また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

大岩ヶ岳(おおいわがたけ) / 大岩岳

最終更新:KENPEI
基本情報
標高 384.1m
場所 北緯34度53分08秒, 東経135度16分49秒
北摂の山。
神戸市の水源地にある小山で、ハイキングコースとして手頃であること、周囲の見晴らしがよいこと、懐の貯水場が花の名所であることなど、“楽しむ山”として、秀逸。
(2012/3/2 by yama-bu)

二等三角点『千苅』(384.1m)が設置された山頂は10人程度が休める広場となっており、宝塚市、神戸市、三田市の3市境界点に位置します。
南側の一部が立木に遮られるものの、360°に広がる眺望は400mに満たない標高ながら見応え十分。

JR道場駅、あるいは千苅ダム手前の駐車場を利用し、山頂の南西、神戸市側より登るのが一般的。山頂東側、宝塚市方面より丸山湿原の遊歩道を経由して登ことも可能、こちらが山頂へは最短ルートとなります。
要所に私設の道標も見られますが、枝道も多く、地形図上の破線道と異なるルートを辿る山道も見られます。低山ですが道迷いの多い山域としても知られており、度々遭難事故も発生している山域に付き、油断は禁物です。

【山名について】
地理院地図では大岩岳と表記されていますが、山名は『大岩ヶ岳』と呼ばれることが多いようです。ちなみに山と高原地図(北摂・京都西山 2011年版)には『大岩ヶ岳』と表記されていました。
また、北摂の山下巻、西部編(慶佐次盛一 著・平成14年初版)では、山名は『大岩ヶ岳』と紹介されていますが、概略図には『大岩岳』と表記されていました。
(2015/11/23 by inakabus)
山頂

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大岩ヶ岳」 に関連する記録(最新10件)

京都・北摂
  12   12 
2018年04月17日(日帰り)
近畿
  21    8  2 
kongousan, その他13人
2018年04月10日(日帰り)
近畿
  38   
Ponkoro, その他1人
2018年04月08日(日帰り)
京都・北摂
  28    11 
ohdebarayuppikazu1043, その他8人
2018年04月07日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  3    3 
2018年04月07日(日帰り)
京都・北摂
  38    4 
KTH_KIRAKU, その他1人
2018年03月24日(日帰り)
近畿
  
2018年02月08日(日帰り)
近畿
  13   8 
2018年02月02日(日帰り)
近畿
  3    7 
2018年01月20日(日帰り)
京都・北摂
  36    33 
2018年01月14日(日帰り)
ページの先頭へ