また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

逗葉新道SA(ずようしんどうさーびすえりあ)

最終更新:scsi
基本情報
標高 35.6m
場所 北緯35度17分20秒, 東経139度35分59秒
レストハウス逗葉2018年6月6日リニューアルオープン(営業時間 7:00〜19:00 無休)
https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140602/14013699/dtlrvwlst/B103943156

2017年3月31日で一旦閉店しその後、4月21日より休憩室として開放していました。
http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140602/14013699/

現在、レストハウス逗葉に直接繋がる有料道路「逗葉新道」本線及び歩道(閉鎖)は歩行者、自転車、原付バイク進入禁止です。山側に大きく回り込む側道から到達可能のようですが現実的ではありません。自動車・自動二輪車をご利用ください。

歩行者の方は周辺に道の駅風の「ショッピングプラザ HAYAMA STATION」(営業時間 / 9:00〜19:00 定休日 / 水曜日)がありますのでそちらをご利用された方がよろしいかと思われます。
http://www.hayama-station.jp/
駐車場
トイレ
水場
食事 レストハウス逗葉2018年6月6日リニューアルオープン(営業時間 7:00〜19:00 無休)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

逗葉新道(ずようしんどう、)は、神奈川県道路公社が経営する一般自動車道。神奈川県逗子市の横浜横須賀道路逗子ICから三浦郡葉山町の長柄に至る、延長2.0km の有料道路である。
神奈川県道24号横須賀逗子線のバイパス機能と、国道134号から横浜横須賀道路・逗子ICへのアクセス道路としての機能を持っている。1970年(昭和45年)4月1日供用開始。以後長らく、国道134号長柄交差点までの総延長3.8kmが有料区間であったが、長柄交差点から県道217号交差点の1.8km は県道311号として無料開放された。
ETC使用不可。支払いは現金もしくは回数券のみである。
2002年4月1日現在の普通車通行料は100円。2002年4月1日現在の1日平均通行台数は13,556台、営業収支比率は201.7 %(つまりコスト100円につき201.7円の売り上げがある)と、一般自動車道としては全国有数の収益性を誇る。
なお、本道路は道路交通法による一部車両通行規制が行われており、125cc以下の二輪車(原付一種および原付二種)は通行禁止である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「逗葉新道SA」 に関連する記録(最新10件)

房総・三浦
  35    6 
tarancho, その他13人
2018年05月06日(日帰り)
未入力
  
2018年04月30日(日帰り)
房総・三浦
  17   3 
2018年04月01日(日帰り)
房総・三浦
  6   6 
fumi328, その他14人
2018年03月24日(日帰り)
房総・三浦
  63     82  2 
2018年02月24日(日帰り)
房総・三浦
  8    12 
2018年02月17日(日帰り)
房総・三浦
  62    8 
2018年01月19日(日帰り)
房総・三浦
    3 
lovemasa, その他1人
2018年01月18日(日帰り)
房総・三浦
  60    28  2 
2018年01月13日(日帰り)
房総・三浦
  3   8 
2017年06月17日(日帰り)
ページの先頭へ