ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

黒髪山(くろかみざん)

最終更新:rocketdive
基本情報
標高 516m
場所 北緯33度12分50秒, 東経129度54分06秒
カシミール3D
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

黒髪山(くろかみやま、くろかみざん)は、佐賀県武雄市と同県西松浦郡有田町の市町境にある標高516mの山。「新日本百名山」及び「九州百名山」の一つ。
伊万里市・武雄市・西松浦郡有田町の市町境に連なる黒髪山地の中にあり、同山地の主峰とされる。山頂は旧山内町、旧有田町、旧西有田町の3町の境だった。
山名の読みは、地元では「くろかみやま」とすることが多く、文献では「くろかみざん」、「くろかみさん」の表記もみられる。
山頂部は南西側に膨らんだ半円状の稜線をもち、北東側は窪んでいる。山頂に天童岩、青螺山の南麓との間に雄岩や雌岩の奇岩がそびえ立つ光景から、肥前耶馬渓とも言われる。奇岩は有田流紋岩類からなる岩峰地形。
山頂の天童岩への登山道は難所で鎖場、梯子、ロープを使用する箇所がある。
黒髪山は古来の山岳信仰があり、鎌倉時代から黒髪権現と称する修験道場だった。現在は黒髪神社、および大智院の奥の院が所在する。
東の山麓の丘陵に平山城である住吉城跡があり、近世に後藤氏が塚崎城と共に居城とした。慶長4年後藤茂綱の代に焼失している。
有田川は当山を、松浦川は北側の青螺山をそれぞれ水源地とし、両者の流域に位置する。
山頂から北東の乳待坊公園、山頂と雄岩の間の稜線、南東の風早などに展望台・展望所がある。
黒髪山の天童岩や周辺地域には、鎮西八郎為朝(源為朝)にまつわる伝説が伝えられている。
1983年(昭和58年)に「21世紀に残したい日本の自然百選」に選ばれ、黒髪山系から注ぐ竜門の清水は、1985年(昭和60年)に「名水百選」にも選ばれた。

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 初級 日帰り 九州・沖縄
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    巨岩・巨石・岩峰が続く岩稜と天然記念物のカネコシダが茂る九州の怪峰。

「黒髪山」 に関連する記録(最新10件)

九州・沖縄
02:154.6km404m2
  4    6 
2024年07月06日(日帰り)
九州・沖縄
03:195.2km580m2
  33    6 
2024年06月21日(日帰り)
九州・沖縄
03:598.4km891m3
  5    6 
2024年06月15日(日帰り)
九州・沖縄
01:554.7km418m2
  5    7 
2024年06月12日(日帰り)
九州・沖縄
03:053.9km437m2
  19     7  3 
toshi, その他1人
2024年06月10日(日帰り)
九州・沖縄
04:028.1km935m3
  7    2 
2024年06月08日(日帰り)
九州・沖縄
02:527.5km636m2
  5    10 
2024年06月05日(日帰り)
九州・沖縄
--:--4.3km410m-
  2    1 
2024年06月05日(日帰り)
九州・沖縄
03:006.1km693m2
  6    10 
2024年05月29日(日帰り)
九州・沖縄
02:424.4km405m2
  5    8 
2024年05月25日(日帰り)