ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 雨乞いの場

雨乞いの場(あまごいのば)

最終更新者 tarancho
基本情報
場所 北緯35度36分54秒, 東経139度16分58秒
干天が続き作物が被害を受けると部落総出で氏神等に降雨の祈りをささげるのが習慣となっていた。その由来は詳らかではないが遠い昔からこの丑田の山頂が雨乞い場に使われ戦後の昭和22年頃の雨乞いがその最後であった。この年は日照りが続き田に水が無く作物は枯死寸前であった。大戸の八雲も神社のお祭りの前日7月31日部落の人々がここに集まり火を焚き神官に祝詞をあげてもらい大戸の観音様から借りてきた大きな鐘をたたき焚火の周りを回りながら雨乞いの歌をうたい降雨の祈りをささげた。因にこの地方では雨乞いの行事として高尾山に行き護摩を焚いてもらったり、八王子市寺田榛名神社にある池の霊水を持って帰り田畑にまいたりした。
展望ポイント

雨乞いの場 (基準標高230.4m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
9.7
平均気温
3.1
最低気温
-2.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 5.9 時間/日
降水量 2.2 mm/日
最深積雪 7 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

13:08 雨乞い地蔵横の水場 冷たくて美味しい水でした
雨乞い場の碑。
「雨乞いの場」からの展望。
白山にて2。白山神社。飯山観光協会のHpによりますと昔、日照り続きに困り果てた農民たちは、小鮎川で雨乞いの行事をしたあと、白山山頂に登った。そして頂上の白山池の水をかい出すと、水飲み場を失った白龍が舞を舞い、相模平野に三日三晩の雨を降らせて、農民たちに豊年満作をもたらせたという白龍伝説があるそうです。ここから女坂の方にある白山展望台に行きます。
13:48 雨乞い地蔵の水場 冷たくて美味しい水です

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「雨乞いの場」 に関連する記録(最新10件)

奥多摩・高尾
  30     3 
2016年12月25日(日帰り)
奥多摩・高尾
  13   12 
mariji3, その他2人
2016年05月26日(日帰り)
奥多摩・高尾
  70   19 
2016年05月10日(日帰り)
奥多摩・高尾
  17    13 
2016年02月13日(日帰り)
奥多摩・高尾
   2 
asn, その他1人
2016年02月13日(日帰り)
奥多摩・高尾
  14    14 
tarancho, その他1人
2015年12月13日(日帰り)
奥多摩・高尾
  28    9 
2015年09月23日(日帰り)
奥多摩・高尾
  29    8 
2015年09月19日(日帰り)
奥多摩・高尾
  24    53  4 
kyoko916magno64soshinroubai, その他27人
2015年02月28日(日帰り)
奥多摩・高尾
  18    15 
2014年12月21日(日帰り)
ページの先頭へ