また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

金生山(きんしょうざん) / かなぶやま

最終更新:nagara
表山 写真一覧へ 明星輪寺 写真一覧へ 寺山観音 写真一覧へ 金生山 写真一覧へ 少し開けたところに出ました。正面は金生山。
基本情報
標高 217m
場所 北緯35度24分03秒, 東経136度34分34秒
カシミール3D
金生山は、大垣市赤坂町の隆起石灰層から成る低山である。
地形図上にも山名を有し、正式名称は「かなぶやま」とされているが、現在では殆ど「きんしょうざん」と呼ばれ、その名称の方が通りが良い。
「続ぎふ百山」にも選定されており、愛読書が度々訪れはするが、登山の対象としては物足りなさを感じ得ない。
ただ、本山の本当の価値は登山の対象としての魅力ではなく、学術的に希少な陸生貝類や植物が生育し、多くの化石が発掘されている点である。
ただし残念な事に、良質な石灰や大理石が産出するので、山は原形を留めない程、採石が進んでいる。
それでも頂上付近には真言宗・明星輪寺や金生山化石館があり、訪れる人も多く地元の方の憩いの場にもなっている。
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

金生山(正式名称:かなぶやま。通称:きんしょうざん)は、岐阜県大垣市赤坂町から揖斐郡池田町に跨る、伊吹山地の南東端に位置する山である。
掘削前の最高標高は217.1 m、東西1km、南北2kmの丘陵で、全体が古生代ペルム紀の赤坂石灰岩で構成されている。日本一の石灰石生産地として山の大部分が削り取られたため、現在では明星輪寺のある南東部が残るのみである。
数多くの化石が発掘されることで知られていて、「日本の古生物学発祥の地」と呼ばれることがある。地質学的価値も高く、フズリナの化石が多く産出し、特にペルム紀中期のネオシュワゲリナ科のフズリナ類について詳しく研究されたため、かつては国際標準模式地の一つとされていた。なお、赤坂石灰岩は日本の中部ペルム系上半の標準層序(赤坂統)とされている。その一方で山全体が石灰岩の日本有数のその産出地であり、石灰岩、大理石の採掘が盛んに行われており、山容が変わり景観は損なわれつつある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「金生山」 に関連する記録(最新10件)

東海
  34    55 
2021年01月19日(日帰り)
東海
  28     33 
2020年11月14日(日帰り)
霊仙・伊吹・藤原
  
2020年08月29日(日帰り)
東海
  68    16 
2020年07月05日(日帰り)
東海
  6  
2020年05月04日(日帰り)
東海
  5    4 
2020年03月12日(日帰り)
東海
  9    9 
2020年03月12日(日帰り)
東海
  41  
2020年02月01日(日帰り)
東海
  32    19 
2019年12月01日(日帰り)
ページの先頭へ