また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

嘉津宇岳(かつうだけ)

最終更新:joe0119
写真一覧へ 下山し安和岳・嘉津宇岳の中央分岐点につきました。あとはひたすらカルストの涸沢を下ってゆくだけです。
安和岳から嘉津宇岳を望む
古巣岳とうちゃこです。 なおここからさらに嘉津宇岳へルートがあります
嘉津宇岳山頂(452m)は石灰岩が突出していました。二億年前の珊瑚礁が隆起したものだそうです。正面に安和岳(432m)が見えています。 おゃ、左奥に気になる三角形の山が。
基本情報
標高 452m
場所 北緯26度37分52秒, 東経127度56分05秒
沖縄県の本部半島にある山で、この山域の主峰的な山。昔から人々によく親しまれている山で、琉球王国時代から大正時代の初期まで沖縄本島の最高峰と信じられていたが、実際の標高では与那覇岳、八重岳に次ぐ第3位である。
しかし、円錐カルストの山容と展望のすばらしさから、沖縄を代表する山であることには変わりはない。
山頂は360度の展望で北部の海岸の連なりや稜線が見渡せる。

(ヤマケイオンラインより引用)
http://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=20106
山頂
展望ポイント

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「嘉津宇岳」 に関連する記録(最新10件)

九州・沖縄
   1 
2017年12月11日(日帰り)
九州・沖縄
  43    10 
y0315, その他2人
2017年11月11日(日帰り)
九州・沖縄
  481    5 
2017年02月20日(日帰り)
九州・沖縄
  17    9  2 
2017年02月03日(日帰り)
九州・沖縄
  12    4 
2017年01月14日(日帰り)
九州・沖縄
  12    3 
2016年12月08日(日帰り)
九州・沖縄
  11    3 
2016年11月01日(日帰り)
九州・沖縄
  17    10 
2015年05月03日(日帰り)
九州・沖縄
  3   1 
2015年03月02日(日帰り)
九州・沖縄
  12    15 
2015年02月18日(日帰り)
ページの先頭へ