また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > 今月のおすすめルート > 皇海山
ルートID: r137 初級 日帰り 関東 2017年10月

皇海山

公開日:2017年10月01日
濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
交通の便が悪く登山口までが核心部と言えるかもしれませんが、それに見合う盛秋の紅葉を存分に楽しむことができる日本百名山です。
ルート長5.8km
登り標高差796m
下り標高差796m
行程概要: 皇海橋 → 皇海山(2144m) → 皇海橋
Web Services by Yahoo! JAPAN

【足尾山塊北部】皇海山の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 盛秋の紅葉
  • 比較的静かな山行が楽しめる
  • 日本百名山
モデルプラン
1日目
歩行時間:5時間10
皇海橋(不動沢登山口)〜二俣〜不動沢のコル〜皇海山〜往路下山〜皇海橋
山と高原地図 《ヤマプラ》
http://yamare.co/SGdOIO
コース概要 皇海橋のたもとにある皇海山登山口から歩き始める。
わずかに林道を進むが、すぐに沢筋の道となり何度か渡渉を繰り返しながら徐々に標高を上げていく。
やがて涸れた沢のガレ場を詰めあがると、やや荒れた急な斜面を登るようになる。
所々にロープが設置してあるのでスリップに注意しながら登っていく。
主稜線直下の急登を終えれば不動沢のコルに到着する。
ここからは樹林帯の緩やかな登りとなり、山頂直下の岩場混じりの道となれば再度急な登りになる。
これを登り切ると不動沢のコルから1時間ほどで皇海山の山頂に到着する。
下山を往路を慎重に下って登山口へと戻る。
計画書提出先 群馬県警察本部または沼田警察署地域課
※登山口に登山計画書提出ポストあり
宿泊 なし
交通 JR上越本線沼田駅が最寄駅だがバス・タクシーとも登山口周辺までの運行は無い。
駐車場 登山口までの栗原川根利林道は路面状況が悪く車高の低い車の場合は注意が必要だ。
皇海橋に駐車場あり。
林道の最新情報は下記を参照のこと。
http://www.city.numata.gunma.jp/kanko/sukai/index.html
※登山口までの栗原川林道は土砂崩れなどで通行止めになることが多い。
※ほぼ全線未舗装。
アドバイス 不動沢のルートは沢身を進むがリボンや目印などが豊富で迷うことはないだろう。
二俣より上部はフィックスロープが張ってある場所がある。滑落には要注意のこと。
不動沢のコルへは歩きにくいガレの急登が続く。
サブコース 鋸山への登路があるが、山頂より南(六林班峠)方面は山慣れた人のみが立ち入れる山域だ。
エスケープルート 特になし。
入浴 《湯元華亭》
老神温泉にある比較的新しい日帰り温泉施設。自家源泉を持つ。
http://www.hanatei.info/
おすすめ周辺情報 《あづま》
とんかつ街道の中でも肉厚で美味しいカツを味わえる人気店。
https://goo.gl/maps/fEx5rYF64ZF2
《馬鹿旨》
名物とも言えるトマトラーメンがおすすめの中華料理店。
https://goo.gl/maps/vzQLniCU1d92
《蕎麦いけだ》
上質な更科系の蕎麦が楽しめる。厚揚げステーキも絶品だ。
https://goo.gl/maps/zDbpPdjsQbN2
1
登山自体は距離も短く難所もないが登山口までの林道の状況が悪い栗原川根利林道。
ここがこの山行の核心部と言う人は多い。
どちらかと言えば栃木県側からの方が路面状況は良いが分岐が多く道が分りづらい。
2
皇海橋。
この橋の手前と渡った所に駐車場がある。
3
皇海山の登山口から登り始める。
周辺にはトイレや登山ポストがある。
4
最初はわずかな林道歩きから始まる。
5
沢沿いの静かな道を進む。
盛秋の時期には紅葉が美しいところだ。
6
ほどなく道は左へ折れて最初の渡渉点へ向かう。
7
最初の渡渉点。
通常は水量も少なく問題ないが降雨後などは増水することもある。
8
対岸に渡ると樹林帯の中を緩く登る道になる。
9
2度目の渡渉点から右に折れて沢沿いを進む。
10
この時期は冷え込むと氷が張る場合もある。
沢身に降りた時は滑りやすいので注意が必要だ。
11
中間点を通過する。
この辺りから徐々に登りの傾斜が増してくる。
12
何度か沢を渡り返しながら登っていく。
13
やがてガレた沢に導かれる。
ここからは急登が続くきつい登りだ。
14
沢身から離れると急斜面のやや荒れた道が続く。
部分的にぬかるみもあって滑りやすい。
15
ロープが張ってある箇所もある。スリップには注意したいところだ。
16
主稜線直下の急登。
ここからコルまでは更にきつい登りになる。
17
登り切れば不動沢のコルに到着する。
ここで左手に折れて山頂を目指す。
18
コルから笹と樹林が混在する尾根を緩やかに登り始める。
19
山頂直下は岩場混じりの急登だ。
20
不動沢のコルから1時間ほどの登りで皇海山の山頂に到着する。
山頂部は樹木に覆われていて展望に乏しい。
21
下山は往路を戻る。
午後は紅葉の彩が最も映える時間帯だ。
22
皇海橋の登山口へ帰着する。
23
皇海山のバッジは各所で販売している。
沼田市東部商工会であれば下山後の郵送購入にも対応している。
24
【入浴】
「湯元華亭」は老神温泉にある比較的新しい日帰り温泉施設。
自家源泉で露天風呂もある。
25
【おすすめ周辺情報】
国道120号線は別名「とんかつ街道」と呼ばれている。
「あづま」は肉厚でジューシーなとんかつを味わえる人気店だ。
26
【おすすめ周辺情報】
沼田と言えば「馬鹿旨」のトマトラーメンもおすすめ。
27
【おすすめ周辺情報】
美味しい蕎麦がいただける「蕎麦いけだ」は厚揚げのステーキも絶品だ。
※上記の情報は変更になる場合があります。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ