また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

諏訪大社上社本宮(すわたいしゃかみしゃほんみや)

最終更新:Tefuneko
諏訪大社上社本宮
諏訪大社上社本宮
諏訪大社上社本宮案内
諏訪大社上社本宮の拝殿
諏訪大社上社本宮 一之御柱
基本情報
標高 777m
場所 北緯35度59分54秒, 東経138度07分08秒

山の解説 - [出典:Wikipedia]

諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖周辺4か所にある神社。式内社(名神大社)、信濃国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「梶の葉」。
全国に約25,000社ある諏訪神社の総本社である。旧称は諏訪神社。通称として「お諏訪さま」「諏訪大明神」等とも呼ばれる。
長野県中央の諏訪湖を挟んで、以下の二社四宮の境内が鎮座する。

  • 上社 (かみしゃ)


本宮 (ほんみや)(長野県諏訪市中洲宮山)
前宮 (まえみや)(長野県茅野市宮川)

  • 下社 (しもしゃ)


秋宮 (あきみや)(長野県諏訪郡下諏訪町武居)
春宮 (はるみや)(長野県諏訪郡下諏訪町下ノ原)
上社は諏訪湖南岸、下社は北岸に位置し遠く離れているため、実質的には別の神社となっている。なお「上社・下社」とあるが社格に序列はない。
創建の年代は不明だが、日本最古の神社の1つといわれるほど古くから存在する。『梁塵秘抄』に「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」と謡われているように軍神として崇敬された。また中世に狩猟神事を執り行っていたことから、狩猟・漁業の守護祈願でも知られる。
社殿の四隅に御柱(おんばしら)と呼ぶ木柱が立っているほか、社殿の配置にも独特の形を備えている。社殿は多数が重要文化財に指定されているほか、6年に一度(7年目に一度)催される御柱祭で知られる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「諏訪大社上社本宮」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  12    15 
2017年12月03日(日帰り)
甲信越
  19    16 
2017年12月02日(日帰り)
甲信越
  41    11 
2017年12月02日(日帰り)
甲信越
  55    5 
Doba, その他1人
2017年11月19日(日帰り)
甲信越
  83     50  2 
2017年11月10日(日帰り)
未入力
  
2017年08月04日(日帰り)
未入力
  
2017年06月18日(日帰り)
甲信越
  18    15 
2017年04月02日(日帰り)
未入力
  
2017年02月28日(日帰り)
中央アルプス
  41    7 
2017年01月01日(日帰り)
ページの先頭へ