また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

牛岳(うしだけ) / 牛嶽大明神

最終更新:recokun
基本情報
標高 970m
場所 北緯36度32分27秒, 東経137度02分10秒
カシミール3D
 牛嶽(牛岳、うしだけ)は、富山県の南に位置する「飛騨高地」側から北方向にせり出した山稜に含まれています。牛が寝そべっているかのような山容の『牛嶽』は、「庄川」と「山田川」の間に挟まれるように座しています。
昔からの信仰の山です。山頂(標高:約970m)に牛嶽神社(牛嶽大明神)が祀られています。ご神体は、『座牛の背に座した大国主命の石像』です。また、山頂部分が、砺波市・南砺市・富山市の「三市境界」になっています。ただし、最高所(標高:987m)は、山頂(牛嶽神社)の西方向約400mに位置しています。この最高所には、二等三角点「鍬崎」が設置されていて、通称『牛岳三角点』と呼ばれています。
西麓の庄川町湯谷からは、遊歩道がよく整備されています。また、東麓にあたる山田鍋谷から山頂まで林道が通っていて、車で山頂直下まで上がることが出来ます。北側の山田今山田や山田温泉スキー場側(山田小谷と山田若土)からも林道と登山道が整備されいます。
山頂 牛岳、牛嶽、牛嶽大明神(山頂)、牛岳三角点(最高所)
展望ポイント 牛嶽大明神(山頂)、牛岳三角点

山の解説 - [出典:Wikipedia]

牛岳(うしだけ)は富山県富山市と砺波市にまたがる山。標高は987m。周囲より遥かに高い山で、山頂の展望が良い。尾根東側のブナ林は天然記念物になっている。東側の社名には牛岳温泉スキー場が存在し、レジャーで賑わっている。富山の百山の一つ。
周囲の山と比べて抜きん出て大きく、砺波平野・射水平野の双方から仰ぎ親しまれている。四方に尾根を張り出しており、北側は庄東山地から射水丘陵へ繋がる。また、山頂は展望が良く立山連峰や砺波散居村など四方を眺めることが出来る。
牛岳東側斜面はブナ原生林となっている。富山県有数の規模で、県の天然記念物になっている。
本山は旧庄川町(現砺波市)の最高峰であった。
この山は婦負郡側で牛岳、東礪波郡側で鍬崎山と呼ばれていた。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「牛岳」 に関連する記録(最新10件)

北陸
  2    2 
2021年10月08日(日帰り)
北陸
  23   3 
2021年09月28日(日帰り)
北陸
  11  
2021年09月25日(日帰り)
北陸
  85   16 
usavich, その他1人
2021年09月25日(日帰り)
北陸
  3    1 
2021年09月21日(日帰り)
北陸
  26    9 
2021年09月12日(日帰り)
北陸
  1    1 
44shishi, その他1人
2021年09月05日(日帰り)
北陸
  54    47  2 
mierinkazumi_hih-piroko, その他1人
2021年09月05日(日帰り)
北陸
  38    2 
2021年09月05日(日帰り)
ページの先頭へ