また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

大千軒岳(だいせんげんだけ)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大千軒岳(だいせんげんだけ)は、北海道渡島半島の南西部、松前郡松前町と上ノ国町との境にある山である。標高1,072m。1896年(明治29年)、北海道で最初に一等三角点が設置された山である。
寛永16年(1639年)、松前藩による隠れキリシタン処刑によって106人が殉教した地でもあり、金山番所跡(知内川コースの5合目付近)と、千軒平の尾根には十字架が建てられており、毎年7月の最終日曜日には千軒岳殉教記念ミサが行われる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大千軒岳」 に関連する記録(最新10件)

道南
  40    48  6 
2021年03月27日(日帰り)
道南
  12    67  8 
2020年11月07日(日帰り)
道南
  30    37  2 
2020年10月31日(日帰り)
道南
  20    24 
tentobug, その他1人
2020年10月20日(日帰り)
道南
  29     45  4 
2020年10月18日(日帰り)
道南
  1    2 
2020年10月14日(日帰り)
道南
  10   12 
2020年08月25日(日帰り)
道南
  20    6 
2020年08月16日(日帰り)
道南
  24    47 
2020年08月16日(日帰り)
ページの先頭へ