また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

最終更新:alpsdake
チョ・オユー(8201m)
7000m〜8000m峰の大パノラマ。岩稜がせり上がるチョ・オユー(8201m),ギャチュンカン(7652m)〜尖峰のプモリ(7161m)〜エベレスト。
チョ、チョット待ってよ! 体中に雪が入っちゃって
陣馬山山頂直下の稜線に出ると突然目の前に富士山! チョ〜、感激!!!
尊仏山荘でトイレを借りてから(使用した紙は持ち帰りです) ここで昼御飯にクロワッサンチョコを食べようとしたらチョコはカチカチでおにぎりはチョ〜冷たいし(*_*; もう少しゆっくりと眺望を堪能したいと想っていたが寒さに耐えられず早々に下山。
基本情報
標高 8201m
場所 北緯28度06分31秒, 東経86度41分17秒
・世界第6高峰
山頂
危険個所 8000m峰では、難易度が低いとされている
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

チョ・オユー(; ; ; )は、ネパールと中国チベット自治区にまたがるヒマラヤ山脈の山。標高は8,201 mで世界第6位。チョー・オユーとも表記される。
シェルパ語で「トルコ石の女神」の意味。全部で14座ある8000m峰の中では最も登りやすい山とされ、多くの公募隊が組まれている。エベレストの前哨戦として選ばれることの多い山でもある。ただし登りやすいといっても、それはノーマルルート(北西稜)のことであって、南西壁は標高差2000mの大岩壁となっており、技術の卓越した登山家のみが選択するルートとなっている。他の8000m峰に比べると山頂が広く、最高地点が不明瞭なため、背景にエベレストとローツェが写りこむように撮影することが登頂の証明として好まれている。
初登頂はエベレストが登られた1年後の1954年である。この登頂で特筆すべきなのは、隊員3人、シェルパ7人、隊荷の総重量1トンという、当時としては少人数・軽装備であること。そして8000m峰としては唯一、秋に初登頂されたことである。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「チョ・オユー」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ