また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

霊山(りょうぜん) / 稙田山

最終更新:ralick
基本情報
標高 610m
場所 北緯33度09分26秒, 東経131度34分31秒
霊山(りょうぜん)は、大分県大分市南部にある山。標高は610m。日本山岳会東九州支部が選定した大分百山のひとつである。大分市が2006年に実施した「私が選ぶおおいた100景」のアンケートでは、霊山からの市街地の眺望が2位に入っている。
中腹にある飛来山霊山寺は天台宗の寺院で、九州西国霊場の第八番。九六位山の円通寺、神角寺山の神角寺とともに豊後の三大寺院と称される。708年に地元の豪族が夢のお告げにより山中で十一面観音像を発見し、草堂に安置したのが起源であり、その後、中国の那伽法師が伽藍を建立し、山容がインドの霊鷲山に似ていたことから飛来山霊山寺と名付けた。このため、それまで稙田山と呼ばれていたこの山は霊山と呼ばれるようになった。
また、この山の中腹には、1972年11月に大分市の青少年向けの研修施設である大分市霊山青年の家が開設され、市民に利用されてきたが、老朽化、利用者減に加え、2004年の台風の被害により水源確保が困難になったために、2006年3月末に廃止された。
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

霊山(りょうぜん)は、大分県大分市南部にある山。標高は610m。日本山岳会東九州支部が選定した大分百山のひとつである。
大分市が2006年に実施した「私が選ぶおおいた100景」のアンケートでは、霊山からの市街地の眺望が2位に入っている。
中腹にある飛来山霊山寺は天台宗の寺院で、九州西国霊場の第八番。九六位山の円通寺、神角寺山の神角寺とともに豊後の三大寺院と称される。708年に地元の豪族が夢のお告げにより山中で十一面観音像を発見し、草堂に安置したのが起源であり、その後、中国の那伽法師が伽藍を建立し、山容がインドの霊鷲山に似ていたことから飛来山霊山寺と名付けた。このため、それまで稙田山と呼ばれていたこの山は霊山と呼ばれるようになった。
また、この山の中腹には、1972年11月に大分市の青少年向けの研修施設である大分市霊山青年の家が開設され、市民に利用されてきたが、老朽化、利用者減に加え、2004年の台風の被害により水源確保が困難になったために、2006年3月末に廃止された。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「霊山」 に関連する記録(最新10件)

九州・沖縄
  14   5 
2018年06月12日(日帰り)
阿蘇・九重
  22   
2018年05月15日(日帰り)
九州・沖縄
  29    5 
2018年04月28日(日帰り)
九州・沖縄
  7    5 
2018年04月21日(日帰り)
九州・沖縄
    5  1 
2018年01月20日(日帰り)
九州・沖縄
   1  1 
2017年12月30日(日帰り)
九州・沖縄
  31    6 
2017年11月11日(日帰り)
九州・沖縄
  59    10  2 
2017年11月05日(日帰り)
九州・沖縄
  11    8 
2017年10月14日(日帰り)
九州・沖縄
  53    7 
2017年10月01日(日帰り)
ページの先頭へ