また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

龍峯山自然公園(りゅうほうざんしぜんこうえん)

最終更新:
基本情報
場所 北緯32度31分07秒, 東経130度39分48秒
登山口
駐車場 5〜10台 無料
トイレ
水場
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

八代市(やつしろし)は、熊本県に存在する田園工業都市。
江戸時代以来の干拓によって広がった平野部では農業が盛ん。畳表の原料となるいぐさの生産は日本一で、国産の約8割を占める。ただし、近年は安い中国産に押され、作付面積が最盛期の3分の1と急激に減少している。また、国内最大の柑橘類・晩白柚(ばんぺいゆ)も特産品で日本一の生産量を誇る。最近はトマトの一大産地としても知られる。
明治時代になり八代港が近代的な港湾として整備され、1890年(明治23年)に九州第1号のセメント工場ができたのを皮切りに、以後製紙工場(九州製紙、現日本製紙)、日曹人絹パルプ(現興人)、昭和酒造(現メルシャン)と相次いで進出し、工業都市へと発展した(八代臨海工業地域)。
戦中、戦後を通して田園地帯や海岸埋立地に新しい工場が立ち並び、いぐさの生産も伸びて繁栄。当時、商店街、歓楽街や日奈久温泉の賑わいは熊本一だったという。しかし、近年は中心部の大型店の撤退や郊外の大型ショッピングセンターの進出などで中心市街地の活性化が課題になっている。
毎年11月に行われる八代神社の「妙見祭」は、長崎くんち・博多祇園山笠と並ぶ九州三大祭。御輿、獅子舞、神馬、花馬、傘鉾、亀蛇(がめ)などが居並ぶ行列は1kmに及ぶ。秋には毎年数十万人の観光客が集まる「やつしろ全国花火競技大会」が行なわれる。
八代平野の南端にある日奈久温泉は、合計16の泉源が集中しており、湧出量は毎時140トン、ほとんどの旅館がかけ流しである。江戸時代に熊本藩の藩営温泉場として栄えた。のんびりとした風情で、薩摩街道筋を中心に明治・大正・昭和の町の区割りがそのまま残っている。日奈久の名産として、細川氏の御用窯だった高田焼(こうだやき)や竹細工、ちくわが知られる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「龍峯山自然公園」 に関連する記録(最新10件)

九州・沖縄
  16    12  2 
2019年02月05日(日帰り)
未入力
  
2018年11月11日(日帰り)
未入力
  
2018年09月07日(日帰り)
未入力
  
2018年07月19日(日帰り)
九州・沖縄
  59    25  4 
2018年03月25日(日帰り)
九州・沖縄
  11   7 
2018年02月11日(日帰り)
九州・沖縄
  1    26  6 
2018年01月07日(日帰り)
九州・沖縄
    6 
2017年12月02日(日帰り)
九州・沖縄
  19    22  2 
shino530HIROJINlika, その他5人
2016年12月18日(日帰り)
ページの先頭へ