また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

大錫杖山(おおしゃくじょうやま)

最終更新:qing1li2
満天の星空です。 二年ぶりに早月尾根から、剱岳を目指します。 試練と憧れの始まりです。   剱岳は剱・立山連峰と呼ばれるように、北アルプス北部の立山三山や大日岳と同じ山域にある。地籍は富山県中新川郡立山町と上市町。  北アルプス南部の盟主、穂高連峰と同じように、いかにも日本アルプスの名にふさわしい岩峰で飛騨系閃緑(せんりよく)岩や斑糲(はんれい)岩が氷雪で削り出された氷食冠帽である。氷河の痕はU字谷が稜線を削ってできた「窓」と呼ばれる地形にも見られる。三ノ窓、小窓、大窓などだ。もちろんカール地形も剱沢などに見られる。  登山史としての初登頂は1909年、吉田孫四郎パーティにより長次郎谷から行われているが、その2年前に、すでに陸地測量部の柴崎芳太郎たちが測量のため登頂している。  前人未踏の岩峰と思われていた頂上で、彼らは思いがけない発見をした。槍の穂と錫杖、古い焚火の跡などであった。奈良時代のものらしい。隣の立山とともに修験道の霊場だったのだろう。
基本情報
標高 380m
場所 北緯34度45分19秒, 東経133度58分47秒
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大錫杖山」 に関連する記録(最新10件)

中国
  5    14  3 
ymiyake, その他1人
2017年12月29日(日帰り)
中国
  16    10 
ymiyake, その他1人
2014年03月23日(日帰り)
中国
  10    18 
ymiyake, その他1人
2012年03月15日(日帰り)
ページの先頭へ