ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 枡形山

枡形山(ますかたやま) / 白米城、阿坂城

最終更新者 inbsj
基本情報
標高 312.3m
場所 北緯34度35分37秒, 東経136度27分15秒
山頂

枡形山の日の出・日の入り時刻

02/27(月) 02/28(火) 03/01(水) 03/02(木) 03/03(金) 03/04(土) 03/05(日)
日の出 6時24分 6時22分 6時21分 6時20分 6時19分 6時17分 6時16分
日の入り 17時52分 17時53分 17時54分 17時54分 17時55分 17時56分 17時57分

枡形山 (標高312.3m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
8.2
平均気温
3.2
最低気温
-1.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 4.8 時間/日
降水量 2.3 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

阿坂城(あざかじょう)は、伊勢国一志郡阿坂(現在の三重県松阪市大阿坂町)にかつて存在した日本の城。白米城(はくまいじょう)・椎之木城(しいのきじょう)とも称する。1982年(昭和57年)に阿坂城跡 附 高城跡 枳城跡(あざかじょうあと つけたり たかんじょうあと からたちじょうあと)の名称で国の史跡に指定されている。
伊勢国司から戦国大名となった北畠氏にとって北伊勢(伊勢国北部)に対する重要な拠点であった。
「あざかじょう」の表記には、浅香城(『満済准后日記』)、阿射賀城(『南方紀伝』)もある。東に伊勢湾や伊勢志摩国立公園、三河の山々をも見通し、西に室生赤目青山国定公園の山々を望む。
城跡は南郭と北郭からなり、南郭は白米城、北郭は椎之木城と呼ばれているまたは北畠満雅とされ、この城で行われた籠城戦でのできごとから白米城と呼ばれるようになった。難攻不落の城として名をとどろかせた時代もあったが、織田信長の命令を受けた木下藤吉郎(豊臣秀吉)に攻められ、落城した

付近の山

この場所を通る登山ルート

「枡形山」 に関連する記録(最新10件)

東海
  11    3  1 
knxhs495, その他1人
2017年02月26日(日帰り)
近畿
  5    10 
2017年02月19日(日帰り)
近畿
  19    39  6 
a-bann, その他1人
2017年01月24日(日帰り)
赤目・倶留尊高原
  21    18  7 
2017年01月01日(日帰り)
東海
  5    8 
2016年12月24日(日帰り)
近畿
  5    2 
2016年12月11日(日帰り)
近畿
  79    17 
2016年12月10日(日帰り)
近畿
  
2016年12月04日(日帰り)
近畿
  1   5 
2016年11月27日(日帰り)
東海
  19   1 
2016年11月20日(日帰り)
ページの先頭へ