ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > へそ山

へそ山(へそやま) / 化石山

最終更新者 blue-ridge
基本情報
場所 北緯35度22分22秒, 東経137度14分15秒
山頂に「日中不再戦の碑」
山頂

へそ山 (基準標高188.9m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
23.9
平均気温
17.2
最低気温
11.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 6.1 時間/日
降水量 5.6 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

「へそ」みたい形状の山発見!!
シャツが真っ赤に染まっていました!山ヒルにへその下あたりをやられました(*_*;ズボンのベルトバックルの下にたっぷりと血を吸ったヒルが動いていたので、払い落とし、消毒、絆創膏で処置
8秒、6秒、4秒となったところでマジ怖くなってきた。 音速はたしか500mくらいだったはずだから、もうヤツは2kmまで来てる。 おへそが危ない。 マジ泣きたくなった。 (銭壺山登山口バス停)
六角堂(中京区六角通東洞院西入堂之前町) 天台宗系の単立寺院。山号は紫雲山。寺号は頂法寺。本尊は如意輪観音。通称の六角堂は本堂が六角宝形造であることによる。弘仁十三年(八二二)に嵯峨天皇の勅願所となり、建仁元年 (一二〇一)には親鷲が当寺に百日間籠り、これを真宗開宗の契機と伝える。室町時代中頃に専慶をはじめ立花の名手を輩出したことで知られ、代々池坊の家元(華道家元池坊)が当寺の住職を兼ねる。平安時代より庶民の信仰を集め、応仁の乱以後、革堂(行願寺)が上京の町堂であるのに対して、下京の町堂として親しまれた。なお、本堂前にあるへそ石は京都の中心を表わすといわれる。西国三十三所観音霊場の第十八番札。 (京都検定のテキストより)

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「へそ山」 に関連する記録(最新10件)

未入力
  
2017年05月03日(日帰り)
未入力
  
2017年01月29日(日帰り)
東海
  1    2 
2016年11月02日(日帰り)
東海
  30    7 
2014年08月24日(日帰り)
東海
  19    15 
2011年07月12日(日帰り)
中央アルプス
  143   
2010年11月20日(3日間)
ページの先頭へ