ヤマレコ

最終更新者 KENPEI
基本情報
標高 467.1m
場所 北緯34度32分06秒, 東経135度52分00秒
全山神域となっている。三輪神社から入山できるが
カメラは不可。山頂は磐座(いわくら)がある。
山頂

三輪山の日の出・日の入り時刻

08/21(月) 08/22(火) 08/23(水) 08/24(木) 08/25(金) 08/26(土) 08/27(日)
日の出 5時18分 5時19分 5時19分 5時20分 5時21分 5時22分 5時22分
日の入り 18時42分 18時41分 18時39分 18時38分 18時37分 18時36分 18時34分

三輪山 (標高467.1m)付近の気温

8月の気温(推定値)
最高気温
30
平均気温
23.9
最低気温
19.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

8月の気象
日照時間 6.6 時間/日
降水量 4 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

三輪山(みわやま)は、奈良県桜井市にある山。奈良県北部奈良盆地の南東部に位置し、標高467.1m、周囲16km。三諸山(みもろやま)ともいう。なだらかな円錐形の山である。
記紀に於いて、三輪山は『三諸山』、『美和山』、『御諸岳』などと記され、古代より原始信仰(自然物崇拝)の対象であったとされているが、その始まりは諸説ある。古墳時代に入ると、山麓地帯には次々と大きな古墳が築造されたため、この一帯を中心にして政治的勢力、すなわちヤマト政権の初期政権(王朝)が存在したと考えられている。200 - 300mの大きな古墳が並び、そのうちには第10代の崇神天皇(行灯山古墳)、第12代の景行天皇(渋谷向山古墳)の陵があるとされ、さらに箸墓古墳(はしはかこふん)は『魏志』倭人伝に現れる邪馬台国の女王卑弥呼の墓ではないかと推測されている。記紀には三輪山伝説として、奈良県桜井市にある大神神社の祭神・大物主神の伝説が載せられている。よって、三輪山は神の鎮座する山、「神奈備」とされている。中世以降は長らく神仏習合の影響が色濃く、神宮寺も数多く建立され、徳川将軍家などに『三輪明神』として篤く信仰された。三輪山そのものが、大神神社の御神体として正式に記録されたのは、1871年(明治4年)に神社が奈良県にあてた口上書に、神山とは「三輪山を指す」と使ったのが初である。
入山する際は、後述の規則(掟)を遵守する必要がある。入山せずに参拝する際には、大神神社の拝殿から直接、神体である三輪山を仰ぎ拝むといった手法を採る。したがって、大神神社には本殿がなく、そこには自然そのものを崇拝する古神道が息づいている。
三輪山の祭祀遺跡としては、下方から辺津磐座(へついわくら)、半ほどの中津磐座(なかついわくら)、頂上付近の奥津磐座(おきついわくら)、山ノ神(やまのかみ)岩陰祭祀遺跡、大神神社拝殿裏の禁足地遺跡、狭井神社西方の新境内地遺跡などがあるが、磐座学会の江頭氏などによれば、山の祭祀遺跡に「辺津」などの海に関係する言葉はおかしく、諸説あるが意味として宗像祭祀遺跡のそれぞれから後世とられたと思われる。辺津は海岸(浅い海)、中津や奥津は島の海岸(深い海)等の意味である。
頂上には高宮神社が祀られているが、延喜式神名帳には式内大社として神坐日向神社が載せられている。この日向神社は、古代には三輪山の頂上に祀られ、太陽祭祀に深く関わっていた神社であったと推測されている。
頂上付近はかなり広い平地である。この神社の東方に東西約30m、南北10mの広場に高さ約2mの岩がたくさんある。これが奥津磐座である。現在、この山中で見学できるのはこの磐座だけである。奥津磐座や、中津磐座には巨石群の周囲を広く環状に石を据えた形跡があり、「日本書紀」巻二の天孫降臨に際しての高皇産霊尊の勅に「天津神籬および天津磐境を起こしたて」とある磐境にあてる考えもある。
また、山ノ神遺跡に関しては大正7年5月に偶然発見されたものである。古墳時代中期以降の岩陰祭祀遺跡で、発見当初は古墳と思われた。磐座とされる石と5個の石がこれを取り囲むような状態で見つかり、さらにその下には割石を敷きつめて地固めがされていた。調査に入るまでの3ヶ月の間に盗掘を受けてしまったとされるが、残った遺物には、小形の素文鏡3、碧玉製勾玉5、水晶製勾玉1、滑石製模造品の子持勾玉1、勾玉約100、管玉約100、数百個の有孔円板と剣形製品、無数の臼玉、高坏、盤、坏、臼、杵、杓、匙、箕、案、鏡の形を模した土製模造品、それに剣形鉄製品と考えられる鉄片などがあり、本来はさらにおびただしい量の遺物が埋納されていたことが知られている。その遺物を見ると、鏡・玉・剣のセットが歴然としている他、三輪山の神が農耕神としての一面を持つことが興味深く表れているといえる。國學院大学博物館には山ノ神祭祀遺跡のレプリカが展示されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「三輪山」 に関連する記録(最新10件)

近畿
  10   4 
2017年08月13日(日帰り)
近畿
  16    7 
2017年08月12日(日帰り)
近畿
  15    8 
2017年08月12日(日帰り)
近畿
  12   1 
2017年06月24日(日帰り)
近畿
  49    13 
2017年06月23日(日帰り)
未入力
  
2017年05月20日(日帰り)
近畿
  4  11 
happy68, その他1人
2017年05月05日(日帰り)
近畿
  39    2 
2017年05月03日(日帰り)
ページの先頭へ