ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 清水寺

清水寺(きよみずでら)

最終更新:2011-12-07 19:25 - Portland
基本情報
場所 北緯34度59分41秒, 東経135度47分06秒
http://www.kiyomizudera.or.jp/

北法相宗 大本山
世界遺産
展望ポイント

清水寺 (基準標高90.5m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
8.9
平均気温
4.4
最低気温
0.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 4.1 時間/日
降水量 2.5 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

清水寺(きよみずでら)は、京都府京都市東山区清水にある寺院。山号は音羽山。本尊は千手観音、開基(創立者)は延鎮である。もとは法相宗に属したが、現在は独立して北法相宗大本山を名乗る。西国三十三所観音霊場の第16番札所である。
清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つである。また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地として有名であり、季節を問わず多くの参詣者が訪れる。また、修学旅行で多くの学生が訪れる。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。
清水寺の宗旨は、当初は法相宗で、平安時代中期からは真言宗を兼宗していた。明治時代初期に一時真言宗醍醐派に属するが、明治18年(1885年)に法相宗に復す。昭和40年(1965年)に当時の住職大西良慶が北法相宗を立宗して法相宗から独立した。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「清水寺」 に関連する記録(最新10件)

京都・北摂
  19   6 
2017年02月19日(日帰り)
京都・北摂
  14  
OsamaJ, その他1人
2017年02月05日(日帰り)
京都・北摂
  90     50 
2017年01月11日(日帰り)
京都・北摂
  32     11 
2017年01月06日(日帰り)
京都・北摂
  91    16 
yosshy, その他1人
2017年01月05日(日帰り)
京都・北摂
  36    12 
2016年12月16日(日帰り)
京都・北摂
  
2016年12月03日(日帰り)
京都・北摂
  50     25 
beat129, その他1人
2016年11月29日(日帰り)
ページの先頭へ