また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

アクア・トトぎふ(あくあ・ととぎふ)

最終更新:alpsdake
写真一覧へ 第二チェックポイント 河川環境楽園(アクア・トトぎふ) 今回水族館はパス
基本情報
標高 15m
場所 北緯35度22分18秒, 東経136度48分37秒
駐車場 川島PA(東海北陸自動車道)
トイレ
食事
人工の大滝
展望ポイント 観覧車

山の解説 - [出典:Wikipedia]

アクア・トトぎふ(欧字表記:Aqua Totto Gifu)は、岐阜県各務原市川島笠田町に所在する水族館である。正式名称は岐阜県世界淡水魚園水族館(ぎふけんせかいたんすいぎょえんすいぞくかん、英称:Gifu World Fresh Water Aquarium)。
内陸型水族館。河川環境楽園の一つである岐阜県世界淡水魚園(愛称:オアシスパーク)内の一施設であり、岐阜県営都市公園施設の一つでもある。2004年(平成16年)7月14日に開業した
淡水魚専門の水族館としては世界最大級であり、前述の河川環境楽園や周辺の研究施設等を加えると「世界唯一、最大級の河川環境学習ゾーン」を形成する。設置主体は岐阜県であるが、水族館の運営は2003年(平成15年)に閉館した旧江の島水族館の経営会社・江ノ島マリンコーポレーションに委託しており、岐阜県と一定の縁がある堀由紀子代表取締役会長(藤井丙午の実娘・藤井孝男の姉。日本動物園水族館協会理事、新江ノ島水族館館長)が、名誉館長を務めている。
コンセプトは、「環境教育の実践の場として、また地域交流拠点として子供から大人まで岐阜県の自然環境・河川環境を楽しく学び、考える場とするとともに、癒しの効果を持つ施設」。
当館の愛称は開業に先立って全国公募され、5,000点近くの応募の中から選考の結果、大垣市の小学四年生の案を最優秀賞とし、「アクア・トト ぎふ」に決定した。「アクア」は「水」、「トト」は「魚」を意味する幼児語であるが、憶えやすく親しみがあるという理由による選定であった
アメリカ合衆国テネシー州チャタヌーガにあるとは友好館の関係にあり、また、主要な展示エリアのデザインはテネシー水族館を設計したラーソン社 (Larson Company) が担当した
飼育展示数は、動物(節足動物および脊椎動物)が約220種(約25,000点)、植物が約40種(約3,500点)。展示生物の中で比較的人気が高いのは、メコンオオナマズ、ピラルクー、コツメカワウソ、カピバラ、カリフォルニアアシカなどである。展示施設の詳細は「#施設の一覧」を参照のこと。
当館のメインマスコットはメコンオオナマズをモチーフとした擬人化キャラクター「パパメコン」で、当館で暮らす全ての生き物たちの父親、ステッキを持った紳士、という設定になっている。キャラクターデザインは手塚プロダクションが担当した。この縁によって、かつては手塚プロダクションが著作権を有する『鉄腕アトム』の当館限定オリジナルグッズも販売していた。尚、2017年現在、パパメコンに関するグッズは全く無くなっている他、当館のホームページ内でもマスコットとして取り上げられていない。
年間入館者数は、開館初年度の2004年(平成16年)度に約74.7万人、2005年(平成17年)度に50.6万人を記録して以降、40万人台で推移していたが、2014年(平成26年)度に500,044人と50万人台を回復した。2014年度の入館者比は、愛知県が45.4%、岐阜県が26,8%、三重県が11.6%と東海3県で8割超を占めた

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「アクア・トトぎふ」 に関連する記録(最新10件)

中央アルプス
  1  
2017年10月08日(3日間)
未入力
  
2017年08月13日(日帰り)
東海
  36    15  2 
2016年08月28日(日帰り)
東海
  12    33 
2016年01月24日(日帰り)
東海
  41    23 
2011年11月20日(日帰り)
中央アルプス
  143   
2010年11月20日(3日間)
ページの先頭へ