味できる時間として活用しました。

ジムに行けないから弱くなる?なりませんよ。一時的に持久力が落ちるくらいです。
わずか1か月〜数か月程度で根本的に弱くなるのはクライミングに対しての取り組み方が悪いとしか私は思いません。’力’はあくまで登るうえで必要な能力の3割でしかありません。’技術’、’知’と別に家にいても工夫次第で鍛えられることたくさんあります。

今大事なことは自分がかからない、ヒトにうつさないではないでしょうか?
早く自由に登れるようになってほしいからこそ今は我慢が必要なのではないかなって思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:445人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ