また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

建長寺 半僧坊(けんちょうじはんそうぼう) / Kenchoji Hansobo

最終更新:official
建長寺半僧坊
建長寺半僧坊
建長寺 半僧坊から
半僧坊展望台〜建長寺
建長寺から半僧坊に向かう途中
基本情報
場所 北緯35度20分03秒, 東経139度33分31秒
境内のもっとも奥、山の中腹にある、建長寺の鎮守である。

ここに祀られる半僧坊権現は1890年に当時の住持であった霄(おおぞら)貫道禅師が静岡県引佐郡奥山(現・浜松市)の方広寺から勧請した神で、火除けや招福に利益があるという。半僧坊権現とは、後醍醐天皇皇子の無文元選禅師(前述の方広寺開山)の元に忽然と現われ、無理やり弟子入りした白髪の老人で、神通力を持っており、無文禅師が死去するとその老人も姿を消したという。

半僧坊へ上る石段の途中には天狗の像がある。(出典:wikipedia)


ハイキングコースからの入門時は、半僧坊にて拝観料を支払うこと。
拝観料は大人300円、子供100円。
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

建長寺(けんちょうじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山。山号を巨福山(こふくさん)と称し、寺号は正式には建長興国禅寺(けんちょうこうこくぜんじ)と称する。
鎌倉時代の建長5年(1253年)の創建で、本尊は地蔵菩薩。開基(創立者)は鎌倉幕府第5代執権・北条時頼、開山(初代住職)は南宋の禅僧・蘭渓道隆で、第二世は同じく南宋の兀庵普寧である。鎌倉五山の第一位。境内は「建長寺境内」として国の史跡に指定。

付近の山

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 入門 日帰り 房総・三浦
    1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    歴史ある史跡と紅葉・展望を楽しむ手軽なハイキングコース。街へ下れば美味しいお店巡りも楽しめる!

「建長寺 半僧坊」 に関連する記録(最新10件)

房総・三浦
  8   1 
2020年02月24日(日帰り)
関東
  4   
pugs, その他1人
2020年02月24日(日帰り)
房総・三浦
  
2020年02月23日(日帰り)
房総・三浦
  12   3 
samohiko, その他1人
2020年02月23日(日帰り)
房総・三浦
  14   2 
chiaki, その他6人
2020年02月21日(日帰り)
房総・三浦
  15    12 
mako-sansato_san, その他1人
2020年02月11日(日帰り)
房総・三浦
  29     8 
2020年02月10日(日帰り)
関東
  10    1 
2020年02月09日(日帰り)
房総・三浦
  93     96 
2020年02月01日(日帰り)
関東
  7    6 
suzukin, その他1人
2020年01月25日(日帰り)
ページの先頭へ